12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。

モノラボとは?

商品を作る前段階の、「何を作るか」を決めるオンライン参加型のモノづくりサービスです。現状のクラウドファンディングとは違い、どんな商品を支援するかではなく、その分野の商品が好きな人を集めて、アイディアを出し合い、理想の商品を具現化します。
サービスサイトはこちら

お話を伺った人:「モノラボ」ファウンダー 島谷 亮澄氏
インタビュアー: Remi Terada/STARTUP STUDIO by Creww運営担当
目次
・モノづくりも時代に合わせてアップデートするべき
・【ソロキャンプYoutuber茅ヶ崎みなみさんプロデュース】キャンパーの「ほしい」を実現した、キャンプ用カッティングボード
・STARTUP STUDIOに参加してみて
・* 自分のやりたいことを信じ、芯をぶらさない


モノづくりも時代に合わせてアップデートするべき

ー今回、モノラボをはじめようとした原体験みたいなものはありますか?

島谷:現在プロダクトデザイナーとして働いていて、商品化するまでのハードルや、販売後の売れ行きなど、なかなかうまくいかない事が多く、モノづくりも時代に合わせてアップデートするべきだと考えました。

作り手のメーカーやデザイナーだけでは、本当に使用するお客様が「欲しい」と思う商品が作れないのではないかと考え、その専門分野に詳しいインフルエンサーと協力をし、使用者のニーズを引き出し、商品に反映する事で、これから多様化していく時代に適したモノづくりの提案ができるのではないかと考えました。

このような課題感やアイデアを考えている時に、STARTUP STUDIOからの「新規プロジェクト募集!」というメールが送られてきて、勢いでバーっと打ち込み申し込みました(笑)。

【ソロキャンプYoutuber茅ヶ崎みなみさんプロデュース】キャンパーの「ほしい」を実現した、キャンプ用カッティングボード

ー今回モノラボ第一弾として、キャンプ用カッティングボードを製作されていましたね。当初から、キャンプなどのアウトドア用品を製作しようと考えていたのですか。

島谷:いえ、元々自分がプロダクトデザイナーということもあり、当初はイヤホンなどのガジェットを製作したいと考えておりました。ですが、メンバー内で話し合いをする中で、いきなり電子部品を製作するのはリスクが高いと判断し、違う物を製作しようとなりました。

電子部品ではないもので、皆さんに楽しんでもらえるものって何だろう?と考えたときに、キャンプなどのアウトドア用品がいいんじゃないかとなりました。

ーそうだったんですね!島谷さんもキャンパーなのかと思いました。

島谷氏:いえ、まったく(笑)ですが、今回茅ヶ崎みなみさんとモノ作りをさせていただき、これからやってみたいと思います。

ー茅ヶ崎みなみさんにはどのようにコンタクトをとったのですか。

島谷:まず、アウトドア用品を紹介しているYoutuberの方をいくつかピックアップし、ご協力いただけないか一人ひとりにアプローチしていきました。その中で茅ヶ崎みなみさんが一番共感してくださり、プロジェクトに参加いただくことになりました。

ーキャンパーの方からはどのようにアイデアを集めたのですか。

島谷氏:まず、茅ヶ崎みなみさんからYoutubeを通しアイデア募集を呼びかけて頂きました。ちなみに、以前イヤホンに関するアイデア募集をしたときは1600件くらい集まりまして。

数が集まるのは大体予想ができたので、今回はコアな層に向け深掘りしたアイデアのアンケート調査で、量よりも「質」を重要視しました。多分、1人につき作文用紙1枚分くらいの量を答えていただいたと思います。そこからじっくり内容を精査し、形にしていきましたね。

募集したこだわりアイディアの中から、意見の多かった3点を反映した「小さくても使いやすい」カッティングボード(まな板/天然木使用)に決定!

・コンパクト
・木のぬくもりがある
・お皿としても使える

ー第1弾のキャンプ用カッティングボードは大反響でしたが、今後島谷さんが挑戦したいモノ作りはありますか。

島谷:そうですね。先ほどもお話した通り、自分としては電子部品のガジェットを作っていきたいという想いがあります。また、現在働いている会社でもスピーカーのデザインなどガジェットを対象としていますので、自分が持っている知見を活かしながら、イヤホンやスマホなどの最先端ガジェットをモノラボを通してつくっていきたいです。

STARTUP STUDIOに参加してみて

ー島谷さんは、自身でもデザイナーをされていたりと個人でも活動できるかと思いますが、STARTUP STUDIOに参加してみて良かった点はありますか。

島谷:一番大きなメリットとしては、他チームと足並み揃えて進めていくので、モチベーションを維持できる点だと思いました。

どうしても一人だと、やりたいけど行動にうつす前にやめっちゃったりと熱量を維持するのが大変だと思うので、定期的なピッチや面談で刺激し合えるメンバーと出会えたことは非常によかったです。

また、STARTUP STUDIOに参加することで、デザイナーとしての目線だけではなく、企画から製作、そして売るところまで一貫して携わることになるため、考え方も変われば、経営者目線も身についたと思います。

ー逆にこのような「ながら起業」をして大変だった点はありますか。

島谷:そうですね。やっぱり日中は本業があるため、取引先とのMTGの日程調整が大変でした。特に、先方が夜18時以降や土日の対応は難しいので、そのあたりの調整がめちゃくちゃ大変でしたね。
なるべくお昼休みの時間や、何とかお願いをして18時以降に調整して頂いたりしました。

自分のやりたいことを信じ、芯をぶらさない

ー半年間STARTUP STUDIOで活動してきて、いかがでしたか。何か大切にしたい点があれば教えてください。

島谷:まず一緒に挑戦をしてくれる熱量の高いメンバーに出会えることも大切ですが、色んな方からの意見やアドバイスを頂いて全部反映してしまうと、「結局何がやりたかったんだっけ?」となってしまうので、自分のやりたいことは信じて、芯の部分はぶらさずにやっていくことが大切だと感じました。

また、途中でやめてしまうのは本当にもったいないなと思いますので、思いついたアイデアは最後まで諦めずに挑戦し続ければ、何かしらの形になるんじゃないかなと思います。

ー島谷さんありがとうございます!これからもモノラボの活動楽しみにしております!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント