12.8 C
Japan
月曜日, 9月 26, 2022

W TOKYO×フードテックキャピタル、 パーソナライズ可能な新スイーツブランドで革新的な購買体験を提供!

エンタメ業界にイノベーションを起こし続け、若年層から圧倒的な支持を得る史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」を企画/制作するW TOKYOとテクノロジーで食の未来をつくるパイオニア、フードテックキャピタルは、両社が誇る「食」「エンタメ」「テクノロジー」領域における強みを集結させ、テイスト・パッケージボトルをパーソナライズできる新スイーツブランド『col.a.fruits(読み方:カラフル)』をリリース。また、『col.a.fruits』の1号店として2022年9月4日(日)新宿マルイ 本館1階に新店舗がオープンします。

革新的な購買体験ができるパーソナライズフルーツドリンク『col.a.fruits(カラフル)』とは?

『col.a.fruits』は、フルーツを使用したパーソナライズドリンクブランドです。ドリンクには、フルーツラテとフルーツティーの2種類が用意されています。
自分の好みのフルーツを選び、甘さや氷の量などをカスタマイズすることができます。さらに、パッケージボトルには名前の印字が可能です。

色、メッセージ、ロゴイメージをパーソナライズして楽しむことができ、世界に一つだけのオリジナルドリンクを作ることができます。また、最新テクノロジーを導入し、革新的な購買体験を提供できることも『col.a.fruits』の魅力の一つです。

ユーザーはスマートフォンによる事前オーダーで簡単に注文を行うことができます。スマートフォン上でパーソナライズしたドリンクは、店舗に設置してあるロッカーにてQRコードをかざすことで受け取ることができます。

ロッカーはサイネージ加工されており、ユーザーがパーソナライズしたラベルイメージが映像として映し出される仕組みになっており、あなたのためだけに演出された店舗体験を楽しむことができます。決済もスマートフォンで完結するので店舗で対面でのお支払いをする必要がありません。店内には、さまざまなフォトスポットも設置予定。受け取った商品を持っておしゃれな写真を撮って楽しむこともできます。

パーソナライズした世界に一つだけのオリジナルフルーツドリンク

今回のオープンに際して、用意されるフレーバーは全14種です。ミルクを使用するフルーツラテには、ストロベリーやマンゴーやメロンなど合計7種。厳選した果物と紅茶をブレンドしたフルーツティーはピーチ&グァバティーやライチ&アップルティーやブルーベリーティーなど合計7種。販売価格は920円〜1,050円で、ラベルへのスタンプやメッセージの挿入はオプションメニューとなります。

【ご注文方法】
Step 1
来店前にPC・スマートフォンから注文ページへアクセス。注文サイトで、お好みのベースドリンク(フルーツティー、フルーツラテ)、テイスト(甘さ)、フルーツを選択。パッケージボトルに印字する名前、スタンプ、メッセージまで、フルカスタマイズ可能
Step 2
注文サイト内でキャッシュレス決済。非接触で完結
Step 3
店舗でドリンクが用意されれば、メールで出来上がりをお知らせ
Step 4
店舗にある受け取りロッカーにQRコードをかざしてピックアップ。注文時にカスタマイズした内容が、映像イメージとしてデジタルサイネージに映し出されます。

『col.a.fruits』は、地域活性やSDGsの活動も視野に

昨今、若者の牛乳離れが顕著に現れていると言われていることに加え、コロナの影響で需要と供給のバランスが合わず、乳製品の余剰在庫問題が発生しています。本ブランドの展開については、農林水産省からも賛同を得て、W TOKYOが得意とする若年層の方々に自然に牛乳やフルーツを摂取してもらえるよう促す取り組みを実施しています。
例えば、TGC当日にはバックヤードのケータリングエリアに「カラフル」の機械を設置し、出演者向けに提供を行います。また、今後は東京開催・地方開催にて、来場者向けの体験機会創出も予定しています。
また、W TOKYOが2015年より実施している全国各地でTGCを実施する『TGC地方創生プロジェクト』を活用し、実施する地域の産物で造る限定フレーバーの生産も予定。地域の6次産業化を目指します。また、余剰ぎみの牛乳を活用することで、フードロスの削減に貢献するなどSDGsの推進にも力を注いでいく意向です。

【店舗情報】
店舗名称: col.a.fruits (読み方:カラフル)
オープン日:9月4日(日)11:00~20:00
場所:新宿マルイ 本館1階
住所:東京都新宿区新宿3丁目30−13
アクセス:東京メトロ 新宿三丁目駅 約1分、都営地下鉄 新宿三丁目駅 約2分、JR新宿駅 約5分
営業時間:11:00~20:00
ウェブサイト:https://col-a-fruits.com
公式Instagram:https://www.instagram.com/col.a.fruits/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@colafruits
公式Twitter:https://twitter.com/colafruits

col.a.fruitsとは・・・

col.a.fruitsは、カラー(color)&フルーツ(fruits)。「カラー」には、あなた自身やあなたが好きなものを表現するという想いが込められています。スマホから、ドリンクのフルーツ・ベース・味・ボトルデザインを自由にカスタマイズして楽しむことができます。
お店では、顧客が選んだカラーやスタンプ、メッセージがサイネージに映し出されます。フルーツから選ぶもよし、カラーから選ぶもよし。オリジナルのドリンクと空間をつくりあげることが可能です。

フードテックキャピタルについて

飲食業界のプロ、テクノロジーのプロ、ビジネスのプロが三位一体となって飲食業界を変革すべく創設。フードテックキャピタルのミッションは、「テクノロジーで食の未来をつくる」です。テクノロジーとデザインを融合し、30年後の日本の食がより良いものとするために、飲食店向けSaaSプロダクトの開発や、新しい飲食店のDX業態開発事業を推進しています。

社名株式会社フードテックキャピタル
所在地〒107-0061 東京都港区北青山2丁目12番15号 G-FRONT青山9階
代表者鈴木 大徳
事業概要DX業態開発事業、フードデリバリーサービス注文一元管理SaaS『delico』の開発・提供
URLhttps://foodtech-capital.com/

W TOKYOについて

2005年8月から年2回開催している東京ガールズコレクションの企画・制作会社。2015年に国連の友Asia-Pacificと連携し、2018年5月にはニューヨーク国連本部でSDGsをテーマとしたファッションショーの実施や、国内においては、2015年に「TGC地方創生プロジェクト」を立ち上げ、北九州市や静岡市などの地方都市でのTGCを開催し、地方創生に寄与するとともに、積極的にSDGs推進に向けた取組みを行っています。

社名株式会社W TOKYO
設立2006年05月
所在地東京都渋谷区神宮前5-28-5 W Building
代表者村上 範義
事業概要TGC等イベントの企画・制作・運営事業、メディア事業、プロモーション事業 など
URLhttps://www.w-tokyo.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント