12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

茨城県が宇宙ビジネスピッチコンテスト「IBARAKI Next Space Pitch#2」を開催!登壇者の公募を開始

茨城県は、2022年3月2日夕刻に宇宙ビジネスのピッチコンテスト「IBARAKI Next Space Pitch #2」を開催します。本コンテストでは、宇宙ビジネスを行っている、又は今後挑戦していきたいベンチャー、企業等によるピッチを審査し、特に有望と認められる企業には、茨城県からの支援優遇措置を講じます。審査委員は主に、大企業において宇宙ビジネスに関わるキーマン、研究者が予定されています。

近年注目を集める宇宙産業では、官需中心の市場から、民需による新たな動きが台頭しつつある。宇宙ビジネスは未だ黎明期であることから、関係団体とのネットワーク構築や、企業等とのビジネスマッチングを効果的に行うことで事業を発展させていくことが重要だ。

そこで、今回のピッチコンテストを通じて、宇宙ビジネスにチャレンジする企業及び個人を支援する目的で本コンテストが実施される。加えて、審査委員、登壇者及び聴講者によるネットワーキングの場を設けることで、新たなプロジェクトや連携体制の構築、ひいては宇宙ビジネスでの茨城県のプレゼンス発揮を目指す。

IBARAKI Next Space Pitch #2実施内容

(1)日時:2022年3月2日(水)19:00~21:00

(2)開催方法:オンラインZoomにて開催

(3)主催:茨城県、いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム

(4)運営協力:一般社団法人ONE X

(5)登壇者:5〜7社

(6)審査委員
 ・国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)新事業促進部 事業支援課長 原田 正行氏
 ・ANAホールディングス(株) グループ経営戦略室 事業推進部 宇宙事業チーム 松本紋子氏
 ・パナソニック(株) インダストリー社宇宙プロジェクト
Sales & Marketing チームリーダー 出口隆啓氏
 ・ソニーグループ(株) 事業開発プラットフォーム 新規事業探索部門
  宇宙エンタテイメント推進室 プロジェクト推進オフィサー 本村謙介氏
 ・日揮グローバル株式会社 EPC DX部 月面プラントユニット 発起人 深浦希峰氏

(7)聴講者:100名程度を予定。申込は下段URLより
  (宇宙関連企業・ベンチャー、茨城県内企業、大企業研究部門、投資家等)

(8)受賞者:計3社
 1. グランプリ(1件):令和4年度の茨城県宇宙関連事業の一次審査免除(※)
   ONEXによる企業マッチングサポート
  (受賞者との協議により、令和3年度中に支援を実施)
 2. 準グランプリ(2件):ONEXによる企業マッチングサポート
  (受賞者との協議により、令和3年度中に支援を実施)

(※)当該措置は、令和4年度予算が確定する令和4年第1回定例会(令和4年3月)での
   議決をもって確定するものとする。

​登壇申請要件

 1. いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム会員であること。(申込後の申請可)
  ※加入要件なし、加入費無料
 2. 事業完了後の聞き取り調査や成果報告会(コンソーシアムの活動として実施予定)等の
  実施に協力すること。
 3. 申請用紙を2月7日(月)17時までに提出可能なこと。

登壇申請、採択方法等

 公募期間:2021年12月17日(金)〜2022年2月7日(月)17時必着
 応募の詳細は下記URLより確認
 ・申込関連URL:
  https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kokusai/r3space_pitch.html

聴講者の申込について

本コンテストの聴講は下記より申込が可能
申込URL:https://forms.gle/9MTCaVivnPwfAMNU7

プレイベントの案内

より多くの方に本コンテスト概要の理解を促すために下記イベントを開催予定である。

IBARAKI Next Space Pitch #2プレイベント概要

(1)日時:2022年1月19日(水)19:00~20:30
(2)開催方法:オンライン(Zoom)
(3)主催:茨城県、いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム
(4)運営協力:一般社団法人ONE X
(5)登壇者:
 ・国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)新事業促進部 
  事業開発グループ J-SPARCプロデューサー 藤平耕一氏
 ・ANAホールディングス(株) グループ経営戦略室 事業推進部 宇宙事業チーム 松本紋子氏
 ・パナソニック(株)インダストリー社宇宙プロジェクト
  Sales & Marketing チームリーダー 出口隆啓氏
 ・日揮グローバル株式会社 EPC DX部 月面プラントユニット ユニットリーダー 森 創一氏
 ・(株)TOWING 代表取締役CEO 西田宏平氏
(6)申込URLhttps://forms.gle/iTTZUWpc92hTsXBR8

昨年度グランプリ受賞者よりコメント

(株)TOWING代表取締役CEO 西田宏平氏

TOWINGは宇宙農業実現と地球農業発展を目指す名古屋大学発ベンチャー企業で、持続可能かつ高効率な作物生産システムを開発しています。最近、宇宙食料領域における研究主導の研究開発プロジェクトにもコンソーシアムのメンバーとして参画が決まりました。昨年、IBARAKI Next Space Pitchにてグランプリをいただき、ピッチを視聴していたJAXA関係者から茨城県の農家さんまで、弊社の事業開発に必要な情報を持っている様々な方と繋がることができました。また、コンテストに参加している同じ宇宙を目指す仲間と出会い、刺激し合えたことも良い経験になりました。ぜひ興味ある方は、チャレンジしてみてください!

〈関連情報〉
・いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクト
https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/kokusai/documents/ibarakispace.html
・いばらき宇宙ビジネス創造コンソーシアム申込フォーム
https://www.pref.ibaraki.jp/sangyo/kagaku/kokusai/r3space_pitch.html
・一般社団法人ONE Xコーポレートサイト
https://onexxxx.com

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント