12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

医療DXの実現に向けて総額2億円の資金調達を実施|夜間・休日の往診サービス「コールドクター」

夜間・休日の往診サービス「コールドクター」を運営するコールドクターは、サイバーエージェント・XTech Venture等を引受先とする第三者割当増資により、総額2億円の資金調達を実施した。

資金調達背景

新型コロナウイルスの第三波の影響が広がる中、「病院での二次感染が心配」「外出も出来るだけ控えたい」「もしかしてコロナでは?」といった新型コロナウイルスに関連した心配を抱える方が増えており、医師が自宅に伺う往診サービス「コールドクター」への診察依頼件数も増加傾向にある。

今回の資金調達により、東京・神奈川・福岡・佐賀に続くサービス提供エリアの拡大、新型コロナウイルスで利用者が増える中での安定した事業基盤の強化、そのための採用強化等に取り組み、サービスの向上を目指す。

共同代表中原毅メッセージ

急な体調不良でお困りになって、近くの病院を探すのに苦労されたり、救急車を呼ぶのかを迷ったご経験がある方は多いと思います。お守りのようなサービスとして「コールドクター」を展開することにより、「子育てしやすい社会」や「高齢者も家族も安心して暮らせる社会」の実現を目指していきます。

■共同代表合田武広メッセージ

IT化が難しいとも言われる医療業界において、新しい風を吹き込みたいと考え、本年6月よりコールドクターに参画しました。今回の資金調達により、「コールドクター」を一気にグロースさせ、誰しもが当たり前のようにご利用いただく「社会インフラとなるようなサービス」にしていきたいと意気込んでいます。

「コールドクター」について

「コールドクター」は、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診サービスである。アプリで簡単に予約、最短30分で自宅へ医師が診察に伺い、その場で薬を渡すサービスである。
「コールドクター」には、医療機関との連携により約100名の医師が登録しており、急な体調不良時にも安心して相談することが可能である。
「コールドクター」アプリは、App StoreもしくはGooglePlayよりダウンロードして、無料で利用可能である。

<診察の流れ>
① 診察予約のお申し込み
② 医師が自宅へ訪問
③ 自宅で診察
④ その場でお薬をお渡し
⑤ 後日郵送にて請求(NP後払い:コンビニ払い・銀行振込が選択可能)
※医師の判断により、自宅へ伺わずに直接医療機関を紹介する場合もある。

<診察エリア>
◇ 東京都:23区・武蔵野市・三鷹市・西東京市・稲城市
◇ 神奈川県:川崎市(全区)・横浜市(青葉区・都筑区・港北区・鶴見区・神奈川区・緑区・旭区・保土ケ谷区・西区・中区)
◇ 福岡県:福岡市(東区・博多区・中央区・南区・城南区・西区・早良区)・小郡市・春日市・大野城市・那珂川市・糟屋郡(志免町・須惠町・新宮町・粕屋町・宇美町・篠栗町・久山町)・久留米市・飯塚市・八女市・筑紫野市・古賀市・宮若市・朝倉市・糸島市・朝倉郡(筑前町)・三井郡(大刀洗町)・八女郡(広川町)
◇ 佐賀県:鳥栖市・三養基郡(基山町・上峰町・みやき町)・神埼市・神埼郡(吉野ヶ里町)
※一部対象外地域あり

「コールドクター」のスマートフォンアプリの画面イメージ

「コールドクター」のスマートフォンアプリのダウンロード

▶ iOS URL
https://apps.apple.com/jp/app/id1516410571

▶ Android URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.calldoctor.app

株式会社コールドクターについて

「コールドクター」は、受診できる医療機関が限られている・診察まで長時間待たされてしまう・受診を断られてしまうこともある、といった夜間休日の診療を取り巻く課題を解決する医療サービスを目指している。
また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による新しい生活様式に適合した医療サービスとして「コールドクター」を社会に根付かせることにより、医療崩壊の回避に貢献できると確信されている。

・URL:https://calldoctor.jp/

採用について

コールドクターでは、各職種でプロフェッショナルを積極採用中である。
コールドクターは、医療市場をITで変革しより良い社会を実現するためには、プロフェッショナルが集うチームが必要だと考えている。

・採用ページ:https://www.wantedly.com/companies/company_9601880

社名株式会社コールドクター
設立2018年10月17日
所在地東京都渋谷区松濤1丁目28-2
代表者中原 毅
事業概要「コールドクター」の管理・運営
URLhttps://calldoctor.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント