12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

最新記事

ITに強いオープンイノベーションといえば島根県。その事例と特徴

【オープンイノベーションコラム】 島根県は近年、ITとオープンイノベーションというイメージが浸透してきています。この記事では、具体的にどのような取り組みが行われているのかまとめました。 IT企業誘致で地域を盛り上げたい、IT企業と協業してオープンイノベーションに取り組みたいといった自治体にとって、島根県はぜひ参考にしたい県のひとつです。IT企業誘致に成功した事例を複数ご紹介していますので、取り入れられそうなアイデアを探しながらご覧ください。 #オープンイノベーション #ノウハウ #コラム #島根県 #大挑戦時代をつくる #Creww

【TechMagic×フジマック】ANAC羽田工場にて、食器自動仕分けロボット「finibo」の実証実験を開始

【オープンイノベーションニュース】 TechMagicとフジマックは、共同開発した食器自動仕分けロボットfiniboの実証実験を、ANAケータリングサービスの協力のもと2021年4月26日より開始し、今後の実運用を目指します。 #TechMagic #フジマック #食器自動仕分けロボットfinibo #実証実験 #Creww #大挑戦時代をつくる

関東経済産業局「REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020 成果発表会」前編 |地域企業とスタートアップが取り組む新たなイノベーション

関東経済産業局が地域企業とスタートアップの共創による新事業創出を目的に開催した、オープンイノベーションプログラム「REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020」。 本プログラムでは、長野県上田市のシナノケンシ、神奈川県相模原市の三友プラントサービス、滋賀県長浜市の大塚産業マテリアルの3社が、スタートアップ企業との共創を目指した。地域企業のビジョンやテーマに対して、延べ97件のスタートアップからの提案があり、書類選考や担当者同士のディスカッション、役員プレゼン等のフェーズを経て、最終的には6件の共創事例が生まれた。各事例については...

新しいスタートアップの在り方は出向起業!イノベーション事例を紹介

【スタートアップコラム】 経済産業省が勧める「出向起業」が注目されています。これまで日本では当たり前としてきた働き方やスタートアップの方法を刷新する「出向起業」。 しかし、まだまだ出向起業が浸透するまでに至っていないのが事実です。2021年2月現在、公募は一旦終了となっているものの、相談やサポートは続いており、再度募集が開始する可能性は高いといえるでしょう。 本記事で紹介する出向起業の概要やメリット、イノベーション事例などを参考に、出向起業について理解を深めていきましょう。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム #出向起業 #経済産業省 #大挑戦時代をつくる #Creww

DXを推進するチームビューワー、三菱電機にARリモート接続ソリューションを提供

【オープンイノベーションニュース】 リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewerは、中東欧地域で事業を展開する三菱電機ヨーロッパのポーランド支店が『TeamViewer』のARリモート接続ソリューションを採用したことを発表しました。三菱電機ヨーロッパが、産業用制御システム、駆動機器、ロボットなどを含む産業オートメーションのカスタマー・サポートにTeamViewerのソリューションを導入することで、チームビューワーは、より多くの製造現場におけるリモート化推進に貢献することになります。 #TeamViewer #三菱電機 #ARリモート接続ソリューション #Creww #大挑戦時代をつくる

1,000人超が応募!インド工科大学のトップエンジニア約40名が日本企業でオンライン インターン開始

【スタートアップニュース】 テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築するTech Japanは、インド工科大学(以下IIT)と連携し、日本企業が高度人材を獲得できるデジタルプラットフォームの実証を3月から開始し、2週間で800を超える応募を獲得しました。大学事情によるプラットフォーム外からの応募を合わせると1,000を超えました。多数の応募からプラットフォームを活用し選考を通過した約40名のIIT学生達が5月から7月頃にかけてオンラインで日本企業でのインターンシップに参加します。Tech Japanでは、日本企業によるインド人材採用およびDX化を更に推進していきます。 #スタートアップ #DX推進 #HRTech #実証実験 #インド工科大学 #IIT #オンラインインターン #TechJapan #SUKILLS #大挑戦時代をつくる #Creww

稲畑ファインテックとエリーの事例から読み解く「オープンイノベーションを成功に導く要素」

【オープンイノベーションコラム】 2019年、稲畑産業は「人と環境に優しい未来の快適なくらしと社会」を実現すべく、アクセラレータープログラムを実施。子会社の食品事業を営む稲畑ファインテックとの協業をスタートさせたのは、蚕による昆虫食を研究開発、生産、販売するスタートアップ・エリー。 2社はどういった協業を実現させているのか。経済産業省 北海道経済産業局とCrewwが共催した「北海道オープンイノベーションセミナー」で語られた内容をお届けします! #アクセラレータープログラム #北海道経済産業局 #稲畑産業 #エリー #昆虫食 #オープンイノベーション #Creww #大挑戦時代をつくる

FSX、総額17.5億の長期融資契約を締結|抗ウイルス・抗菌の衛生技術『VB』で新たな「おしぼり」の価値を創造

【スタートアップニュース】「おしぼり」のレンタル・企画開発を手がけるFSXは、商工組合中央金庫(八王子支店)をアレンジャーに、地域金融機関4行との協調融資によるシンジケートローン、及び日本政策金融公庫からの融資により、総額13億円の長期融資契約を締結しました。 #FSX #VB #Creww #大挑戦時代をつくる

Editor's Pick

AI学習データ作成の手伝いでポイントゲット!APTOがポイ活アプリ「harBest」をリリース

【スタートアップニュース】 クラウド上でAI開発、データ作成・登録、運用・評価ができるプラットフォーム「harBest」シリーズを提供する株式会社APTOは、AI学習データ(アノテーションデータ)の作成をクラウドワーカーが利用することができ、作業の内容に応じてポイントが貰えるポイ活アプリ「harBest(ハーベスト)」の提供を開始しました。 #スタートアップ #AI #harBest #ハーベスト #ポイ活 #アプリ #クラウドワーカー #APTO #大挑戦時代をつくる #Creww

訪日向けメディア「MATCHA」で、書道家 武田双雲氏の多言語連載がスタート!

【スタートアップニュース】 株式会社MATCHAは、自社メディア「MATCHA」にて、書道家・アーティストである武田双雲さんの多言語による連載をスタートします。MATCHAは会社のビジョンとして「日本の価値ある文化が時代とともに残っていく」を掲げています。本取り組みにより、日本の書が世界に広がっていくことを目指します。 #スタートアップ #MATCHA #武田双雲 #大挑戦時代をつくる #Creww

新しいスタートアップの在り方は出向起業!イノベーション事例を紹介

【スタートアップコラム】 経済産業省が勧める「出向起業」が注目されています。これまで日本では当たり前としてきた働き方やスタートアップの方法を刷新する「出向起業」。 しかし、まだまだ出向起業が浸透するまでに至っていないのが事実です。2021年2月現在、公募は一旦終了となっているものの、相談やサポートは続いており、再度募集が開始する可能性は高いといえるでしょう。 本記事で紹介する出向起業の概要やメリット、イノベーション事例などを参考に、出向起業について理解を深めていきましょう。 #スタートアップ #ノウハウ #コラム #出向起業 #経済産業省 #大挑戦時代をつくる #Creww

1,000人超が応募!インド工科大学のトップエンジニア約40名が日本企業でオンライン インターン開始

【スタートアップニュース】 テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築するTech Japanは、インド工科大学(以下IIT)と連携し、日本企業が高度人材を獲得できるデジタルプラットフォームの実証を3月から開始し、2週間で800を超える応募を獲得しました。大学事情によるプラットフォーム外からの応募を合わせると1,000を超えました。多数の応募からプラットフォームを活用し選考を通過した約40名のIIT学生達が5月から7月頃にかけてオンラインで日本企業でのインターンシップに参加します。Tech Japanでは、日本企業によるインド人材採用およびDX化を更に推進していきます。 #スタートアップ #DX推進 #HRTech #実証実験 #インド工科大学 #IIT #オンラインインターン #TechJapan #SUKILLS #大挑戦時代をつくる #Creww

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。

『SMBCスタートアップ支援プログラム』を5月7日より開始

株式会社三井住友銀行と、Creww株式会社は、『SMBCスタートアップ支援プログラム』を2020年5月7日より開始。スタートアップ企業のプロモーション支援、資金調達等をサポートしていく。