12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

トキワの第一回アクセラレータープログラムから誕生!日本発のクリーンビューティーブランド『7NaNatural』発売

株式会社トキワのビューティーアクセラレータープログラム「Tokiwa Lab.2020」の採択企業である株式会社メディアジーンの、ブランドコンテンツ制作スタジオ「THE STUDIO. Glossy & MASHING UP」は、2021年12月17日(金)よりクリーンビューティーブランド『7NaNatural』をローンチし、2022年3月17日より一般発売を開始します。「7NaNatural」一般発売開始にあたって無料ウェビナーも同日開催します。

「7NaNatural」とは

 「7NaNatural」というブランド名には、個性あふれる7色の世界の創出と、ひと、社会、地球環境が抱える課題の解決への願いが込められています。

今回発売するのは全7色展開のカラースティック(税込2,500円)と、カラースティックの7色が一つになったミニカラーパレット(税込1,500円)。

カラースティックはコスメロス解消の為に使い切りやすいミニサイズの設計であり、尚且つ容器・包装にはサステナブルな再生プラスチック材・FSC認証紙材を使用し環境に配慮した資材が使われています。また、使用後のカラースティック容器、カラーパレット容器については、郵送にて回収し、再生させていくサステナブル設計を実践します。

成分に関しては、鉱物油・石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成香料、パラベン/防腐剤、シリコン、アルコール、タール系色素は使用しておらず、乾燥を防ぐ7つのボタニカル保湿成分を配合した天然由来成分100%であり、製造過程で動物実験は行わないクリーンビューティブランドとなっています。

『7NaNatural』公式ブランドアカウント

●公式サイト・EC:http://nanatural.jp/
●公式Instagram:https://www.instagram.com/7.nanatural/

 また、「7NaNatural」一般発売にあたって、2022年3月17日に無料ウェビナーを開催します。当ウェビナーでは、アクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」の説明や、採択企業である株式会社メディアジーンの中村 圭氏、黒飛様紗代子氏の2名による応募から採択、そしてプログラムを使った製品開発・販売開始までの秘話などを、主催者であるTOKIWA Lab代表(株式会社トキワ代表取締役社長)の金井 博之氏と振り返りながらトークセッションを行います。

さらに当日は、「7NaNatural」の発売に関する最新情報や商品説明等も行い、最後にはウェビナー参加者からの質問に答えるQ&Aや、次回開催予定の「TOKIWA Lab.2022」についての説明も行います。

●ウェビナー詳細・参加申し込みはこちら➝https://tokiwalab-nanatural.peatix.com/

TOKIWA Lab.とは

TOKIWA Lab.は弊社トキワが2020年より取り組む、ビューティー特化型のアクセラレータープログラムです。日本の化粧品市場は訪日客の減少、景気の悪化などによって2019年をピークに縮小を続けており、市場の活性化が求められています。また、Kビューティーと呼ばれる韓国コスメやCビューティーと呼ばれる中国コスメがZ世代を中心に支持を集めつつあり、高い品質と機能性を持つ、日本のJビューティーの活性化も課題となっています。

そこで50年以上の化粧品受託製造の経験を持ち、国内カラーコスメ受託製造シェアNo.1のトキワがパートナーとして協業し、長年培ってきたノウハウを元に研究開発から製造、販路開拓を一気通貫でサポートすることで、課題解決のスピードを早め、ブランドの成長を維持することに寄与したいと考えています。

●TOKIWA Lab.公式HPはこちらhttps://www.tokiwa-corp.com/accelerator/

【トキワ公式アカウント】
・LINE
 ID:@tokiwalab
 https://lin.ee/nvlOC6c
・Twitter
 ID:@tokiwalab1
https://twitter.com/tokiwalab1
・Facebook
 ID:@accelerator.program.tokiwa
https://www.facebook.com/accelerator.program.tokiwa
・note
 アカウント名:TOKIWA Lab.
https://note.com/t_okiwalab

株式会社トキワについて

世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命のもと、国内外の化粧品業界をリードする大手メーカーの各ブランド向けに「競争力と独創性に富んだ製品」を開発・製造しています。「化粧品容器」だけではなく「化粧品内容物」も研究開発から製造までを一貫して手がけ、国内ではカラーコスメ受託製造市場で約25%を保有しNO1. のポジションを獲得しており、世界でも五本の指に入る規模となっております。
また、トキワは、持続的な事業成長とサステナビリティの追求(MAXMIMUM SAFETY, MINIMUM IMPACT)の両立を実現する為に、世界的にも例を見ないCHIEF CLEAN BEAUTY OFFICER (クリーンビューティー推進責任者)を2020年からおき、本格的なESG経営に取り組んでいます。

第2回アクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」採択2社の受賞アワード開催!新サービス「TOKIWA KOBO」も紹介!

2022年1月9日

トキワ主催の第二回「TOKIWA Lab ビューティーアクセラレータープログラム」、採択企業2社を決定!

2021年12月4日

編集力を武器に、世界が好転するブランドを創出|アクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」採択者インタビュー

2021年7月9日

“業界初”最⼤⽀援規模3,000万円のアクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」が3月始動!

2021年3月1日

国内OEM発の「ビューティーアクセラレーターアワード」を「THE STUDIO.」が受賞

2020年12月28日

コスメOEM市場業界1位、トキワの挑戦|情熱とアイデアがあるスタートアップを「縁の下の力持ち」として支援したい

2020年8月4日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント