12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

最新記事

ITRI×Creww『日台アクセラレータープログラム2022』開催!国境を越えたイノベーション創出へ

【CrewwNews】Crewwは、台湾の工業技術研究院と共に『日台アクセラレータープログラム2022』を2022年7月29日より開始!台湾スタートアップと日本企業3社<安藤ハザマ・東京ガス・日本生命>による、国境を越えたイノベーションに向けたプログラムの開催を決定しました。 #ITRI #工業技術研究院 #台湾 #イノベーション #エコシステム #日台アクセラレータープログラム2022 #Creww #大挑戦時代をつくる

ブレインヘルスケアのSplink、国連WIPO主催「2022WIPOグローバル・アワード」グランプリ受賞!

【スタートアップニュース】ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップのSplinkは、国際連合の知的財産機関であるWIPOが主催する「2022 WIPOグローバル・アワード」でグランプリを受賞しました。 #Splink #ブレイン #ヘルスケア #スタートアップ #WIPO #知的財産 #Creww #大挑戦時代をつくる

【この世界をもっと面白くする】松竹CVC、初のアクセラレータープログラム始動! 8/3事前説明会開催

【オープンイノベーションニュース】松竹グループのコーポレート・ベンチャー・キャピタル「松竹ベンチャーズ株式会社」は、アクセラレータープログラム Shochiku Accelerator2022「Entertainment Festival」を開催。募集にあたり、事業連携について相談することができる説明会を実施します。本プログラムの募集領域やスケジュールなどの詳細をお伝えするほか、プログラム担当者と個別に相談できる機会が設けられる予定です。 #松竹 #CVC #松竹ベンチャーズ #アクセラレータープログラム #ShochikuAccelerator2022 #Creww #大挑戦時代をつくる

SmartCityX Conference 2022|大企業が世界のスタートアップとの共創成果を発表 !

【オープンイノベーションニュース】スクラムスタジオは、グローバル・オープンイノベーション・プログラム『SmartCityX』の二期目の活動の締めくくりとして、7月20日にチェイス・センターにて『SmartCityX Conference 2022』を開催。DXやデジタル技術の革新などスマートシティ関連の最新のグローバルトレンドに関するキーノートやパネルディスカッションが行われたほか、日本の大企業と世界中のスタートアップの間で生まれた事業共創プロジェクト9件を発表しました。 #スクラムスタジオ #SmartCityX #DX #スマートシティ #スタートアップ #オープンイノベーション #実証実験 #Cerww #大挑戦時代をつくる

Web3.0時代|HashPortグループとSMBCグループ、NFTをはじめとするトークンビジネスで協業へ

【オープンイノベーションニュース】HashPort、および連結子会社であるHashPalette、ならびにHashBankは、三井住友フィナンシャルグループ、および連結子会社である三井住友銀行との間でNFTをはじめとするトークンビジネスにおける協業に向け、協議を開始する旨の基本合意書を締結しました。 #HashPort #三井住友 #協業 #Creww #大挑戦時代をつくる

相模鉄道・相鉄ホールディングス、「いざ、相鉄線! 沿線鎌倉さがし」を開催!|AR技術を活用し史跡を巡る

【オープンイノベーションニュース】相鉄グループの相模鉄道では、2022年8月1日(月)から9月30日(金)まで、「いざ相鉄線! 沿線鎌倉さがし」を開催します。 #相鉄グループ #相模鉄道 #アクセラレータープログラム #スタートアップ #協業 #AR #Creww #大挑戦時代をつくる

有望スタートアップ企業が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2022」 結果を発表!

【オープンイノベーションニュース】イノベーションリーダーズサミット実行委員会は昨年度に引き続き、経済産業省と共同で、国内のベンチャーキャピタルや大学など約100機関によって選出された有望スタートアップ企業1,353社を対象としたアンケート調査を実施。スタートアップとの連携を通じたオープンイノベーションに積極的な大企業の人気ランキング調査「イノベーティブ大企業ランキング」の2022年度版を取りまとめ、上位10社を発表しました。 #イノベーションリーダーズサミット実行委員会 #経済産業省 #VC #スタートアップ #オープンイノベーション #イノベーティブ大企業ランキング #Creww #大挑戦時代をつくる

『スタートアップ-ASEAN協業促進プログラム』 ASEAN諸国のサステナビリティ課題の解決に向け、ASEAN企業との協業を目指すアクセラレーションプログラムを実施

【イベントニュース】『スタートアップ-ASEAN協業促進プログラム』では、事前研修、ASEAN企業との個別マッチング、ピッチイベントを通じて、ASEAN諸国におけるビジネスチャンスの創出を目指します。募集期間:2022年7月29日~8月19日。 #AMEICC #経済産業省 #ASEAN #オープンイノベーション #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

Editor's Pick

ブレインヘルスケアのSplink、国連WIPO主催「2022WIPOグローバル・アワード」グランプリ受賞!

【スタートアップニュース】ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップのSplinkは、国際連合の知的財産機関であるWIPOが主催する「2022 WIPOグローバル・アワード」でグランプリを受賞しました。 #Splink #ブレイン #ヘルスケア #スタートアップ #WIPO #知的財産 #Creww #大挑戦時代をつくる

アクセルラボ、大東建託より3.5億円の資金調達!累計調達額25.5億円で本ラウンドを完了

【スタートアップニュース】アクセルラボは、大東建託を引受先とする第三者割当増資により、3.5億円の資金調達が完了し、シリーズAラウンドの資金調達累計総額25.5億円でクローズしました。尚、今後は、更なる開発体制の強化及びユーザーサポート領域の拡充を目的にシリーズBラウンドに移行する予定です。 #アクセルラボ #大東建託 #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

AnyMind Group、約50億円の資金調達!グローバルでの事業成長投資及び将来的なM&A戦略を強化

【スタートアップニュース】AnyMind Groupは、総額約50億円の資金調達を実施しました。今回の調達では、既存投資家の三菱UFJキャピタルに加え、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、JPインベストメント、野村スパークス・インベストメントが資産の運用を受託している日本グロースキャピタル投資法人、プロトベンチャーズなどの新規投資家を主な引受先とした、約40億円の第三者割当増資を実施。また、みずほ銀行より10億円の当座貸越枠を確保したことにより、総額約50億円を調達しました。これまでにも約69億円の資金調達を実施しており、このたびの調達により累計調達額は約119億円となります。 #AnyMindGroup #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

日本の環境系スタートアップを一挙ご紹介!2022版

7月7日のクールアースデーにちなみ、 今回は約6300社のスタートアップデータベースを持つCrewwが、環境問題の解決を目指すスタートアップを一挙ご紹介いたします。

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

リーンスタートアップにおける「MVP」とは?|新規事業における秘訣を紹介!

リーンスタートアップにおいて、自身のアイデアや仮説が果たして本当に「人が欲しがる物」なのかを検証していくために必要であるのが、「MVP(Minimum Viable Product)」です。新規事業における秘訣となる「MVP」について、インキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」運営の寺田が紹介します。