12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

国分グループがアクセラレータープログラムを6/8より開催!

国分グループ本社株式会社は、オープンイノベーション※1による新規ビジネスを、スタートアップ企業と共創する『国分グループ アクセラレーター2020』を6月8日より開始することを発表した。

本プログラムはCreww(クルー)株式会社が展開するオープンイノベーションのプラットフォームを活用し、国分グループの経営リソースとスタートアップ企業の斬新なアイデア・技術力を掛け合わせることで、食品業界の常識を超えた新たなビジネスモデルの創出を目指すものだ。

※1自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み。

『国分グループアクセラレーター2020』概要

募集期間:2020年6月8日(月)~6月19日(金)
対象企業:国内外すべてのスタートアップ企業
エントリー方法:Creww社のホームページ内専用サイトより、ビジネスモデル案を募集
https://accele.creww.me/collaboration/kokubu-2020-5


※2020年6月8日から募集開始開設
募集する事業領域:国分グループの経営リソースを活用できる事業

スタートアップが利用できる国分グループのリソース

  1. 取引メーカー(約1万社)および得意先(約3万5千社)との繋がり
  2. 国分オリジナルブランド
  3. 食に関する知識・知見(食のマーケティングノウハウ)
  4. 国内全域をカバーするサプライチェーンネットワーク
  5. 中国、アセアン地域での卸・物流機能

期待するビジネスモデル

第10次長期経営計画で目指す食のマーケティングカンパニーは食を扱うすべての事業者を顧客として捉え、顧客が求める価値を創造し、顧客と強固な関係を築くとともに、卸機能の提供による「コト売り」のビジネスモデルを拡大することです。
本プログラムを通して、SDGsの取り組みやデジタルトランスフォーメーションによる流通の変革を取り入れた、持続可能でこれまでにない新たなビジネスモデルの種を募集し、育ててまいります。

社名国分グループ本社株式会社
設立1947年11月21日
資本金35億円
代表者國分 勘兵衛(こくぶ かんべい)
事業概要酒類・食品・関連消費財にわたる卸売業及び流通加工、配送業務、貿易業、不動産賃貸借業 ほか
URLhttps://www.kokubu.co.jp
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。