12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

ペット医療のDXを推進するスタートアップ「アニポス」1月1日より正式にサービス開始

アニポスは、日本ペット少額短期保険株式会社の保険金請求に対応する、ペット保険金ラクラク請求サービス「アニポス(https://anipos.co.jp)」の提供を、2021年1月1日より正式に開始した。

株式会社アニポス

​『全ての人がより良い適切な動物医療を享受し、動物と幸せに暮らせる世界を創る。』をビジョンに掲げ、ペット保険のDXを推進する。ペット保険金を簡単に請求できるスマホアプリ「アニポス」と、「アニポス」からシームレスに繋がるペット保険事業者の保険金支払い業務効率化サービスを始め、テクノロジーの力で動物医療を支えるサービスを開発提供している。

今回の取り組み背景

ペットの長寿化、ペット医療の高度化・高額化を背景に、日本のペット保険市場は年率20%で成長している。生活者(ペット保険加入者)にとって身近になったペット保険。そのペット保険手続きの利便性向上を求める声が増しており、また、ペット保険運営業者のデジタル化を含む業務効率化、業界全体のDXが必要とされている。

サービス内容

アニポスではテクノロジーを生かしたペットの飼い主に必須とされるペット医療サービスをスピーディーに提供している。

①ペットの飼い主に、動物病院へ通院後、明細書をアップロード(診療記録)するだけで動物を助けることができる「明細書で動物に寄付」機能を提供する。
※寄付の原資は、全てアニポスが負担するものであり、ユーザーに負担はない。

②ペット保険の加入者に、ラクラクペット保険金請求サービスを提供する。

③提携ペット保険運営会社に、保険金査定で必要な情報の取得、保険金請求業務のデジタル化などを含む包括的な業務効率化サービスを提供する。

困っている動物を助ける事ができる「明細書で動物に寄付」

動物病院でもらった診療明細をアニポスに1通アップロードする毎(※)に公益社団法人アニマルドネーションにアニポスが寄付を行うものである。寄付は毎月実行されアニポスwebページにて公表される。
※寄付の原資は全てアニポスが負担するものであり、保険金の一部を用いるものではない。
※アニポスサービス利用規約にある引き受け対象に合致したアップロードに限り寄付が実行される。

アニポスアプリのダウンロードはこちら

優しくなれる、ペット保険ラクラク請求アプリ アニポス
iPhone/iPad
https://anipos.co.jp/r/i

Android
https://anipos.co.jp/r/a

株式会社アニポス について

ペット医療環境をより良くする、獣医師が創業したテック企業である。

社名株式会社アニポス 
設立2019年3月19日
所在地東京都港区白金台3丁目16−36ー501
代表者代表取締役 CEO 獣医師 大川拓洋
事業概要アプリケーションシステムの企画、開発、運営及び販売
『Camps Acceleration Program』第1期 大賞受賞
『Open Network Lab』第20期採択
『G challenge 2021』 決勝進出
URLhttps://anipos.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント