12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

創業期への資金供給を継続支援|「京都市スタートアップ支援2号ファンド」を設立

京都市、京都信用金庫、京都中央信用金庫、日本政策金融公庫京都支店国民生活事業、京都リサーチパーク、フューチャーベンチャーキャピタルでは、2016年3月29日に締結した「京都市スタートアップ支援ファンドを核とした創業・第二創業、ベンチャー企業支援に係る業務連携・協力に関する協定」に基づき、これまで16件の投資を実行することで、市内企業の成長に大きく寄与してきた。この取り組みを継続・発展することを目的に、下記のとおり「京都市スタートアップ支援第2号ファンド」を設立した。

2号ファンドはSDGsに基づく社会課題解決に寄与する事業を重点テーマに

2016年4月に設立した「京都市スタートアップ支援ファンド」では、若手起業家、大学発ベンチャー、ソーシャルベンチャーなどを投資対象とし、16社に投資し育成支援を行ってきた。後継ファンドとなる当ファンドでは新たな重点テーマとして、SDGsに基づく社会課題解決に寄与する事業により地域経済の活性化に貢献する企業を対象としている。

ハンズオンパートナーと連携した切れ目のない連携支援を実施

ファンド組合員に加え、協力機関や行政組織とともにALL京都ハンズオンパートナーを組織し、定期的に「ALL京都ハンズオンミーティング」を開催し、投資先企業の状況報告や支援方法の協議を行う。地域金融機関や協力機関及び行政機関と連携し、状況を把握したうえで、適切な経営支援を行っていく。

スキーム図

京都市スタートアップ支援2号ファンドの概要

正式名称   京都市スタートアップ支援2号投資事業有限責任組合
      (通称:京都市スタートアップ支援2号ファンド)
ファンド総額 260百万円
設立日    2020年9月30日
組合員構成  有限責任組合員:京都信用金庫、京都中央信用金庫
       無限責任組合員:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
運用期間   10年(最長2年の延長可能)
投資対象   京都市エリアに本社又は拠点を持つ、創業・第二創業に取り組む企業
       SDGsに基づく社会課題解決に寄与する企業、地域経済の活性化に資する企業

京都信用金庫について(有限責任組合員)

商号     京都信用金庫
理事長    榊田 隆之
本店所在地  京都市下京区四条通柳馬場東入ル立売東町 7 番地
URL    http://www.kyoto-shinkin.co.jp/

京都中央信用金庫について(有限責任組合員)

商号     京都中央信用金庫
理事長    白波瀬 誠
本店所在地  京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町 91 番地
URL    https://www.chushin.co.jp/

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社について(無限責任組合員)

京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」(2020年9月末現在運用中ファンド29本)と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」(2020年9月末現在運用中ファンド6社9本)に取り組んでいる。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っている。

社名フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
設立1998年9月
所在地京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
代表者松本 直人
URLhttps://www.fvc.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。