12.8 C
Japan
金曜日, 6月 25, 2021

メガトレンドはDX強化!新規事業創出と既存事業進化への活用がカギ

現代社会では人々の消費行動やライフスタイルがめまぐるしく変化しており、企業にも変化が求められています。その中で注目を集めているのが、デジタル技術を用いた「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。
しかし、まだ事業に取り入れることが出来ずに悩んでいる企業も多いでしょう。本記事では、DXの意味やこれからのビジネスに必要な理由や導入の進め方について解説します。

DXの定義と意味

ビジネスモデルの変革や新規事業を立ち上げる企業が増えている背景には「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」という言葉があります。まずは、重要性を増しているDXの定義と意味について紹介します。

広義では「デジタル技術で生活を豊かにする」

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。「進化し続けるデジタル技術を人々の生活に浸透させることで、あらゆる面でより良い影響を与える変化のこと」を指しており、とても広い概念で捉えています。

ビジネスシーンでも、デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉を使うことが多くなってきました。広い概念で影響し、人によって定義や意味が異なる場合があるため注意が必要でしょう。

狭義では「デジタル技術で企業が競争優位性を確立する」

経済産業省では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を以下のとおり、定義しています。

【引用】
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」
参照:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン

日本のビジネスシーンでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を「競争優位性の確立」を目的とする場合が多いです。デジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革し、価値提供の方法を抜本的に変える取り組みといえます。

DXが新規事業創出に必要な理由

続いて、デジタルトランスフォーメーション(DX)がこれからの新規事業の創出に必要な理由について説明します。

消費者の行動が変容し既存事業では対応できない

1つ目の理由は「消費者の行動が変容し既存事業では対応できない」からです。今ではインターネットに繋ぐだけで、商品購入やお店の予約、家電の遠隔操作までできる時代になりました。

人々の行動がスマートフォンなどの普及によって大きく変化し、消費行動さえも変えたのです。デジタル技術によって変化したこの時代には、もはや既存事業のノウハウのみでは変化に対応できないでしょう。

変化に対して柔軟に対応するためにも、デジタル技術を活用した新規事業は必要不可欠です。

デジタルをベースとした新規市場が生まれる

2つ目は「デジタルをベースとした新規市場が生まれること」です。デジタル技術の浸透により「モノ」から「コト」、「所有」から「共有」へと消費者の行動は大きく変化しました。

顧客ニーズの変化は新たな市場が生み出します。既存のビジネスをデジタルベースに刷新できるかどうかが、企業存続のカギとなるでしょう。

DXで既存事業進化させるための進め方

デジタルトランスフォーメーション(DX)で既存事業を進化させるには、3つのフェーズに分けて進める必要があります。それぞれのフェーズの特徴について見ていきましょう。

部分的にデジタル化を推進する導入期

既存事業の業務フローを部分的にデジタル化し、業務効率化を図るのが「導入期」です。しかし、導入期は変革への社内抵抗や社員のデジタルリテラシーの不足などが影響し、なかなか進まないこともあるでしょう。

そこで重要なのが、経営陣がデジタル化後の経営戦略やビジョンを明確に持ち、社内に共有することです。また、組織としてDX部門を設立したり、外部のパートナーと連携したりすることでDX化のスピードを更に加速することができるでしょう。

デジタルと既存事業を組み合わせる融合期

デジタルと既存事業を組み合わせるフェーズを「融合期」といいます。日々の業務をデジタル化して、コスト構造自体を見直していくのです。

既存事業にも大きな変化を求める必要があり、変革に伴う人の問題などが噴出する可能性がある時期ともいえます。

組織構造自体を変革する編成期

融合期で変革した既存事業だけでなく、全事業を変革していくフェーズを「編成期」といいます。組織や利益構造など、企業の根幹から刷新していくことになるでしょう。

また、DX化によって進化させた既存新事業は市場にも大きな影響を与えるかもしれません。そこで起きた問題や課題に対してトライアンドエラーを繰り返しながら更に変革していくことが重要です。

ポストコロナのメガトレンドは「DX強化」

日本は世界に比べてデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅れているとされています。その重要性を理解しながらも実際には取り組めていない企業が多いのも事実です。

しかし、新型コロナの影響によって、デジタル化が遅れている企業は大きなダメージを受けました。企業が今後のアフターコロナの時代で勝ち抜くためには「デジタルトランスフォーメーション(DX)の強化」は必須なのです。

まずは、「できること」から始めて、デジタル化に向けスタートしなければなりません。自社に合った施策でビジネスを変革していきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント