12.8 C
Japan
火曜日, 1月 26, 2021

国内OEM発の「ビューティーアクセラレーターアワード」を「THE STUDIO.」が受賞

株式会社メディアジーン(インフォバーングループ会社)のブランドコンテンツ制作スタジオ「THE STUDIO. Glossy & MASHING UP」が、カラーコスメ分野で受託製造国内シェアNo.1の株式会社トキワが実施する「TOKIWA Lab ビューティーアクセラレータープログラム」においてアワードを受賞しました。

「TOKIWA Lab ビューティーアクセラレータープログラム」とは

高品質・高機能・高い安全性を誇りながらも、勢いのある韓国や中国のビューティー業界にやや遅れをとっている日本発の「J Beauty」を盛り上げ、世界中で浸透し始めた「サスティナブル」というクリーンビューティーな取り組みを促進することも目的としたものです。プログラムのテーマは「多様性への理解推進や、人体・環境への配慮を目指す製品を」。下記のような評価基準で選出されました。

※「TOKIWA Lab ビューティーアクセラレータープログラム」Facebookページはこちらhttps://www.facebook.com/accelerator.program.tokiwa

  1. よりヒトを輝かせることができる機能と、人体/環境への配慮を両立することができる製品開発のコンビネーション
  2. ダイバーシティ&インクルージョン(多様性への理解とサポート)を推進することができる製品・サービス
  3. より人々を笑顔にできる幸せを提供できる製品・サービス
  4. 次世代に誇れる社会貢献と持続的な商業活動を両立できる製品・サービスの提供

コスメOEM市場業界1位、トキワの挑戦|情熱とアイデアがあるスタートアップを「縁の下の力持ち」として支援したい

2020年8月4日

「THE STUDIO. Glossy & MASHING UP」のビジネスアイデアの概要

The STUDIO.は、 「化粧品という手段を用いて生き方や考え方を肯定し、さらに地球環境が抱えている課題をも好転できるビジョナリーブランドを形にしたい」という思いから7つのFree(ウェイストフリー・ケミカルフリーを含む)をブランドビジョンとして掲げ、ベースメイクやアイブロウが製品一本で完結するという新たな化粧品ビジネスアイデアでアワードを受賞しました。

<The STUDIO. GLOSSY & MASHING UP スタジオ長 中村 圭 コメント>
今後は、2021年に商品化・ブランドリリースすることを目指して、トキワ様はじめ多彩な審査員の方たちにも支援をいただきながら、次世代のクリーンビューティーブランド創出に向けて、チーム一同2021年も精進してまいります。

次世代に求められる価値創出、ブランディング、ブランドストーリーの開発など、企業、ブランド、自治体さんの課題にともにアイデアをしぼり、カタチにします。お気軽にご相談ください。

THE STUDIO.とは>
時代や個人の価値観に寄り添った本質的なブランド価値の創出から、ブランドストーリー設計、クリエイティブ開発、体験プロデュース、新しいビジネスアイデアの発想にプロトタイピング(商品開発、D2C支援等)まで。メディア運営で培った「編集力」と「発想力」で、企業やブランド、地方自治体、そして一人ひとりの“ときめく”未来をつくるお手伝いをします。

<メディアジーンとは>
ミレニアル世代のための経済メディア『Business Insider Japan』やテクノロジー&製品情報メディア『GIZMODO』、インクルーシブな未来を拓くコミュニティ&メディア『MASHING UP』など、ターゲット・コミュニティにむけた10のメディアブランドを展開。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント