12.8 C
Japan
火曜日, 1月 18, 2022

最新記事

低糖質食を提供する「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が新メニュー「QBTドッグ」「フライドQBT」を販売開始!

【スタートアップニュース】株式会社DORAYAKIは、「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を使った新メニューの「QBTドッグ」と「フライドQBT」を一部店舗にて販売開始します。 #スタートアップ #FoodTech #フードテック #究極のブロッコリーと鶏胸肉 #低糖質食 #糖質制限 #DORAYAKI #大挑戦時代をつくる #Creww

フォースタートアップスが、JETROの 「日本におけるスタートアップエコシステムを海外に発信するための調査及び広報活動」に採択!

【オープンイノベーションニュース】成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、2021年12月に独立行政法人日本貿易振興機構から「日本におけるスタートアップエコシステムを海外に発信するための調査及び広報活動」に採択されました。 #フォースタートアップス #スタートアップエコシステム #JETRO #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

臨床支援アプリを提供する「HOKUTO」が、更なる医療への貢献を目的として、日本核医学会の賛助会員に!

【スタートアップニュース】臨床支援アプリHOKUTOを提供する株式会社HOKUTOは、更なる医療への貢献を目的として、一般社団法人日本核医学会の賛助会員になりました。 #スタートアップ #アプリ開発 #Healthtech #ヘルステック #HOKUTO #日本核医学会 #大挑戦時代をつくる #Creww

【有用成分の宝庫】カイコ原料供給事業を展開するMorusが資金調達を実施

【スタートアップニュース】Morusは、リードインベスターのANRI、サムライインキュベートからシードラウンドで第三者割当増資により5,000万円の資金調達を実施しました。調達した資金は、食・医療・飼料・化粧品等の分野で、プロダクト開発、カイコの品種改良の研究開発及び採用・組織体制の強化への投資が予定されています。 #Morus #ANRI #サムライインキュベート #資金調達 #Creww #大挑戦時代をつくる

初期費用0円でクリエイティブ制作から運用まで!完全成果報酬型のウェブ広告代理サービス「マジゼロ」リリース

【スタートアップニュース】リスティング広告からSNS広告、WEB広告の運用、クリエイティブ制作まで、一気通貫して支援を行う株式会社ALLIは、完全成果報酬型のウェブ広告代理サービス「マジゼロをリリースしました。 #スタートアップ #サービス開発 #ウェブ広告 #マジゼロ #ALLI #大挑戦時代をつくる #Creww

「Z世代が求める楽しいECサイトとは!?」awoo Japanがヤング日経にて放送予定の特別番組の事前公開収録をzoomで開催!

【イベントニュース】グローバルAIテックカンパニーのawoo Japan株式会社は、ヤング日経にて放送予定の特別番組「Z世代が求める楽しいECサイトとは!?」の事前公開収録を1月24日(月)にzoomにて開催します。ゲストにはコマースプロデューサー/Eコマース先生の川添 隆氏、ヤング日経水曜ラジオパーソナリティの齋藤 有紗氏が出演します。 #AI #DX #DX推進 #Z世代 #Eコマース #イベント #awooJapan #awooAI #スタートアップ #大挑戦時代をつくる #Creww

RelicホールディングスとCAMPFIRE、合弁会社「CAMPFIRE ENjiNE」を設立

【オープンイノベーションニュース】「CO-INNOVATION PLATFORM」をコンセプトに、挑戦者と共創するインフラとなり1,000の大義ある事業と事業家の創出を目指すRelicホールディングスは、国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREと、合弁会社「株式会社CAMPFIRE ENjiNE」を2022年1月4日に設立しました。今後CAMPFIRE ENjiNEでは、企業におけるクラウドファンディング事業の展開を促進すべく、双方のクラウドファンディングサポートの知見やアセットを活かしてSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の共同提供を開始します。 #Relicホールディングス #CAMPFIRE #CAMPFIRE_ENjiNE #クラウドファンディング #SaaS #Creww #大挑戦時代をつくる

Editor's Pick

挑戦者をサポートする企業だからこそ、心身共に健康で楽しく挑戦できる。そんな組織を作りたい。

【Crewwインタビュー】Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューを、ビジネスSNS「Wantedly」に公開しています。 今回のインタビュイー は、2021年8月にCrewwにCorporate Team(管理部門)執行役員としてジョインした金(キム)明正です。長いキャリアの中で人や組織作りに向き合ってきた金が、Crewwに対してどんな想いを持ってジョインしたのか、そしてこれから組織をどうしていきたいのかについて聞きました。 #インタビュー #Wantedly #大挑戦時代をつくる #Creww

【実態調査】21世紀型社会に求められるインタープレナー(越境人材)にとっての障害とは?

【スタートアップニュース】100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDRED株式会社は、21世紀型社会に求められるインタープレナー(越境人材)について、初の実態調査を行いました。その結果、約6割が「所属組織のルール・制度」がインタープレナーとして活動する上での障害と回答するなど、社会起点の目的を優先して行動するインタープレナーが活躍する環境を整備していく上での課題が明らかになりました。 #スタートアップ #スタートアップエコシステム #アクセラレーター #インタープレナー #実態調査 #越境人材 #SUNDRED #経済産業省 #大挑戦時代をつくる #Creww

【Z世代×地方創生】「藤枝市シティプロモーション動画」を全国の学生カメラマンと制作&公開!

【スタートアップニュース】株式会社うけざらは、Instagramで募ったZ世代の学生カメラマンと共に制作した「藤枝市シティプロモーション動画」を公開しました。 #スタートアップ #地域活性化 #Z世代 #地方創生 #藤枝市 #うけざら #大挑戦時代をつくる #Creww

「起業が目的」ではなくて「事業作りが目的」。事業の「ゼロイチ」を支援するやりがい。

【STARTUP STUDIOインタビュー】本記事は、Creww採用担当が、Crewwメンバーと社内の雰囲気を届けるインタビュー記事です。今回は、「日本に新しいチャレンジをするイノベーターを増やす!」という想いを胸に2020年11月に入社をし、日々「ゼロイチ」というものに向き合う、寺田 麗未さんにお話を伺いました。 #新規事業 #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

人気の記事

フードロスに取り組む通販モール「WakeAi(ワケアイ)」が株式会社WakeAiへ!

【スタートアップニュース】コロナ禍に直面する生産者・事業者のフードロス、食品ロス削減を促進し、SDGsの実現を目指す社会貢献型通販モール「WakeAi」が、InSync株式会社から会社分割、株式会社WakeAiとして開始します。 #FoodTech #フードテック #withコロナ #SDGs #組織改革 #WakeAi #ワケアイ #InSync #Creww #大挑戦時代をつくる

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)向けの補助金や助成金はある?種類と取得の流れを解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはデジタル技術の導入を通して働き方を改革し、企業の生産性や競合優位性を向上させる技術革新のことです。しかし、新たな技術を導入するためにはコストが発生するため、なかなかDXを導入するのは難しいと考える人もいるでしょう。 企業が導入コストを抑えつつDX導入を進めていく方法として、補助金や助成金の活用が挙げられます。補助金や助成金であれば自己負担を抑えつつ、DXの導入を早期に進めることが可能です。 そこで、今回はDX向けの補助金や助成金について紹介していきます。DX導入をコストを抑えて導入したいとお考えの場合はぜひご覧ください。

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。