12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

電動キックボードシェアアプリのLuupがスパイラルキャピタルをリードに7.5億円資金調達!

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupは、2021年4月にSpiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合をリード投資家として、ANRI3号投資事業有限責任組合、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、株式会社アダストリア、非公開の投資家複数名を引受先とする第三者割当増資を実施し、7.5億円の資金調達を実施した。

資金調達の背景

Luupは、「街じゅうを「駅前」化するインフラをつくる」をミッションに、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを提供しています。

2021年4月23日より、国内で初めてヘルメットの着用が任意となった電動キックボードのシェアリングサービスを、政府の特例措置のもとで展開しています。将来的には、高齢者でも簡単・安全に乗ることができるモビリティの導入を目指しています。

現在、電動キックボードのシェアリング開始以降、需要の急拡大を受けています。今回の資金調達により、更なるエリア拡大と機能拡充のための組織体制強化と、安全性・利便性の高い機体の開発を進めてまいります。

更に、ENEOSイノベーションパートナーズアダストリアとはそれぞれ、将来的な協業を見据えています。ENEOSとは、電動マイクロモビリティのエネルギー供給体制を構築し、誰もが自由に移動できる社会の実現を目指します。アダストリアとは、店舗への新しい移動手段の提供に向けた協業を開始します。

資金調達の投資家一覧

左から、ANRI プリンシパル 中路隼輔氏、Luup 代表 岡井大輝、スパイラルキャピタル パートナー 千葉貴史氏

・スパイラルキャピタル
・ANRI
・ENEOSイノベーションパートナーズ
・アダストリア
・投資家 複数名(非公開)

スパイラルキャピタル パートナー 千葉貴史氏からのコメント

Luupは、間違いなく、次世代の公共交通インフラを創り上げる会社です。そのように確信し、この度リード投資家として出資させて頂きました。

代表の岡井さんと議論を重ねる過程で、心の底からミッションの実現に人生をコミットしていると感じましたし、マイクロモビリティ推進協議会の会長として先頭に立って規制緩和を実現していくなど、その情熱と行動力に感銘を受けました。

また、海外の成功モデルを単にコピーして持ってくるのではなく、日本ならではの都市・社会の構造を念頭においたうえで、独自の電動マイクロモビリティサービスの仕組みを構築していこうとするスタンスや事業戦略の合理性にも深く共感致しました。

LUUPは、全く新しい生活利便性をもたらすサービスになると思います。Luupが、日本のMaaS領域におけるリーディングカンパニーに飛躍していくことを大変期待しておりますし、弊社としても、そのミッション・ビジョンの実現を全力でサポートしていきたいと考えております。

ANRI プリンシパル 中路隼輔氏からのコメント

最初の資金調達から今渋谷で始まった街の風景の実現のために、一貫して追加投資を続けさせていただき、今回も出資させていただくことになりました。改めてスタートラインに立ったこの瞬間に引き続き応援させていただく機会をいただけて光栄です。

「街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる」というミッション実現のために、良いチーム・良い市場機会が揃ってきていると実感しております。より多くの街の景色が変わっていく瞬間を一緒に創っていく方も募集していますので、ぜひ興味ある方はご応募いただければ幸いです。

ENEOSイノベーションパートナーズ 社長 矢崎靖典氏からのコメント

この度は前回ラウンドに続きLuup社に出資をさせて頂きました。同社とは、電動マイクロモビリティの社会実装により誰もが手軽に移動できる世界を実現するというワクワクするビジョンを互いに共有し、協業を進めております。

今回の出資により電動キックボードの社会普及を支援するとともに、さらに連携を深め、電動マイクロモビリティへの最適なエネルギー供給体制を構築する取り組みを加速してまいります。

アダストリア 取締役 金銅雅之氏からのコメント

アダストリアでは、未来の大きな“社会の変化・お客さまの変化”に感度高く対応することで、昨今の劇的な環境変化の中でも持続的な企業成長を目指しており、Luup社が目指す新たな短距離移動インフラの構築は、まさに日々の生活に必要不可欠な「移動」という側面から”社会の変化・お客様の変化”をもたらすものと確信し、この度出資させて頂きました。

今後はLuup社との関係強化により、そうした変化を今まで以上に感度高くキャッチアップしつつ、店舗への来店前後の「移動」にまで視野を広げた新たな顧客体験の提供に挑戦して参ります。

Luup代表 岡井大輝からのコメント

弊社のMissionは「街じゅうを”駅前化”するインフラをつくる」ことです。そして弊社は、そのために存在します。創業からここまでの2年半、弊社はアライアンスと省庁・自治体との協議が先行し、プロダクト開発とオペレーションがそれを実現していくという会社でした。しかし4月23日に政府の特例制度の認可を受け電動キックボードの本格的なシェアリングが開始されたため、弊社は次のフェーズに入りました。

次のフェーズでのLuupは、利用者や街の方々にとって最適・安全なプロダクトをつくるために、プロダクト開発が全ての先頭に立ち、アライアンスやオペレーションがそれに協力していく「プロダクトファースト」な会社に生まれ変わります

そのためにもプロダクト開発チームを強く募集しておりますので、これを読んでいるエンジニア、デザイナーの皆様、是非一緒にLUUPを作りましょう。(ご興味がある方は以下の概要欄を参照ください!)

前置きが長くなりましたが、LUUPに関わる全てのチームが最大限のパフォーマンスを発揮できるために、新たに資金調達を実施しました。
ここまで全てのラウンドをリード頂き手厚いサポートをしてくれたANRIの中路さんとANRIチームの皆様に加えて、新たにスパイラルキャピタルの千葉さんと植木さんにリードをとっていただきました。

また、電動マイクロモビリティ機体の提供だけでなく機体への最適なエネルギー供給体制を構築するためにENEOS様に追加投資いただき、LUUPを通して新しい店舗への移動を含めた新しい生活様式を提案していくためにアダストリア様に新たに投資いただきました。

最後になりますが、街に住む方々のためにも、弊社のMission実現を信じて弊社に資本参加いただいた方々に報いるためにも、私を先頭にLuupチーム一同全力で、Mission実現に向けて取り組んでまいります。

【株式会社Luupについて】

株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、街じゅうを「駅前」化する新しい短距離移動インフラを創ります。 電動キックボードなどの新しいモビリティを日本で安全かつ便利に利用するための「新しい機体の実証」と、シェアリングの形での移動体験を検証する「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組んでいます。

・所在地:東京都渋谷区東1-8-4 INO SHIBUYA 1-2F
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

株式会社Luup代表取締役社長兼CEO 岡井大輝 プロフィール

東京大学農学部を卒業。その後、戦略系コンサルティングファームにて上場企業のPMI、PEファンドのビジネスDDを主に担当。その後、株式会社Luupを創業。代表取締役社長兼CEOを務める。2019年5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心に、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的とする「マイクロモビリティ推進協議会」を設立し、会長に就任。2021年4月に「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出。

大東建託パートナーズ×LUUPによるオープンイノベーション|電動アシスト自転車のシェアサイクルサービスの実証実験開始

2020年10月16日

ENEOSホールディングスとLuup、電動マイクロモビリティの社会普及に向け協業開始

2020年8月4日

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント