12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

中堅中小企業が新規事業を成功させるポイントと成功事例を紹介

変化が激しい時代の中で、多くの企業が新規事業に取り組んでいます。しかし新規事業に挑戦した経験がないとどのように新規事業を成功させれば良いかわからない場合があるでしょう。
そこで今回は、中堅中小企業向けの新規事業を成功させるポイントや、新規事業の成功事例について解説していきます。
目次
・新規事業を成功させるためのポイント
・オープンイノベーションを導入する方法
・中小企業によるオープンイノベーションの成功事例
・オープンイノベーションによって新規事業を成功させよう

新規事業を成功させるためのポイント

まずは、新規事業を成功させるためのポイントについて解説していきましょう。

自社の強みや課題、外部環境の変化などを把握する

新規事業を成功させるためには、まず自社の状況と市場や競合の状況といった外部環境を把握する必要があります。多くの企業では新規企業に取り組む際に自社の状況だけを考慮し、自社の分析や外聞環境といった要素については検討しないケースがあります。

しかし、新規事業は製品やサービスのリリースがゴールではなく、リリースした製品やサービスが受け入れられ、新たな収益の柱に育つことがゴールです。そのため、新規事業に取り組む前にはきちんとマーケティングを行うことが重要です。

投入できるリソースを明確にし、戦略を立てる

マーケティングによって自社の強みや課題を把握したのち、新規事業に投入できるリソースを明確にします。投入可能なリソースは「ヒト・モノ・カネ」の経営資源ごとに検討しましょう。

新規事業を失敗する原因に「マンパワー不足」「費用の肥大化」などが挙げられるため、新規事業の規模感にあったリソースを投入できるように調整する必要があります。

投入できるリソースが明確になったら、新規事業のアイデアや構想を実際の製品やサービスに落とし込むための戦略を立てて、計画的にプロジェクトを推進していきましょう。

オープンイノベーションによって不足しているリソースを補う

中堅中小企業が新規事業に挑戦する場合、自社だけでは技術やアイデアが不足する場合があります。そもそも、新規事業に取り組みたいと考えても「何をすれば良いか分からない」とスタートの段階でつまずいてしまう可能性もあるでしょう。

このように技術やアイデアが不足している場合には「オープンイノベーション」によって技術やアイデアを外部から受け入れるのが効果的です。

オープンイノベーションとは、スタートアップ(ベンチャー企業)などの外部組織と連携して革新的な製品やサービスを開発する手法で、既に多くの大企業が取り組んでいるだけでなく先進的な中小企業でも導入が進んでいる概念です。リソースが不足している場合には、オープンイノベーションによって外部と連携することも検討しましょう。

オープンイノベーションを導入する方法

続いて、オープンイノベーションを導入する方法について紹介していきます。

オープンイノベーションプラットフォームを活用する

オープンイノベーションを始めるためには、まず連携するための外部組織とコンタクトを取る必要があります。しかし、革新的な製品やサービスを生み出すための協業先を見つけるためには独自のノウハウやコネクションが必要です。

スタートアップを始めとした外部組織との繋がりを持っていない場合には「オープンイノベーションプラットフォーム」を活用しましょう。オープンイノベーションプラットフォームとは、オープンイノベーションに取り組みたい企業と、様々な技術やアイデアを持つスタートアップをマッチングするための仕組みです。

オープンイノベーションを始めるためには、まずオープンイノベーションプラットフォームに登録し、どんな新規事業に取り組みたいかを整理して協業先を募集しましょう。

自社のニーズや提供できるリソースを提示して協業先を見つける

オープンイノベーションに取り組む場合、どんな新規事業に取り組みたいかを開示して協業先を見つけます。スタートアップなどの外部組織は提示されたニーズや提供できるリソースを見て、連携できるかどうかを判断します。自社のニーズやリソースは企業秘密ともいえますが、積極的に開示することが協業先を見つけるためのポイントです。

プロジェクトを進めていく

協業先が見つかったら、連携してプロジェクトを進めていきます。役割分担を明確にし、お互いの強みを活かして新製品やサービスを開発。自社だけでは開発できなかったような革新的な製品やサービスを協業先と開発することで、オープンイノベーションを成功させていきましょう。

中小企業によるオープンイノベーションの成功事例

最後に、中小企業がオープンイノベーションに成功している事例を紹介していきましょう。

スポーツデータバンク沖縄

スポーツデータバンク沖縄は、FC琉球など県内にあるスポーツチームや団体と連携してスポーツ指導のプラットフォームを立ち上げました。そこで実施されるコンテンツを県内だけでなく台湾やタイに展開し、参加者に対して県内企業がPRやサンプリングを行うビジネススキームを構築しました。

海外の参加者に対しては自治体が観光PRの舞台としても活用しており、オープンイノベーションの強みを活かして多種多様な業態の企業や組織と連携しています。

新日本法規出版

新日本法規出版はオープンイノベーションプラットフォーム「creww」の「アクセラレータプログラム」を活用してスタートアップを募集。法律分野におけるデジタル化を推進する「リーガルテック」の分野でスタートアップと協働し、新たなサービスをリリースしています。

今後も法律分野でのイノベーションを起こすために積極的にオープンイノベーションを活用していく予定です。

オープンイノベーションによって新規事業を成功させよう

変化の激しい時代の中で、中堅中小企業でも新規事業に取り組む事例が増えてきました。新規事業を成功させるためには、外部組織と連携して自社にない技術やアイデアを柔軟に取り入れることも重要です。

オープンイノベーションを始める際には、オープンイノベーションプラットフォームを活用して、自社のビジネスを成長させてくれる協業先を見つけていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント