12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

LA発和菓子D2C「MISAKY.TOKYO」を展開する「Cashi Cake.inc」がシードラウンド1stにて1.2億円資金調達!

ロサンゼルスで和菓子D2C「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ)」を筆頭に、海藻を中心としたフードテック事業を展開するスタートアップ「Cashi Cake inc.」は、2022年1月に千葉道場ファンド、ココナラスキルパートナーズ、Headline Asia等からシードラウンド1stとして約1.2億円の資金調達を実施。「MISAKY.TOKYO」の製造拠点の拡大、新海藻ドリンクブランドの立ち上げ強化をします。また今回の調達により累計資金調達額は約1.8億円となりました。

米国における日本式海藻テックの可能性は拡大

米国では環境問題や健康への意識の高まりによりビーガン、グルテンフリー、プレバイオティクス(腸内環境改善)のマーケットが急速に拡大しています。

とくにプレバイオティクス(腸内環境改善)は市場規模が2028年には約10兆円を突破し、2021年から2028年までのCAGR(年平均成長率)が6.81%にも上ると見込まれる、TAM(獲得可能な最大市場規模)と潜在成長率が高い分野です。

引用元:VERIFIED MARKET RESEARCH Probiotics Market Size And Forecast (Dec 2021) 
https://www.verifiedmarketresearch.com/product/global-probiotics-market-size-and-forecast-to-2025/

ところが、美味しく見た目もよく、さらにヘルシーな食品は種類が限られており、市場のニーズを満たせていないのが現状でした。その中で日本の精進文化を中心とした食事、特に海藻を使った商品には、ビーガン・グルテンフリーかつ美味しいものが多く、世界の新たな食文化のソリューションになり得ます。

また、海藻をはじめとするブルーカーボン(海洋生物によって吸収された炭素)は地球上の約30%の二酸化炭素を吸収すると言われていますが、一定の大きさ以上巨大化すると二酸化炭素吸収力が衰えてしまいます。その観点から定期的な収穫をすることで二酸化炭素の吸収力が復活し、まさに「食べることで地球環境が良くなる」食材です。それによって、SDGsの文脈でも注目を集めています。

しかしながら海藻は、収穫場所や収穫時期によって品質が変化するため、一定のクオリティを保って提供することが難しいうえ、美味しく加工するには高い技術が必要とされます。

Cashi Cake inc.はこれまでに、一定のクオリティで海藻加工食品を手に入れる独自ルートを開拓し、さらに海藻を美味しく加工する独自の技術を磨いてきました。その結果として、アメリカ最大のフードマガジン「Bon appetite」に掲載されるなど、数々の実績を積んでいます。

Cashi Cake inc.とは

Cashi Cake inc.は、「日本文化を世界に」をミッションに、海藻寒天を加工する技術を用いて、ハイエンドな和菓子ブランド「MISAKY.TOKYO」をはじめとする海藻テック事業を展開してきました。

特に「MISAKY.TOKYO」ではこれまでに、アカデミー賞・エミー賞前夜祭でベンダーとして出店(全米30社しか選ばれないうちの1社、アジア人唯一)、1億9千万人超のフォロワーを持つセレブ”キム・カーダシアン”のフレグランスブランドKKWとのコラボ、アメリカ最大のフードマガジンBon appetite に掲載、ブランドアカウントのTikTokフォロワー30万人(累計動画再生回数4800万回)などを実現してきました。

日本の良いものを世界に伝えながら、世界中の人々を健康に幸せにするだけでなく、地球環境問題の改善にも挑戦する、リーディングカンパニーを目指しています。

URL▶︎https://instagram.com/misaky.tokyo

投資家一覧

シードラウンド1st参加投資家:
千葉道場ファンド、ココナラスキルパートナーズ、Headline Asia、奥田浩美氏、村上臣氏、他

エンジェルラウンド2nd投資家:
田村耕太郎氏、平野洋一郎氏、HEART CATCH、他

エンジェルラウンド1st投資家:
ISGS、西川順氏、山内一馬氏、他

投資家からのメッセージ

千葉道場ファンド 代表パートナー 千葉 功太郎氏

単身アメリカで大きな夢を描いてチャレンジをされているアリッサさんのパワーに魅力を感じて、今回千葉道場ファンドより出資させて頂きました。ビーガン・グルテンフリーのマーケットはこれからアメリカを中心に拡大していくと信じています。千葉道場ファンドとしてもCashi Cake inc.の挑戦を力強く応援していきたいと思います。

ココナラスキルパートナーズ 代表取締役社長 南 章行氏

この度、ココナラスキルパートナーズの初の投資としてCashi Cake inc.とご一緒できることをとても喜ばしく思っています。D2C和菓子ブランドである「MISAKY.TOKYO」の実績もさることながら、CEOの三木さんが持つ起業家としての情熱と行動力や、マーケットを深く理解する洞察力に惚れ込み、今回投資させていただくことになりました。日本の海藻の技術をベースとしたフードテック企業としての今後の事業推進を、ココナラスキルパートナーズに参画している様々な専門家と共にサポートしていきたいと思っています。

Headline Asia VP/LAUNCHPAD FUND株式会社 代表取締役 川村 達也氏

三木さんに最初にお会いしたのはIVS那須。そこでは立ち話でしたが、圧倒的なキャラを感じました。その後、弊社オフィスで改めてしっかりお会いしたときは、そのキャラだけでなく、プロダクトへの自信、自分の持ち味、勝ち筋をイメージできていることを認識しました。そしてなにより、日本人としてこのようなHARD THINGSに向き合える起業家は限られており、シード投資家として資金で応援できないのならファンドをやっている意味はないと思えたので今回出資を打診させてもらいました。三木さんがどのようにHARD THINGSを超えていくのかがとても楽しみです。

KZM & Company Limited Founder CEO 山内 一馬氏

コンテンツがかつてなく重要性を帯びている今日において、Japan culture がもはや産業横断的に注目を浴びていることを日頃グローバルな業務の中でひしひしと感じていますが、中でもアメリカ市場におけるJapan-inspired な食ブランドには、大きなホワイトスペースが空いているように感じています。
2年と少し前にお会いして以降ますます勢いをつけている三木さんが、さらにご活躍してゆくのを、微力ながらご支援差し上げて参る所存です。

【 CEO 三木アリッサについて

Forbes JAPAN 「今年の顔100人」(2021) / Forbes JAPAN 「地球で耀く女性100人」最年少選抜(2018)/ Business Insider Japan 「Game Changer 2019」選出メンバーの一人。

1992年NY生まれ。アーティストとして受賞歴も多く活躍する母が、ビジネスで苦戦している姿を見て、アーティストや職人が経済的にも豊かになるような世界をつくるべく起業家を目指す。早稲田大学法学部在籍中にプリザーブドフラワー専門ブランド立ち上げに参画し、楽天ナンバーワンブランドに成長させ、卒業後外資系メーカーにて初の学部卒マーケターとしてCRMを担当。その後、日本酒ベンチャーで新ブランド立ち上げや、藤巻百貨店の新規事業立ち上げに寄与。また、イスラエル専門商社にて、新規事業開発マネージャーとして、過去最高売上を半年で達成。

2019年11月に「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ)」をロサンゼルスでローンチ。現在、個人としてもアメリカでインフルエンサーとして活動。日本人唯一で、世界でも21組しか選ばれないClubHouse公式クリエイターに選ばれた。日本でも日テレ「真相報道!バンキシャ」のコメンテーターなどで活躍している。

会社概要

社名Cashi Cake inc.
本社所在地  2447 Pacific Coast Highway, 2nd Floor
Hermosa Beach, California 90254 United Staes of America
代表者 CEO 三木 アリッサ
設立 2019年 9月 12日
事業概要和菓子ブランド「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ)」の運営
海藻を使った食品ブランドの開発、運営
URLhttps://misaky.tokyo/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント