12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

兵庫県「ひょうごTECHイノベーションプロジェクト」、協働実験に参加する採択企業6社発表!

アーバン・イノベーション・ジャパン(UIJ)が事務局を担当する、兵庫県が取り組む協働実験「ひょうごTECHイノベーションプロジェクト」において、6つの課題で実証を担当する採択企業が発表されました。UIJにとって兵庫県との協働プロジェクトは初めてで、来年2月までを協働・実証期間とする予定です。

「ひょうごTECHイノベーションプロジェクト」とは

兵庫県内にある様々な社会課題・地域課題について、主に県内の起業家や事業者が有する情報通信技術を中心に、ものづくりや建築・土木等の工業技術などを活用し、その課題解決を図っていこうとするプロジェクトで、スタートアップ企業をはじめとする様々な事業者と、課題を抱える各市町職員が協働して、地域課題解決に向けた解決手法を設計し、新たなサービスの構築・実装を目指しています。

今回の採択企業の発表にあたり、齋藤元彦兵庫県知事は会見の中で「今回新たにスタートした『地域課題解決型の官民連携の取り組み』をより大きく広げていきたい」と語り、こういった地域課題解決をスタートアップ企業とマッチングさせる事業について兵庫県が象徴的な地域になっていくことに期待を示しました。

▼知事記者会見(2022年8月24日、兵庫県ホームページ)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/g_kaiken20220824.html
▼知事記者会見(YouTube動画あり、「ひょうごTECHイノベーションプロジェクト」ホームページ)
https://hyogo-tech.jp/post-4102/

​UIJは、スタートアップ企業との協働実験を通じて自治体が抱える社会課題を解決する一連のプロジェクトで、「ひょうごTECHイノベーションプロジェクト」もその一つです。UIJでは、今後も全国各地での活動を通じて、地域課題の解決とスタートアップ企業の成長支援の両面で社会に貢献したいと考えています。

実証実験を行う課題(テーマ)と採択企業

課題1)子どもが安心できる鳥獣対策求む!シカ等の侵入から学校生活を守りたい!

シカの生息域に学校がある地域では、特に夜間、シカが敷地を闊歩しています。そのとき、グラウンドにフンを散らすので、グラウンドを安心して利用できるようシカの敷地侵入を防ぎたい。日常的になっているグラウンドのフン清掃から解放された学校運営を!
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/animal-damage/
所管課:新温泉町 教育委員会
採択企業:イーマキーナ株式会社 https://emachina.co.jp/

課題2)誰一人取り残したくない!コロナ禍で以前よりコミュニケーションが難しくなった難聴者を支援したい!

誰一人取り残さないまちの実現に向け、難聴者とのやり取りを、ストレスなく行える環境を整備したい。先端技術等を活用し、人と人を技術がつなぐイメージを音声やデジタルを活用した実証実験を行うことで課題解決を図り、利用者が主役となるような形で解決したい。
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/deaf-communication/
所管課:三木市 障害福祉課
採択企業:株式会社時空テクノロジーズ https://www.ziku-tech.com/

課題3)関係人口のその先の取り組み『関係人口2.0』を、丹波篠山モデルとして実装したい!

関係人口のつながりを見える化し、つながることで市内外関係者の双方が、既存の取り組みよりも、より実益に近いメリットを享受できるかの実証を通じて、市内外の多様な関係人口の見える化と関係値を深める今までより一歩進んだ新たな仕組みを構築したい。
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/regional-relationship/
所管課:丹波篠山市 ブランド戦略課
採択企業:EXest株式会社 https://www.exest.jp/


課題4)目指せ“除草”革命!道路や公園の隙間に生える厄介な雑草を根絶し、まちをキレイに!

市民の要望に応えるため、そして道路や公園を保全するため、草刈をするものの、何度も生えてきてキリがない現状を打破すべく 、新しい技術や発想によって、今より安価で、効果的に解決したい。除草剤を使用せず、草が枯れて根までとれる技術や、隙間を埋める素材なども含めた検証などを。
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/facility-weeding/
所管課:神戸市建設局
採択企業:小泉製麻株式会社 https://www.koizumiseima.co.jp/

課題5)交通安全×AI・ビックデータ!子どもたちをまもるため、通学路の交通事故リスクを減らしたい!

自動車プローブデータや携帯電話の位置情報など道路交通に関連する様々なビッグデータを分析し、通学路等で交通事故リスクの高い箇所とその要因をGIS上で可視化し、対策を実施後に交通状況を分析し、交通事故リスクが減少しているか検証したい。
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/decrease-traffic-accident/
所管課:朝来市 都市整備部 建設課
採択企業:朝日航洋株式会社 https://www.aeroasahi.co.jp/

課題6)SNS上に関連した犯罪から子どもたちを守りたい!AIを活用したサイバーパトロール

SNS上に書き込まれた違法・有害情報についてAIを利用した検索ツールで効率良く抽出することで、対象となる書き込みを素早く発見し、多くの注意喚起を行うことで子どもの性被害防止に繋げたい。
(課題詳細:https://urban-innovation-japan.com/project/hyogo-pref/2022-2/cyber-patrol/
所管課:兵庫県警察本部少年課
採択企業:株式会社Spectee https://spectee.co.jp/

「Urban Innovation JAPAN」とは

Urban Innovation JAPAN(アーバン・イノベーション・ジャパン、UIJ)は、2018年の兵庫県神戸市における取り組みから始まった、日本全国の自治体の課題とスタートアップ・民間企業をマッチングするオープンイノベーション・プラットフォームです。
DXに取り組む自治体のニーズを、本当に課題を解決できる人のところにまで届け、適材適所に課題を解決できる民間事業者との出会いが加速する姿勢が高い評価を受け、2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。

▼過去の事例(15自治体)
https://urban-innovation-japan.com/past/

社名NPO法人コミュニティリンク
設立2008年08月
所在地兵庫県宝塚市野上1-1-8
代表者中西 雅幸
URLhttps://communitylink.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント