12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

【相鉄グループ×palan】WebXRコマースによる新しい購買体験を目的とした実証実験!期間限定バーチャルショップをオープン

palanと、相鉄グループの相鉄ビルマネジメントと相鉄ステーションリテールが実証実験で運用する「SOTETSU GOODS STORE」バーチャルショップが期間限定でオープンします。VR空間を回遊しARで試し置きが可能なバーチャルショップに、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」が登場します。

XRを活用した新しい買い物体験に関する実証実験

株式会社palanは、相鉄ホールディングス株式会社が実施する「相鉄アクセラレータープログラム2021」で採択されたpalanのWebXRコマースでの共創について、相模鉄道株式会社が相鉄本線 二俣川駅構内に出店している「SOTETSU GOODS STORE」のバーチャルショップをメタバース上にオープンし、XRを活用した新しい買い物体験に関する実証実験を開始しました。
2023年1月31日までの期間限定での営業になります。

▼「SOTETSU GOODS STORE」バーチャルショップはこちら(アプリ不要で、スマートフォンやパソコンのブラウザからご覧いただけます)
https://xr-commerce.jp/v1/shops/sotetsu_goods_store

バーチャルショップでは、「SOTETSU GOODS STORE」二俣川の店内レイアウトや運転台などを忠実に再現。運転台では、実際に運転席に座ったような体験が可能です。

店内中央では相模鉄道キャラクター「そうにゃん」が皆さまをお出迎えします。ショップ内に配置された商品は、ARで質感やサイズを確認したり、自分の部屋や棚に試し置きできます。お店に直接行けない方や、時間に縛られずに買い物したい方にもおすすめです。

またARを使用して、自宅など好きな場所に「そうにゃん」や電車の運転台を出すことができるコンテンツもあり、買い物以外にも普段できないような体験が用意されています。

鉄道、商業施設、住宅、スーパーマーケット、ホテルetc。“まちづくり会社”の相鉄グループと、未来の暮らし・移動の新しい価値を一緒に創造しませんか

2021年10月28日

ライフスタイルの変化に適応した店舗出店を可能とする「WebXRコマース」とは

WebXRコマースはアプリのインストールが不要で、スマホやPCのウェブ上で簡単にVR店舗を回遊でき、気になった商品はARで自分の部屋などに試し置きしてサイズを確認でき、そのままワンストップで購入することができます。コロナ禍においても、商品をリモートで購入することができます。

また、実店舗を持たない事業者でも、世界観や遊び心を活かしたオリジナルのVR店舗を、簡単かつ非常に低コストで作成することができる、新しいECプラットフォームです。
ウィズコロナ・アフターコロナにおいても、人々のライフスタイルの変化に適応した店舗を出店することができます。

Webサイトはこちら: https://xr-commerce.jp/
出店者登録はこちら : https://xr-commerce.jp/contacts/new
お問い合わせはこちら: support@xr-commerce.jp

「SOTETSU GOODS STORE」の実店舗とは

相鉄本線 二俣川駅構内に出店し、幅広い顧客が来店できるよう、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」グッズをはじめとした、さまざまな相鉄オリジナルグッズを取り扱ってます。

WebXRコマースの特徴

  1. バーチャルを生かした空間デザイン
    WebXRコマースでは店舗の360度画像を撮影するのではなく、店舗のイメージ画像を3Dモデルで作成しています。
    そのため店舗を持たない事業者様はもちろん、現実世界では難しい自由な世界観や遊び心の表現が可能です。
    ブランドのコンセプトやストーリーをVR体験を通して訴求できる、新たなECサイトとして利用が可能です。
  2. 3Dアイテムの生成技術
    昨今Eコマースで注目されている「ARでの試し置き体験」ですが、この体験には商品の3Dモデルが必要となります。
    しかしその3Dモデルの制作には費用も時間もかかり、多くの事業者が導入に踏み切れない背景がありました。
    palanでは独自開発した技術により、1枚の画像から簡易的な3Dモデル作成を可能にしました。(特許申請中)
    サイズを指定することで実寸大の3Dデータを作成でき、これにより大量の3Dデータを短時間で用意することが可能になりました。
  3. ウェルネット社の決済システムと連携
    WebXRコマースではVR空間で店の世界観や魅力を伝え、ARで商品の試しおきをし、ワンストップで購入・決済まで完了することができます。
    決済面では決済大手ウェルネット社の決済システムと連携しており、安心安全な取引を行うことが可能です。
    各種機能の追加やカスタマイズも可能です。
    出店者登録はこちら https://xr-commerce.jp/contacts/new
    WebXRコマースについてのお問い合わせはこちら: support@xr-commerce.jp

WebARについて

WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。
近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業から採用され、開発のパートナーとして制作・開発を行っています。
WebARの詳細はこちらhttps://xr.palan.co.jp/
ニーズやご予算・納期に合わせた制作の相談が可能です。
https://xr.palan.co.jp/contact/

ウェルネット株式会社について

ウェルネットは、コンビニや銀行ATMなどの現金決済からネットバンクや電子マネーなどのキャッシュレス決済までをワンストップで提供する決済代行会社です。
利用者への返金・送金も自動化する送金サービスも提供することで購買行動に関するDXを推進しています。ウェルネットとpalanの業務提携によりWebXRコマースのデファクトスタンダードを目指します。

株式会社palanについて

株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けています。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発をしてきました。
デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけています。
今後も、WebAR技術の研究開発を進める意向です。

社名株式会社palan
設立2016年11月1日
所在地東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表者齋藤 瑛史
事業概要ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング
URLhttps://palan.co.jp/

『相鉄アクセラレータープログラム2021』採択スタートアップ企業決定!

2022年4月21日

【相鉄グループ×ビーブリッジ】相模鉄道・相鉄ホールディングス、「いざ、相鉄線! 沿線鎌倉さがし」を開催!|AR技術を活用し史跡を巡る

2022年7月28日

相鉄ホールディングス×スタートアップBeBridgeが共創!xR技術を活かした新たな移動体験を創出

2022年5月18日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント