12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

第2回アクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」採択2社の受賞アワード開催!新サービス「TOKIWA KOBO」も紹介!

株式会社トキワによるビューティーアクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」にて、最終選抜された2社を表彰するセレモニーが開催されました。

コロナ禍で苦戦を強いられているスタートアップをサポート

「RETHINK, REBUILD. Building Sustainable Systems for All.(これからの続けられる社会とは)」をテーマにしたカンファレンスイベント「MASHING UP conference vol.5」が11月19日に東京・渋谷のTRUNK HOTEL(トランク ホテル)にて開催されました。

様々なディスカッションが展開される中、トキワは昨年に引き続き開催された美をカタチに『第2回ビューティーアクセラレータープログラム』」にて、激戦の中から採択された2社を表彰するセレモニーを行いました。

本プロジェクトの対象となるスタートアップ企業にとって、ビューティー分野における製品製造や販売店舗の開拓、営業戦略、投資家への交渉に必要な事業計画・運用資金計画の作成は大きなハードルになっています。特に、昨年以降のCOVID-19 の影響は、資金調達や人材確保、流通網の整備などに大きな影響を与えており、多くの新規事業が延期、中止に追い込まれているのです。そのような厳しい環境下の新規事業の育成を応援する為に、第2回のトキワのアクセラレータープログラムは開催されました。

2021年6月から募集が始まり、同年8月から約2か月間の審査期間を経て今年度のビューティーアクセラレーターログラムで最終審査に残ったのは38社のうち7社。その中から最終的に「MANAKABURA」「Cosme Hunt Japan株式会社」の2社が採択され、今回の受賞アワードが開催される運びとなりました。

TOKIWA Lab.の紹介をするトキワインターン生の水野さん

第2回ビューティーアクセラレータープログラム』の採択2社について

トキワのインターン生である水野さんよりTOKIWA Lab.の紹介が行われた後、採択2社によるプレゼンテーションと表彰が行われました。

MANAKABURA

MANAKABURA代表の成田梨沙さん

一組目はMANAKABURA代表の成田梨沙さん。ジェンダーフリーサステナブルコスメブランドがコンセプトのMANAKABURAは、どんなジェンダーの人でも選択でき、手に入れたくなる最初のジェンダーフリーコスメとして眉の商品を提案しました。

本人と事業のブランディングの方向性が明確であり、継続的にSNS・PRで本人のブランディングを強化しながら、眉に特化した事業計画・サイト運営を行うことが出来れば十分に事業機会があるという点と、トキワの強みであるアイライナー、アイブロウの魅力を最大限に引き出してくれるのではないかという同社研究開発陣の期待が合わさって、高評価となり、採択に至りました。

Cosme Hunt Japan株式会社

米国在住の為VTRで出演した、Cosme Hunt Japan株式会社代表の高橋麻衣さん

二組目はCosme Hunt Japan株式会社代表の高橋麻衣さん。Cosme Hunt Japan株式会社は、日本の化粧品・コスメ好きな世界の人々に、J-beauty商品・情報をお届けするECプラットフォームで、アメリカのミレニアル層をメインターゲットに2018年にサンフランシスコで創設されました。

Cosme Huntが実現を目指すのは、白人の消費者を考慮する偏った欧米の美容業界において、アジア人向けのカラーバリエーションが豊富なBBクリームなどの開発・販売です。

欧米・中国・アジアでのJ-Beautyの拡大はトキワの戦略の一つでもあり、事業シナジーに期待が持てること、米国でのカラーコスメ製品の使用習慣理解に基づいた事業計画が評価され、採択に至りました。

審査員からの講評

アイスタイルBeautyTech.jp編集長 矢野喜久子さん

トキワのOEM企業としてのアクセラレータープログラムは世界に先駆けるものとして注目していました。サステナブルなものづくりへの哲学、そしてスタートアップの立場に寄り添うビジネス支援の仕組みも素晴らしいです。今回はよく考えられた応募が多く、化粧品が持つポテンシャルやこれからの時代の化粧品の在り方を強く感じました。Cosme HuntのBBクリームなどの多色展開は、ありそうでないを叶える素晴らしいアイデアだと思います。MANAKABURAの提案はJビューティーらしさがあり、ジェンダーフリーで環境にも配慮したカートリッジ形式で、トキワの強みとしっかりマッチしており海外にも進出できるポテンシャルを感じました。

