12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

第2回アクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」採択2社の受賞アワード開催!新サービス「TOKIWA KOBO」も紹介!

株式会社トキワによるビューティーアクセラレータープログラム「TOKIWA Lab.」にて、最終選抜された2社を表彰するセレモニーが開催されました。

コロナ禍で苦戦を強いられているスタートアップをサポート

「RETHINK, REBUILD. Building Sustainable Systems for All.(これからの続けられる社会とは)」をテーマにしたカンファレンスイベント「MASHING UP conference vol.5」が11月19日に東京・渋谷のTRUNK HOTEL(トランク ホテル)にて開催されました。

様々なディスカッションが展開される中、トキワは昨年に引き続き開催された美をカタチに『第2回ビューティーアクセラレータープログラム』」にて、激戦の中から採択された2社を表彰するセレモニーを行いました。

本プロジェクトの対象となるスタートアップ企業にとって、ビューティー分野における製品製造や販売店舗の開拓、営業戦略、投資家への交渉に必要な事業計画・運用資金計画の作成は大きなハードルになっています。特に、昨年以降のCOVID-19 の影響は、資金調達や人材確保、流通網の整備などに大きな影響を与えており、多くの新規事業が延期、中止に追い込まれているのです。そのような厳しい環境下の新規事業の育成を応援する為に、第2回のトキワのアクセラレータープログラムは開催されました。

2021年6月から募集が始まり、同年8月から約2か月間の審査期間を経て今年度のビューティーアクセラレーターログラムで最終審査に残ったのは38社のうち7社。その中から最終的に「MANAKABURA」「Cosme Hunt Japan株式会社」の2社が採択され、今回の受賞アワードが開催される運びとなりました。

TOKIWA Lab.の紹介をするトキワインターン生の水野さん

第2回ビューティーアクセラレータープログラム』の採択2社について

トキワのインターン生である水野さんよりTOKIWA Lab.の紹介が行われた後、採択2社によるプレゼンテーションと表彰が行われました。

MANAKABURA

MANAKABURA代表の成田梨沙さん

一組目はMANAKABURA代表の成田梨沙さん。ジェンダーフリーサステナブルコスメブランドがコンセプトのMANAKABURAは、どんなジェンダーの人でも選択でき、手に入れたくなる最初のジェンダーフリーコスメとして眉の商品を提案しました。

本人と事業のブランディングの方向性が明確であり、継続的にSNS・PRで本人のブランディングを強化しながら、眉に特化した事業計画・サイト運営を行うことが出来れば十分に事業機会があるという点と、トキワの強みであるアイライナー、アイブロウの魅力を最大限に引き出してくれるのではないかという同社研究開発陣の期待が合わさって、高評価となり、採択に至りました。

Cosme Hunt Japan株式会社

米国在住の為VTRで出演した、Cosme Hunt Japan株式会社代表の高橋麻衣さん

二組目はCosme Hunt Japan株式会社代表の高橋麻衣さん。Cosme Hunt Japan株式会社は、日本の化粧品・コスメ好きな世界の人々に、J-beauty商品・情報をお届けするECプラットフォームで、アメリカのミレニアル層をメインターゲットに2018年にサンフランシスコで創設されました。

Cosme Huntが実現を目指すのは、白人の消費者を考慮する偏った欧米の美容業界において、アジア人向けのカラーバリエーションが豊富なBBクリームなどの開発・販売です。

欧米・中国・アジアでのJ-Beautyの拡大はトキワの戦略の一つでもあり、事業シナジーに期待が持てること、米国でのカラーコスメ製品の使用習慣理解に基づいた事業計画が評価され、採択に至りました。

審査員からの講評

アイスタイルBeautyTech.jp編集長 矢野喜久子さん

トキワのOEM企業としてのアクセラレータープログラムは世界に先駆けるものとして注目していました。サステナブルなものづくりへの哲学、そしてスタートアップの立場に寄り添うビジネス支援の仕組みも素晴らしいです。今回はよく考えられた応募が多く、化粧品が持つポテンシャルやこれからの時代の化粧品の在り方を強く感じました。Cosme HuntのBBクリームなどの多色展開は、ありそうでないを叶える素晴らしいアイデアだと思います。MANAKABURAの提案はJビューティーらしさがあり、ジェンダーフリーで環境にも配慮したカートリッジ形式で、トキワの強みとしっかりマッチしており海外にも進出できるポテンシャルを感じました。

ファーメンステーション代表取締役 酒井里奈さん

弊社もスタートアップでして、応募される方の気持ちがよくわかる立場で参加をさせていただきました。去年に引き続き今年も、本当にトキワの皆さんと審査員の皆さんが熱い審査をしているということをまずお伝えしたいなと思いました。私自身もいろいろなアクセラプログラムに応募しましたが、ここまで寄り添ってくれるプログラムはなかなかありません。事業計画やビジョンやミッション等、スタートアップのアドバイスをしながら伴走してくれるこのプログラムが改めて素晴らしいと感じました。スタートアップとしては、やりたい思いがどれだけ強いか、自分がやらなければならない理由がどれだけあるかが大事だと思っています。最終的に採択された2社のお二人を、一消費者としても同じスタートアップとしても応援していきたいです。

カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージングディレクター 渡辺雄介さん

今は本物でないとモノが売れない時代で、特にZ世代はそこに共感性が無いと買いません。成田さんの強い思いはプレゼンにも表れていましたし、シンプルに伝わってきて本当に感動しました。眉に特化しているということ、成田さん自身がアイリストであること、本物のブランドのストーリーテリングのマーケットがあるということ、これらの組み合わせは成功のポイントがあると思っています。ビジネスプランの作成を通して支援していきたいです。Cosme Huntは、今ある受容と供給のミスマッチを正確に捉えて具体的な商品設計をされている点でビジネスプランの完成度の高さを感じました。

カラーコスメ業界の常識を覆す、トキワの新サービス

授賞式の後にはTOKIWA Labの今後の展望や、トキワの新サービス「TOKIWA KOBO(トキワ工房)」について紹介がありました。

TOKIWA KOBOは高品質な製品を超高速・小ロットで開発し初期費用の抑制や在庫負担軽減をも可能にする、カラーコスメ業界に新たに参画したいと考えている方々のための画期的な生産委託サービスです。TOKIWA KOBOでは、主に以下3点の実現が可能となります。

  1. カラーコスメ国内受託製造トップシェアのトキワが保有する200種類以上の開発知財を活用し、トキワの持つ処方と容器の10,000パターン以上のカスタマイズが可能なワンストッププロダクト開発
  2. 独自プロセスによる、最短2か月(60日)~という超高速プロダクト開発
  3. 専門工場(TOKIWA Lab.)による最小発注ロット1000個~の小ロット開発対応

「TOKIWA KOBO」では、さいたまの川口市にオープンした「APD Lab.」にて、実際に商品製造のプロセスを見てもらい、理想的とする商品の具現化を一緒に行っていきます。また、専属のクリエイターサクセスマネージャーがカウンセリングを行い、化粧品開発知識を持っていない場合でも、円滑な事業の立ち上げを実現すできるようサポートしています。

短時間かつロット数を抑え、理想的なコスメ製造が可能なTOKIWA KOBOのHPは以下のURLより
https://www.tokiwa-corp.com/kobo/

過去のウェビナーはこちら
https://youtu.be/a2CbxRFgWSM

各種SNS情報

・LINE
 ID:@tokiwalab(https://lin.ee/nvlOC6c
・Twitter
 ID:@tokiwalab1(https://twitter.com/tokiwalab1
・Facebook
 ID:@accelerator.program.tokiwa(https://www.facebook.com/accelerator.program.tokiwa
・note
 アカウント名:TOKIWA Lab.(https://note.com/t_okiwalab

株式会社トキワについて

「世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命のもと、国内外の化粧品業界をリードする大手メーカーの各ブランド向けに「競争力と独創性に富んだ製品」を開発・製造しています。「化粧品容器」だけではなく「化粧品内容物」も研究開発から製造までを一貫して手がけ、国内ではカラーコスメ受託製造市場で約25%を保有しNO1. のポジションを獲得しており、世界でも五本の指に入る規模となっています。

また、トキワは、持続的な事業成長とサステナビリティの追求(MAXMIMUM SAFETY, MINIMUM IMPACT)の両立を実現する為に、世界的にも例を見ないCHIEF CLEAN BEAUTY OFFICER (クリーンビューティー推進責任者)を2020年からおき、本格的なESG経営に取り組んでいます。

コスメOEM市場業界1位、トキワの挑戦|情熱とアイデアがあるスタートアップを「縁の下の力持ち」として支援したい

2020年8月4日

コスメ業界OEMシェア国内No1のトキワが、スタートアップのアイデア実現をオープンイノベーションでサポート

2021年1月27日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント