12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

【日本初】観光促進型地域デジタル通貨「ルーラコイン」が誕生!温泉地にて実証実験開始!

フィンテック領域のスタートアップ「ルーラ」は、2022年2月5日(土)より、ブロックチェーンを活用した日本初の観光促進型地域デジタル通貨「ルーラコイン」のプロトタイプ版をリリースし、有馬温泉、飯坂温泉、伊豆下田エリアで順次、実証実験を行っています。実証実験には、SAMURAI Securityが企画支援で参画しています。

ルーラコインとは

ルーラコインは、全国の温泉地、観光地で使える日本初の【観光に特化】した地域デジタル通貨です。全国の温泉地・観光地で横断的に使えるデジタル通貨(1ルーラコイン=1円)とプレミアムポイント(キャンペーン毎に付与されるボーナスポイント)の2つで構成されており、従来型の地域通貨が抱えている「限られた地域でしか使えない」「観光客があまり利用しない」という弱点を補う全国規模のネットワークを持つ地域デジタル通貨となります。またの名を「旅のコイン」とも言います。

最大の特徴は、地域の温泉旅館、観光名所、旅行会社と連携したルーラコイン限定商品や限定特典を多数提供していくところにあります。具体的には、特別な宿泊プランやアクティビティ、キャラクターとコラボした物産品や限定グッズのほか、現地でしか入手できないデジタルコンテンツ(ブロックチェーンを活用したNFTコンテンツ)などを順次開発し、提供していきます。

他にも地域で利用された決済金額の1%がその観光地に自動的に寄付される仕組みもあり、コロナ禍で大きな打撃を受けた観光地を救う救世主として大きな期待が寄せられています。

ルーラコインが採用するブロックチェーン技術

ルーラコインは、コインの購入及び利用に関するトランザクションの管理にブロックチェーン技術を利用しています。ルーラコインでしか購入できないNFTコンテンツの販売などの将来構想を見据えて、各NFTサービスで利用実績の多いPolygon(MATIC)ネットワークを採用しています。

ルーラコインの特徴

ルーラコインは、ユーザーに、単なる決済手段(キャッシュレス)の一つとして提供するのではなく、決済自体をより楽しみながら体験してもらうことを目指しています。

<温泉むすめコラボプリペイドカードを発売!>
プロトタイプ版では、クレジットカードによるチャージに加えて、チャージ専用プリペイドカードを用意しています。第一弾コラボとして、アニメや漫画などのサブカルチャーが好きな人に人気の地域活性化プロジェクト「温泉むすめ」とタイアップキャンペーンを行います。温泉むすめのキャラクターを書き下ろしたコラボプリペイドカードを各エリアで順次販売していくことで、使うだけでなく、集める楽しみを提供していきます。

<決済音ボイスに人気声優を起用!>

ルーラコインの決済時に鳴る「決済音ボイス」には、人気声優を順次起用していきます。第一弾の決済音ボイスとして、声優だけでなく脚本家としても活躍する人気声優の吉岡茉祐さん(81プロデュース所属)が登場します。決済する度に鳴り響く、声優の素敵な声に癒やされることでしょう。

声優の吉岡茉祐さん

実証実験について

ルーラコインプロトタイプ版を活用した実証実験を、2022年2月5日より3つのエリアで順次行います。
・神戸市 有馬温泉エリア:2022年2月5日(土)開始
・福島県 飯坂温泉エリア:2022年2月11日(金)開始
・静岡県 伊豆伊東エリア:2022年3月19日(土)開始

プレミアムポイント付与キャンペーン

ルーラコインのリリースを記念として、コインのチャージに対して20%のプレミアムポイントを総額100万円分付与する「プレミアムポイント山分けキャンペーン」を実施します。

・第一弾
日時:2022年2月5日(土)〜3月7日(月)
展開エリア:神戸市有馬温泉、福島県飯坂温泉
・第2弾
日時:3月19日(土)〜4月18日(月)
展開エリア:静岡県下田温泉、伊東温泉

・総額:第一弾、第二弾の総額100万円分のプレミアムポイントを付与します。
・付与率:チャージ金額の20%
ルーラコインマイページでアカウントを発行し、クレジットカード又はチャージ専用プリペイドカードでルーラコインを購入し、チャージした人が対象となります。

なお、プレミアムポイント付与は予算上限に到達すると終了となります。キャンペーンの詳細は、ルーラコイン公式サイトから確認できます。(https://www.rural.ne.jp

温泉むすめコラボキャンペーン

地域活性化プロジェクト「温泉むすめ」とのタイアップを記念して、温泉むすめキャラクターの書き下ろしイラスト使用したポストカードが貰えるキャンペーンを行います。

・キャンペーン内容
有馬温泉エリアのルーラコイン対象加盟店にて、ルーラコインで1,000円以上お買い物すると、有馬温泉の温泉むすめ姉妹「有馬輪花」と「有馬楓花」の書き下ろしイラストを使用したオリジナルポストカードが特典として貰えます。

・期間:2022年2月5日(土)〜開始。なくなり次第終了となります。
・対象加盟店:全13店舗、店舗詳細はルーラコイン公式サイトを参照。
https://www.rural.ne.jp

ルーラコイン使用方法

・チャージ
① (https://coin.rural.ne.jp)にアクセス
② ルーラコインマイページからアカウントを発行
③ クレジットカード又は、専用プリペイドカードのいずれかからコインをチャージ

・決済
① ルーラコインマイページにアクセス
② 温泉地や観光地の加盟店に設置されているQRコードを読み取る
③ 支払金額を入力
④ 店舗による金額確認を行い、決済完了

今後の展望

ルーラは、日本初の観光促進型地域デジタル通貨プラットフォームとして、ルーラコインを利用できる温泉地、観光地を全国100箇所以上に増やしていきます。同時に、地域の魅力を体験できる宿泊、アクティビティ、物産品、コンテンツなどのルーラコインでしか購入できない商品やサービスを多数提供していくことで、地域と人とを繋げ、地域に眠る文化、歴史、観光資産をもっと身近に体験できるデジタル時代に即した新しい旅のスタイルと楽しみを提供します。

パートナー企業の募集

ルーラでは、地域の魅力をご一緒に発信していくパートナー企業や地方自治体を広く募集しています。

1 ルーラコインを利用できる、宿泊施設、飲食店、観光施設を持つ企業
2 ルーラコインを活用した旅行商品の企画及び販売を行う旅行業界の企業
3 着地型観光を推進する交通事業者や地方自治体
4 ルーラコインとコラボできるようなコンテンツホルダー企業
5 その他、地域通貨の将来性や全国規模の地方創生プロジェクトに興味のある企業

パートナー募集に関するお問い合わせ(info@rural.ne.jp)

株式会社ルーラ 会社概要

住所〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目28番
代表者代表取締役 橋本 竜
事業内容地域デジタル通貨事業/暗号通貨発行事業
設立2021年6月1日
URLhttps://www.corporate.rural.ne.jp

SAMURAI Security株式会社 会社概要

住所〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-3-8 第22SYビル4階
代表者代表取締役 浦田 英博
事業内容ブロックチェーンシステムの企画開発、デジタルトークン発行、相続DX事業、各種コンサルティング
設立2018年4月6日
URLhttps://samurai-sec.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント