12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

【相模鉄道・相鉄ホールディングス】相鉄本線 さがみ野駅の改札窓口において「字幕透明ディスプレイ」の実証実験

相鉄グループの相模鉄道は、「相鉄アクセラレータープログラム2021」で採択企業であるピクシーダストテクノロジーズとの協業の一環として、相鉄本線さがみ野駅の改札窓口内において、自動音声認識技術を活用し、リアルタイムに字幕表示する「字幕透明ディスプレイ」を使用した実証実験を開始しました。

すべての人が安心・快適に利用できる意思疎通環境の実現に向けて

相鉄グループの相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・千原 広司)では、2022年7月28日(木)から、相鉄本線 さがみ野駅の改札窓口内において、自動音声認識技術を活用し、リアルタイムに字幕表示する「字幕透明ディスプレイ」(以下、同システム)を使用した実証実験をスタートしています。

同システムは、駅を利用客のさらなる利便性・快適性の向上、また多言語(英語・中国語など70言語)に対応して、外国人利用客と円滑なコミュニケーションを図ることを目的に設置しています。
今後9月11日(日)まで「字幕透明ディスプレイ」の実証実験を行い、その後、9月12日(月)から23日(金)までは効果検証を目的として、通常ディスプレイを使用した実証実験を行う予定です。

この実証実験は、相鉄ホールディングス㈱(本社・横浜市西区、社長・滝澤 秀之)が実施する「相鉄アクセラレータープログラム2021」で採択された、ダイバーシティ&ヘルスケア領域での研究開発と事業化に取り組む、ピクシーダストテクノロジーズ㈱(本社・千代田区、代表取締役・落合 陽一、村上 泰一郎)と共創して行うものです。

今回設置された同システムは、ピクシーダストテクノロジーズ㈱が開発を進めているもので、透明ディスプレイの両側に、発言内容を字幕でリアルタイムに表示します。
日本語・英語間などの同時翻訳機能も備えている他、透明度の高いディスプレイは、相手の表情や身ぶりを見ながら会話をすることが可能です。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止策のマスク着用や間仕切りにより、窓口において声が聞き取りにくくなっていることの改善や、耳が不自由な方、ご高齢の方との円滑なコミュニケーションにもつながります。

今後も、実証実験を通して検討を行い、さらなるサービスの向上を目指す方針です。

「字幕透明ディスプレイ」(同時翻訳)

「字幕透明ディスプレイ」を用いた実証実験の概要

1.期間:2022年7月28日(木)~ 9月23日(金)
2.場所・時間:相鉄本線 さがみ野駅 改札窓口内 初電から終電まで
3.目的:会話を双方向かつ、リアルタイムに字幕表示をする「字幕透明ディスプレイ」を活用し、「すべての人が安心・快適に利用できる意思疎通環境の実現」に向けた実証実験を行います。

「字幕透明ディスプレイ」
  1. 内容
    さがみ野駅の改札窓口において、ピクシーダストテクノロジーズ㈱が提供する、リアルタイムで字幕を表示する「字幕透明ディスプレイ」を設置します。
    駅係員とお客さまの間は、透明なディスプレイを通して会話を行い、会話中にマイクで取得した音声は、音声認識エンジンにより、リアルタイムで字幕表示されます。

    話し手が自動音声認識の誤認識を確認できるよう、文字起こしの結果がディスプレイの両側に向けて表示されます。透明度の高いディスプレイにより、身ぶり手ぶりと文字の両方を確認しながら会話をすることが可能です。

    透明ディスプレイの効果を検証するため、通常のディスプレイでも同様の実証実験を行います。
    英語・中国語など70の言語に対し、同時翻訳機能を備えています。ただし、本実証実験では英語のみの対応となります。
    日本語の会話が難しい海外の利用客や耳の不自由な方、ご高齢の方との円滑なコミュニケーションを図ります。

    また、新型コロナウイルス感染拡大防止策のマスク着用や間仕切りにより、窓口において声の聞き取りにくさへの改善につながります。

    個人情報保護のため、音声変換、翻訳のデータログを残さない仕様となっています。
    実証実験終了後は、駅係員に対して同システムに関するアンケート調査を実施し、本格導入に向け効果検証を行います。

    ※本技術は、筑波大学Digital Nature Group(代表・落合 陽一准教授)の字幕表示に関する研究成果を応用したものです。
  2. 設置台数
    1台
  3. お問い合わせ
    相鉄お客様センター  電話 045-319-2111
    平日 9:00~19:00、土・休日 9:00~17:00

【参考】「相鉄アクセラレータープログラム2021」概要

鉄道、商業施設、住宅、スーパーマーケット、ホテルetc。“まちづくり会社”の相鉄グループと、未来の暮らし・移動の新しい価値を一緒に創造しませんか

2021年10月28日

『相鉄アクセラレータープログラム2021』採択スタートアップ企業決定!

2022年4月21日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント