12.8 C
Japan
火曜日, 1月 18, 2022

協業で四角い頭を丸くする。既存事業の「飛び地」を狙った新規事業を形にしたい|アネスト岩田のオープンイノベーション

日本の塗装用機械器具や空気圧縮機を90年以上リードし続けてきたアネスト岩田。世界初となる製品をいくつも開発してきた同社は、世界20カ国以上の拠点と1700名を超える従業員、そして35社のグループ会社を持つ企業へと成長を続けている。そんな同社が、2020年から初めて導入したのがCreww(クルー)のアクセラレータープログラムだ。既存事業とのシナジーだけでなく、「飛び地」での新規事業の可能性を探るための取り組みを進めている。具体的に、何が生まれようとしているのか。スポーツ領域のスタートアップ「KuruSPO(クルスポ)」との協業を進めている、デジタルマーケティングチームの小針一晃氏に話を聞いた。

アネスト岩田のイノベーションを牽引するイントレプレナー

―小針さんがアネスト岩田に入社したきっかけと、どのような仕事をされているのかを教えてください。

私は学校を卒業後、プリンター関係の製造業で4年ほど働いていました。しかし、リーマンショックで会社の経営が悪化し、早期退職を余儀なくされてしまったのです。

そこで転職活動を始めると、人材紹介のエージェントから強くお勧めされたのが、アネスト岩田でした。もともとアネスト岩田の製品は扱っていて馴染みもあったので、お勧めされたまま面接に行くと、かなり好印象だったんですね。

そのまま入社が決まり、後日エージェントから聞かされたのは「実はアネスト岩田で人事をしていた」という話。「アネスト岩田のカルチャーは熟知しているから、小針さんにぴったりだと思った」と言ってくれて、とてもご縁を感じました。

現在は入社7年目で、6年ほど品質保証を担当し、2020年3月に品質保証との兼務でアクセラレータープログラムのブラッシュアップ担当に指名されました。6月にデジタルマーケティングに異動して現在に至ります。

スプレーガンの世界シェア2位を誇る「アネスト岩田」が、共創スタートアップ企業を大募集!|アネスト岩田アクセラレーター2020

スプレーガンの世界シェア2位を誇る「アネスト岩田」が、共創スタートアップを大募集!|アネスト岩田アクセラレーター2020

2020年3月23日

どこに行っても通用する力を身につけたい

―全く違う職種への異動と、アクセラレータープログラム担当の指名の時期が近いですが、両立は大変ではなかったですか?

いえ、むしろ嬉しかったです。実は今、通信制大学の3年生でもあって、経営やマネジメントを学んでいるんです。というのも、前職で早期退職を経験して「社内だけで通用するスキルを持っていても、外に出たら通用しない」「スキルを一つしか持たないのは怖いことだ」という危機感を持っていたから。

「どこに行っても通用する力を身につけたい」と思って起こした行動が、デジタルマーケティングの仕事に生きていますし、さらにスタートアップと共創するアクセラ担当にも指名されて、とてもありがたい成長の機会だと思っています。

コンディションを良くする運動の文化を広めたい

―今回、アクセラレータープログラムのブラッシュアップ担当として、どのようなことをしたのか、またスタートアップとのオープンイノベーションで何を生み出したいと思ったのかを教えてください。

50社以上の応募があったのですが、ブラッシュアップ担当はそれぞれに協業したいスタートアップを選んで、プロジェクトを進めています。

そのなかで私が選んだのは、スポーツやトレーニングイベントの検索・参加ができるプラットフォームを運営する、「KuruSPO(以下、クルスポ)」というスタートアップです。提案は、「健康経営をスポーツで実践しませんか」というもの。

ちょうど、アネスト岩田は経済産業省の「健康経営優良法人」のホワイト500に認定されることを目指して、健康に関する制度や取り組みを充実させています。加えて、私自身筋トレが好きで、運動する文化を広めたいという思いがありました。

会社にはフットサルコートもありますが、人数を集める必要があるので頻繁に開催することはできません。だけど、社内にあるジムに1人でもフラッと行けば、ジム内での活発なコミュニケーションが生まれるし、コンディションも良くなります。だから、どうにか広められないかと考えていたんです。

会社が目指している方向性と、私の思いが合致して、ぜひクルスポと協業したいと思いました。

企業向けの運動支援サービス、コンサルティングサービスを目指す

―自分ごと化できるテーマだったのですね。具体的に、どのような実証実験に取り組んでいるのでしょうか。

社員20人にモニターになってもらって、運動習慣をつけるための実証実験を行っています。具体的には、「1日10分のトレーニング動画」を配信し、週1回40分間の「オンライングループレッスン」を実施。

さらに、ウェアラブルデバイスで1日の運動量や睡眠時間と質を計測して、パーソナルトレーナーが改善のためのアドバイスをしたり、栄養士さんがおすすめの食事メニューを伝えるサービスを導入したりしています。

クルスポが協業しているパーソナルトレーニングの知見やサービスを取り入れて、企業向けサービスとして成り立つかを検討しているのです。

ただ、従来の運動はプライベートな時間で行われるものであり、会社として強制はできないので、これを全社員に展開しても使われないかもしれない、またコストもかかるのでサービス化は難しいかもしれないと思うように。そこで、新しい実証実験として、オフィスでできる運動をテーマにした新規事業の検討も開始しました。

企業が従業員の運動を支援する、と聞くと不思議な感じですが、肩こりや腰痛など体の不調による仕事のパフォーマンス低下は生産性の低下と直結しています。
運動は生産性向上のための手段のひとつであり、企業が生産性向上を目的として従業員の運動習慣化を支援することは今後一般的になると考えています。

クルスポの知見やサービスを活用して、企業向けの運動支援サービス、もしくはコンサルティング事業を実現できたらいいなと思っています。

いつの間にか、ブレーキをかけていた自由な発想

―スタートアップや他社と協業したことで得られた気づきはありましたか?

スタートアップの皆さんが、自由な発想でいろんなアイデアを出す様子を見て、気づかないうちに、自分の頭が固くなっていたことに気付かされました。組織の一員として働くうちに、実現可能性が低いと思ったアイデアは発言しなくなり、いつの間にか考えることすらやめてしまっていたのだな、と。

もっと自由に発想していいはずなのに、なぜ自分の中でブレーキをかけていたのかを問うきっかけにもなり、四角い頭が丸くなっていくのを感じました。加えて、スタートアップのスピード感は見習うべきだとも思いましたね。

普段の仕事は、既存の事業に何かを足す、もしくは何かを変えることしかなかったけれど、今回、初めてゼロからビジネスを考える経験を積んで、自分に足りないことが明確になりました。その機会を得られて本当にラッキーだと実感しています。

アネスト岩田は、今後もスタートアップをはじめ、他社との協業の継続を決めているので、会社にとって有益な人材として貢献し、社会に価値を提供する存在になるためにも、今後も新規事業の創出やスタートアップとの協業には挑戦し続けるつもりです。そして、いつかは自分で事業を興したいと考えています。

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

2021年3月23日
社名アネスト岩田株式会社
設立1926年5月
資本金33億5,435万円
代表者壷田 貴弘(つぼた たかひろ)
事業概要空気圧縮機(エアーコンプレッサ)、真空機器、塗装機器・設備並びに液圧機器・設備の製造・販売
URLhttps://anest-iwata.co.jp
Facebook コメント
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント