12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。

社会貢献型通販モール「WakeAi」が株式会社WakeAiとしてスタート

新型コロナウイルスの蔓延により経済が停滞することで、国内で数え切れないほどの方々の仕事が立ち行かなくなるような事態に発展しております。
そのような難しい状況にある業者さまの支援を広げる場として、「買って応援、食べて応援」を促進。

コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、2021年から株式会社WakeAiを母体としたサービスとなります。

WakeAi(ワケアイ)」とは

新型コロナウイルスの影響により事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」でき、フードロスや食品ロス削減を推進、SDGsの実現も目指す「社会貢献型通販モール」です。

36万人のユーザーコミュニティを持つ国内最大のコロナ支援Facebookグループも運営。
2020年8月のクローズドオープンを経て2020年10月に正式リリース。すでに累計76,000件以上の注文を受注しています。
URL: https://wakeai.net/

WakeAi上の「#元気いただきますプロジェクト」送料無料対象商品ページはこちら
※他にも送料無料の該当商品が多数ございます。

株式会社WakeAi設立の背景

InSync株式会社が運営する「Wakeari(ワケアリ)」と、「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」が統合し、1つのサービスとなることで、今まで以上に大きな活動によってフードロスや食品ロス削減を支援できる「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」が2020年10月に正式オープンしました。

これからのWakeAiの事業を更に社会に広く貢献できる活動としていくため、このたびInSync株式会社を会社分割し、「株式会社WakeAi」を設立、WakeAi事業を承継し、株式会社WakeAiとして運営する運びとなりました。

これによって「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」にフォーカスした事業を進められる体制が整い、株式会社WakeAiを母体として、より機動的かつ大きな活動を進めていくこととなります。

WakeAi」の今後の展望

WakeAiは、事業者支援を継続的に行うためのプラットフォームとして、「買って応援、食べて応援」を実現する通販モールとしての活動を更に大きくしてまいりたいと思っております。

そしてさらに今後はフードロスや食品ロス削減だけに限らず、SDGs実現を目指した「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」として、さらなる大きな枠組みでの社会的活動を行っていけるよう、コミュニティの皆様と一緒にサポートできるステージを広げていきたいと思っております。

■WakeAi運営会社

株式会社WakeAi
URL:https://wakeai.net/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント