12.8 C
Japan
土曜日, 10月 1, 2022

ソーシャル・エックス、官民共創のアウトカム好事例を公表|介護施設が抱える課題を北九州市との官民共創で解決!

ソーシャル・エックスは、ドクターメイトが北九州市と進めている、「介護施設での夜間オンコール対応等の実証実験」において、施設職員へのアンケートで日常の業務負担を解消する期待の声が多く認められたことから、その詳細と官民共創のアウトカム好事例として公表します。

これまでの経緯

2021年
 8月:ドクターメイトが逆プロポを利用して自治体を公募
 9月:北九州市が採択され、マッチングが成立
 11月:実証実験に向けた本格準備を開始
2022年
 2月:17の高齢者施設で実証実験開始
 8月:実証実験の経過を取りまとめたアンケートを公表

高齢者施設の夜間緊急対応における現場職員の負荷を軽減し、介護作業の効率化や質の維持・向上、現場職員の働きがいを高める「先進的介護」の実現の一端となる本プロジェクト。ドクターメイトの「夜間オンコール代行サービス」を北九州市内17の特別養護老人ホームに導入し、本年2月より実証実験が行われています。
今般、施設職員152名の声を分析した結果、現場の「困りごと」を解決に導くサービスへの大きな期待効果が確認されました。官民共創によって生み出されたアウトカムをご覧ください。

■取組の詳細
https://gyaku-propo.com/cases/3b9a06e6-b406-46c6-ae6d-4b40b0482283
■関係者インタビュー
https://gyaku-propo.com/cases/e2f1a91b-71c7-41cc-894d-ae066032bb23/

具体的なアウトカム

職員の6割強が「負担」と回答し、慢性的な人材不足の要因の一つともなっている夜間オンコール業務。ドクターメイトの「夜間オンコール代行サービス」の利用によって救急搬送時の帯同不要による負担軽減など、同76.3%から「有効」との回答を得ました。

この他、医療機関での迅速な医療的処置に資する患者情報の的確かつ効率的な把握、消防での救急搬送の適正化など、多方面での効果が期待されています。今後、実証実験終了後、集計と共に詳細効果検証を予定しています。

■詳細データ
ドクターメイト公表
〜【調査リリース】逆プロポ共創プロジェクト「実証開始前アンケート」集計結果ご報告〜 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000047082.html

調査対象者152名(介護施設管理者、オンコール対応者、夜勤スタッフ)
調査対象者152名(介護施設管理者、オンコール対応者、夜勤スタッフ)

それぞれの果たした役割

ドクターメイト
自社サービス「夜間オンコールサービス」の無償提供。市や施設の担当者の状況に合わせた柔軟な対応や情報共有。アンケートの取りまとめ。

北九州市
現場が抱える高解像度の課題の提供、消防局・医師会など組織を横断した連絡調整。実証実験に参加する高齢者施設の声のドクターメイトへのフィードバック。

◆ソーシャル・エックス:
逆プロポでの「問い(募集要項)」の作成支援、自治体の募集、マッチングとその後のプロジェクト伴走支援。官民共創プロジェクト全般のアドバイス。

ソーシャル・エックスでは、官民のマッチングや各種プロジェクトのアウトプットにとどまることなく、民間企業のテクノロジーやノウハウによって自治体や地域の課題、困りごとを具体的に解決する「アウトカム」を官民共創によって実現しています。

「逆プロポ」

企業が「関心のある社会課題」を提示し、自治体がその課題に対する「解決のアイデア」を提案する、従来の公募プロポーザルや入札のベクトルを逆転させた画期的な仕組みです。社会課題への深い洞察を有する自治体と課題解決の仕組み化を強みとする企業をテンポよくマッチングし、自治体と企業が受発注の関係を超えて官民共創を進めるサービスです。

株式会社ソーシャル・エックスについて

「官民共創に最高の体験を。」を掲げ、官民共創新規事業開発プラットフォーム「逆プロポ」(2021年度グッドデザイン賞受賞)をはじめとする「逆プロポ」シリーズの企画運営、および、社会課題解決型の新規事業開発を支援しています。

社名株式会社ソーシャル・エックス
設立2021年10月
所在地東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエ32F
代表者伊佐治幸泰・伊藤大貴
URL・SOCIALX Website
https://socialx.inc
・逆プロポ・サービスサイト
https://gyaku-propo.com/
・書籍『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽しい仕事」』(日経BP)
https://www.amazon.co.jp/dp/4296112295/
・日経ビジネス連載『伊藤大貴のソーシャルX』
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00464/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

地域オープンイノベーション

地域経済団体によるイノベーションへの支援が地域発展を加速させる!

【オープンイノベーションコラム】 イノベーションとは新しい商品や技術、サービスを生み出すことをいいます。地域経済の発展にはこのイノベーションが欠かせません。 当記事では地域のイノベーション支援の必要性について解説し、実際に地域経済団体が行っている支援内容について紹介します。地域発展への貢献を目指す方はぜひ参考にしてください。 #地域オープンイノベーション #地域活性化 #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

経済産業省が推進する「地域オープンイノベーション」とは?概要や事例を解説

【オープンイノベーションコラム】 ビジネス分野では新規事業の際にオープンイノベーションを活用する動きが広まっています。この時流に乗って国や地方自治体でもオープンイノベーションを活用して地域課題の解決や国際競争力の向上を目指す取り組みが増えてきました。 国では経済産業省が中心となって地域オープンイノベーションの普及に取り組んでおり、地方自治体でも独自に地域オープンイノベーションを促進する取り組みが増えています。 そこで今回は、地域オープンイノベーションの概要と経済産業省や地方自治体でどんな取り組みが行われているかを紹介していきましょう。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

地域経済を発展させる可能性があるスタートアップとのオープンイノベーションとは?

【オープンイノベーションコラム】 産業構造の変化や人口減少により、地方をとりまくビジネス環境は変化しています。そんな中で地域経済を発展させ、地域を維持するためには地方企業のイノベーションは欠かせません。 そこで今回は、地域企業がイノベーションを起こすために有効な「オープンイノベーション」について紹介していきます。 #オープンイノベーション #地域オープンイノベーション #スタートアップ #ノウハウ #コラム #大挑戦時代をつくる #Creww

新規事業は自治体ビジネスが狙い目!地方創生による企業支援の特徴を紹介

【オープンイノベーションコラム】 地方創生を実現するための企業支援が増えている現在、新規事業は自治体ビジネスが狙い目といわれています。自治体ビジネスが狙い目な理由や特徴が気になるという人も多いでしょう。 そこで当記事では新規事業で自治体ビジネスに取り組むべき理由と企業支援の特徴を紹介します。 #地域オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #自治体ビジネス #地方創生 #大挑戦時代をつくる #Creww

課題解決型オープンイノベーションとは?地方自治体が成功するには

【オープンイノベーションコラム】人口減少や事業後継者の不足など、地方が抱える様々な問題の解決策として今、注目を浴びているのがオープンイノベーション。 今回はオープンイノベーションの中でも課題解決型について、特徴や重要性を解説します。また、オープンイノベーションを成功させるコツと成功事例もご紹介します。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #地方自治体 #神戸 #自治体アクセラレーター #STOPCOVID-19! #大挑戦時代をつくる #Creww

地方自治体が主導するオープンイノベーションの最新動向と事例を紹介

日本におけるオープンイノベーションは大企業が中心となってスタートアップに出資するというパターンが多かったのですが、ここ数年、地方自治体が主導してオープンイノベーションを推進するケースが目立ってきました。その最新動向と具体的な事例を紹介していきましょう。
Facebook コメント