ファーメンステーション代表取締役 酒井里奈さん

弊社もスタートアップでして、応募される方の気持ちがよくわかる立場で参加をさせていただきました。去年に引き続き今年も、本当にトキワの皆さんと審査員の皆さんが熱い審査をしているということをまずお伝えしたいなと思いました。私自身もいろいろなアクセラプログラムに応募しましたが、ここまで寄り添ってくれるプログラムはなかなかありません。事業計画やビジョンやミッション等、スタートアップのアドバイスをしながら伴走してくれるこのプログラムが改めて素晴らしいと感じました。スタートアップとしては、やりたい思いがどれだけ強いか、自分がやらなければならない理由がどれだけあるかが大事だと思っています。最終的に採択された2社のお二人を、一消費者としても同じスタートアップとしても応援していきたいです。

カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージングディレクター 渡辺雄介さん

今は本物でないとモノが売れない時代で、特にZ世代はそこに共感性が無いと買いません。成田さんの強い思いはプレゼンにも表れていましたし、シンプルに伝わってきて本当に感動しました。眉に特化しているということ、成田さん自身がアイリストであること、本物のブランドのストーリーテリングのマーケットがあるということ、これらの組み合わせは成功のポイントがあると思っています。ビジネスプランの作成を通して支援していきたいです。Cosme Huntは、今ある受容と供給のミスマッチを正確に捉えて具体的な商品設計をされている点でビジネスプランの完成度の高さを感じました。

カラーコスメ業界の常識を覆す、トキワの新サービス

授賞式の後にはTOKIWA Labの今後の展望や、トキワの新サービス「TOKIWA KOBO(トキワ工房)」について紹介がありました。

TOKIWA KOBOは高品質な製品を超高速・小ロットで開発し初期費用の抑制や在庫負担軽減をも可能にする、カラーコスメ業界に新たに参画したいと考えている方々のための画期的な生産委託サービスです。TOKIWA KOBOでは、主に以下3点の実現が可能となります。

  1. カラーコスメ国内受託製造トップシェアのトキワが保有する200種類以上の開発知財を活用し、トキワの持つ処方と容器の10,000パターン以上のカスタマイズが可能なワンストッププロダクト開発
  2. 独自プロセスによる、最短2か月(60日)~という超高速プロダクト開発
  3. 専門工場(TOKIWA Lab.)による最小発注ロット1000個~の小ロット開発対応

「TOKIWA KOBO」では、さいたまの川口市にオープンした「APD Lab.」にて、実際に商品製造のプロセスを見てもらい、理想的とする商品の具現化を一緒に行っていきます。また、専属のクリエイターサクセスマネージャーがカウンセリングを行い、化粧品開発知識を持っていない場合でも、円滑な事業の立ち上げを実現すできるようサポートしています。

短時間かつロット数を抑え、理想的なコスメ製造が可能なTOKIWA KOBOのHPは以下のURLより
https://www.tokiwa-corp.com/kobo/

過去のウェビナーはこちら
https://youtu.be/a2CbxRFgWSM

各種SNS情報

・LINE
 ID:@tokiwalab(https://lin.ee/nvlOC6c
・Twitter
 ID:@tokiwalab1(https://twitter.com/tokiwalab1
・Facebook
 ID:@accelerator.program.tokiwa(https://www.facebook.com/accelerator.program.tokiwa
・note
 アカウント名:TOKIWA Lab.(https://note.com/t_okiwalab

株式会社トキワについて

「世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命のもと、国内外の化粧品業界をリードする大手メーカーの各ブランド向けに「競争力と独創性に富んだ製品」を開発・製造しています。「化粧品容器」だけではなく「化粧品内容物」も研究開発から製造までを一貫して手がけ、国内ではカラーコスメ受託製造市場で約25%を保有しNO1. のポジションを獲得しており、世界でも五本の指に入る規模となっています。

また、トキワは、持続的な事業成長とサステナビリティの追求(MAXMIMUM SAFETY, MINIMUM IMPACT)の両立を実現する為に、世界的にも例を見ないCHIEF CLEAN BEAUTY OFFICER (クリーンビューティー推進責任者)を2020年からおき、本格的なESG経営に取り組んでいます。

コスメOEM市場業界1位、トキワの挑戦|情熱とアイデアがあるスタートアップを「縁の下の力持ち」として支援したい

2020年8月4日

コスメ業界OEMシェア国内No1のトキワが、スタートアップのアイデア実現をオープンイノベーションでサポート

2021年1月27日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント