12.8 C
Japan
土曜日, 7月 2, 2022

【ビットキー×佐川急便】オートロックマンションにて顔認証を活用した『置き配』実証実験を実施!

株式会社ビットキーは、佐川急便株式会社と東京都内のオートロックマンションにて置き配の実証実験を行いました。

「置き配」に関する社会的課題

近年、ECの利用増加に伴い宅配便の取り扱い個数が増加、配達員の業務負荷増大につながる高い再配達率が社会問題の一つとなっています。

この課題を解決する手段として従来主流であった「宅配ボックス」「コンビニ受け取り」に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うライフスタイルの変化により、新たな選択肢として「置き配」のニーズが高まっています。

置き配は非対面で配達することが主目的とされる一方で、入居者不在時のオートロック付きマンションでは実施できないことや、荷物を戸外に置くことによる盗難リスクなど、普及にあたっての課題が指摘されています。増加する宅配個数に耐えられる物流インフラと、再配達減少によるCO2排出量低下に加え、多様化する顧客ニーズにも応えられる置き配の実現が求められています。

ビットキーと佐川急便協業の背景

ビットキーはデジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」を開発し、認証技術を強みとして、スマートロックをはじめとした多様なビジネスを展開してきました。

「bitkey platform」を活用したスマートロックやhomehubは、製品やサービスとつながることで機能を拡張でき、すでに家事代行サービスの予約とカギが連動する機能なども提供しています。

また、物件の専有部向けだけではなく、マンションのオートロックエントランスに対応できるスマートロック「bitlock GATE」を提供しており、既に7700台以上を受注。オートロックのプラットフォーム構築に向けて不動産管理会社との連携を強化しています。

今回、佐川急便が実施した「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」*において、前述の同社独自の認証技術と多様な企業と連携できるコネクト技術が評価されたことから、安全性・利便性が求められるオートロックマンションへの再配達削減を目的とした本実験に至りました。

*  佐川急便の経営資源とスタートアップ企業が持つアイデアやノウハウを組み合わせ、新たなビジネスやサービスの共創を目指すプログラム。2020年9月に募集し、採択されたスタートアップと佐川急便が実証実験を進め、2021年3月に成果発表及び表彰式が行われた。

【佐川急便】オープンイノベーションによるスタートアップとの共創を、成功させる秘訣

2022年2月3日

本実験の概要

場所   :東京都江東区のオートロックマンション
期間   :2021年2月中旬〜3月上旬
実証内容 :新しい置き配実施における、課題の洗い出しと利用者のニーズの調査
事前設置物:オートロックエントランスのドアと連携したbitlock GATE
      顔認証を可能にする、bitlock GATEと連携したタブレット端末
      専有部向けスマートロックbitlock LITE*と置型のセキュリティカメラ*
      * 専有部の玄関内に配達する「ドアナカ」を希望した世帯に限り

本実験の流れ

1.     住民がECサイト(本実験では4社のECサイトに限定)で商品を注文

2.     ドアマエ(専有部玄関前)に配達する場合
・顔をカギとして事前登録した配達員が共用部のオートロックを通過
・注文者自宅の専有部玄関付近に配達

       ドアナカ(専有部玄関内)に配達する場合
・配達員の氏名や顔写真、配達日時を開示した上で、専有部玄関に設置したスマートロックbitlock LITEを解錠できる一時的なデジタルキーを注文者へ申請(リクエスト)し、許可を得る
・顔をカギとして事前登録した配達員が共用部のオートロックを通過
・注文者自宅の専有部玄関に設置したスマートロックbitlock LITEを解錠し、玄関「内」に配達。

3.     注文者へ配達完了通知を送付

【ドアナカ配達時】専有部のスマートロック解錠用デジタルキーの受け渡し方法

※本実験環境をもとにイラストで作成

今後の展開

今後は、本実験で見えた課題を解決するほか、更なるニーズの深堀やユーザーの声を吸い上げるべく、2021年秋頃に次回の実証実験を予定しています。これらの検証を通じ、両社では引き続きサービス化に向けた取り組みを進めてまいります。

bitlock LITEとは

スマートフォンや専用のリモコンキー「bitbutton(ビットボタン)」などで鍵の開け締めができるほか、スマートフォンアプリでは「人・時間・回数」などの制限付きデジタルキーを発行することが可能で、家族や配達員、家事代行スタッフが一時的に入室することもできま
bitlock LITE は2019年12月にスマートロック国内累計販売台数調査*でNo.1を獲得しています。
*株式会社日本マーケティングリサーチ機構 調べ

bitlock GATEとは

ビットキーが開発する電子制御ドア向けのスマートロックです。スマートフォンアプリから扉の鍵を簡単に開閉可能です。居住者が不在の場合でも、「人・時間・回数」などの制限付きデジタルキーを発行することで、配達員や、家事代行スタッフなどがスマホでオートロックのエントランスの鍵を開けることができます

homehubとは

人それぞれ快適な暮らしを送るために、暮らしとサービス/モノの間に存在する「分断」をなくし、新しいライフスタイルを実現させるためのコネクトプラットフォーム。ビットキーが提供するサービスやモノに限らず、他社の提供するサービスやモノとも連携が可能です。

また、IoT家電や、置き配・家事代行サービスなど自宅で利用するサービスだけでなく、地域の共有施設や街においても、モノやサービスを連携させることで、暮らしにおいて一貫した体験を得ることができます。

【株式会社ビットキー会社概要】

所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
代表者 :代表取締役CEO  江尻祐樹(えじり  ゆうき)
     代表取締役COO  福澤匡規(ふくざわ  まさき)
     代表取締役CCO  寳槻昌則(ほうつき  まさのり)
創業  :2018年8月1日
資本金 :9,036,920,300円(2021年4月28日時点 資本準備金を含む)
事業概要:デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発
     Home/Workspace/Experience領域のコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
     上記プラットフォームと連携するプロダクトおよび、サービスの開発・販売・運用
     ※「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント