12.8 C
Japan
火曜日, 2月 7, 2023

医療DXの実現に向けて総額2億円の資金調達を実施|夜間・休日の往診サービス「コールドクター」

夜間・休日の往診サービス「コールドクター」を運営するコールドクターは、サイバーエージェント・XTech Venture等を引受先とする第三者割当増資により、総額2億円の資金調達を実施した。

資金調達背景

新型コロナウイルスの第三波の影響が広がる中、「病院での二次感染が心配」「外出も出来るだけ控えたい」「もしかしてコロナでは?」といった新型コロナウイルスに関連した心配を抱える方が増えており、医師が自宅に伺う往診サービス「コールドクター」への診察依頼件数も増加傾向にある。

今回の資金調達により、東京・神奈川・福岡・佐賀に続くサービス提供エリアの拡大、新型コロナウイルスで利用者が増える中での安定した事業基盤の強化、そのための採用強化等に取り組み、サービスの向上を目指す。

共同代表中原毅メッセージ

急な体調不良でお困りになって、近くの病院を探すのに苦労されたり、救急車を呼ぶのかを迷ったご経験がある方は多いと思います。お守りのようなサービスとして「コールドクター」を展開することにより、「子育てしやすい社会」や「高齢者も家族も安心して暮らせる社会」の実現を目指していきます。

■共同代表合田武広メッセージ

IT化が難しいとも言われる医療業界において、新しい風を吹き込みたいと考え、本年6月よりコールドクターに参画しました。今回の資金調達により、「コールドクター」を一気にグロースさせ、誰しもが当たり前のようにご利用いただく「社会インフラとなるようなサービス」にしていきたいと意気込んでいます。

「コールドクター」について

「コールドクター」は、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診サービスである。アプリで簡単に予約、最短30分で自宅へ医師が診察に伺い、その場で薬を渡すサービスである。
「コールドクター」には、医療機関との連携により約100名の医師が登録しており、急な体調不良時にも安心して相談することが可能である。
「コールドクター」アプリは、App StoreもしくはGooglePlayよりダウンロードして、無料で利用可能である。

<診察の流れ>
① 診察予約のお申し込み
② 医師が自宅へ訪問
③ 自宅で診察
④ その場でお薬をお渡し
⑤ 後日郵送にて請求(NP後払い:コンビニ払い・銀行振込が選択可能)
※医師の判断により、自宅へ伺わずに直接医療機関を紹介する場合もある。

<診察エリア>
◇ 東京都:23区・武蔵野市・三鷹市・西東京市・稲城市
◇ 神奈川県:川崎市(全区)・横浜市(青葉区・都筑区・港北区・鶴見区・神奈川区・緑区・旭区・保土ケ谷区・西区・中区)
◇ 福岡県:福岡市(東区・博多区・中央区・南区・城南区・西区・早良区)・小郡市・春日市・大野城市・那珂川市・糟屋郡(志免町・須惠町・新宮町・粕屋町・宇美町・篠栗町・久山町)・久留米市・飯塚市・八女市・筑紫野市・古賀市・宮若市・朝倉市・糸島市・朝倉郡(筑前町)・三井郡(大刀洗町)・八女郡(広川町)
◇ 佐賀県:鳥栖市・三養基郡(基山町・上峰町・みやき町)・神埼市・神埼郡(吉野ヶ里町)
※一部対象外地域あり

「コールドクター」のスマートフォンアプリの画面イメージ

「コールドクター」のスマートフォンアプリのダウンロード

▶ iOS URL
https://apps.apple.com/jp/app/id1516410571

▶ Android URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.calldoctor.app

株式会社コールドクターについて

「コールドクター」は、受診できる医療機関が限られている・診察まで長時間待たされてしまう・受診を断られてしまうこともある、といった夜間休日の診療を取り巻く課題を解決する医療サービスを目指している。
また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による新しい生活様式に適合した医療サービスとして「コールドクター」を社会に根付かせることにより、医療崩壊の回避に貢献できると確信されている。

・URL:https://calldoctor.jp/

採用について

コールドクターでは、各職種でプロフェッショナルを積極採用中である。
コールドクターは、医療市場をITで変革しより良い社会を実現するためには、プロフェッショナルが集うチームが必要だと考えている。

・採用ページ:https://www.wantedly.com/companies/company_9601880

社名株式会社コールドクター
設立2018年10月17日
所在地東京都渋谷区松濤1丁目28-2
代表者中原 毅
事業概要「コールドクター」の管理・運営
URLhttps://calldoctor.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント