12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

一宮商工会議所 が「スタートアッププログラム2022」開催|地域課題を解決するビジネスプランを募集

スタートアップの力が一宮市の次世代産業発展のためのカギと考える一宮商工会議所が、2022年12月4日に愛知県一宮市にて開催されるピッチコンテスト「スタートアッププログラム2022」を主催。一宮市の地域課題を解決するビジネスプランを募集します。応募締切は、10月31日。

共創プログラムに取組む背景とは?

本プログラムは、2022年12月4日に愛知県一宮市にて開催されるピッチコンテスト「スタートアッププログラム2022」に地域課題の解決案としてビジネスプランを応募いただけるスタートアップ企業様を募集するものです。
ピッチコンテストでの優秀企業様への特典として、本プログラムの主催者である一宮商工会議所が事業展開を支援いたします。

一宮商工会議所では、社会課題を解決に導くビジネスモデルを形成して新たな市場をつくる「スタートアップ」の力が、一宮市の次世代産業の発展のためのカギと考え「スタートアップの人材の発掘・育成」を実施・継続して土台作りを進め、「スタートアップ支援拠点化」を目指しています。

ビジネスプランコンテスト「スタートアッププログラム2022」では、一宮市の地域課題解決をテーマとしたピッチコンテストを実施します。
良いプランを表彰するだけで終わりではなく、一緒に事業化に向けて取り組みたいと考えています。ビジネスの力で課題を解決し、継続的に一宮の地域経済に貢献いただける方のご応募をお待ちしています。

一宮商工会議所 スタートアッププログラム2022

▶︎募集期限:2022年10月31日(月)18時まで。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:一宮商工会議所

共創プログラムで実現したいこと

この地域から継続性をもって事業を展開できるスタートアップを募集します!

一宮という場所をきっかけに、地域課題の解決を通じてこれから事業を大きくしていきたい
というスタートアップを募集しています!

一宮市は課題を抱えています!課題を解決し、魅力あるまちにしたい!

一宮商工会議所では、地域商工業の発展と地域の活性化に向けて、繊維産業の振興やモーニング文化の定着などに取り組んできました。高齢化、空き家・空き店舗問題、コロナ禍による環境の変化など、課題と向き合いながら会員企業の事業支援に取り組んでいます。

一宮市におきましても、複雑化する市民ニーズや地域特有の課題への対応、また、人口の減少、高度情報化やグローバル化といった社会潮流の大きな変化に対応するために「第7次一宮市総合計画」が策定されており、具合的な施策として「5つのプラン」と「2つのマネジメント」に定められています。

「5つのプラン」
Plan01 健やかにいきる
Plan02 快適にくらす
Plan03 安全・安心を高める
Plan04 活力を生み出す
Plan05 未来の人材を育てる

「2つのマネジメント」
Management01 人を呼び込む
Management02 持続可能で未来につなげる

スタートアップが活用できる一宮商工会議所の経営資源(リソース)

創立100周年! 歴史のある地域総合経済団体です。
一宮商工会議所は昨年2021年に創立100周年を迎えました。
地域の総合経済団体として地域の事業者の皆様と共に歩んだ歴史を次の100年に活かすべく、新たなチャレンジに取り組んでおります。

・優勝プランは一宮商工会議所が事業支援します!
所在地にこだわらず、プランの実現性や将来性、社会的意義などを専門家が総合的に審査を行います。
優勝プランは、商工会議所として事業展開支援と活動予算をご用意しております。

プログラムへの意気込み

一宮市内外、愛知県内外を問わず、地域課題の解決をテーマとした事業展開で一宮の地域経済へ貢献いただけるスタートアップの応募をお待ちしております。
行政・関係団体との連携を通じて、地域住民・地域企業に価値を提供できる事業を支援します。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント