12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

YJキャピタルとLINE Venturesが合併!Z Venture Capitalとして事業開始

Zホールディングス株式会社の連結子会社である、YJキャピタル株式会社とLINE Ventures株式会社は、YJキャピタル株式会社を承継会社とする合併を行い、Z Venture Capital株式会社に商号変更し、新たに事業を開始します。

Z Venture Capital誕生の背景

 2021年3月1日に、Zホールディングス株式会社 (以下、ZHD)とLINE株式会社の経営統合が完了し新体制に移行したことに伴い、双方のコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)である、YJキャピタル株式会社(以下、YJC)とLINE Ventures株式会社(以下、LV)を合併し、両社の投資機能・活動を承継会社であるZ Venture Capital株式会社(以下、ZVC)に統合しました。

 CVC機能の統合に伴い、ZVCの日本国内投資および、韓国・米国・中国・東南アジアなどのグローバル投資ファンドとして、新たに300億円の新ファンド「ZVC1号投資事業組合」が組成され、日本最大級のCVCとなりました。

 ZVCは日本国内のみならずグローバルで投資活動を行い、スタートアップの企業価値最大化とともに、ZHDグループ企業とスタートアップの双方にメリットをもたらすwin-winな事業連携機会の創出を目指していきます。

 <Z Venture Capital コーポレートサイトURL>

日本語サイト:https://zvc.vc/
英語サイト:https://zvc.vc/en/

<Z Venture Capital株式会社 代表取締役社長 堀 新一郎のコメント>

Yahoo! JAPANのCVCとLINEのCVCが一つになります。スタートアップの皆さんに成長資金とZHDグループのエコシステム(※)へのアクセスを提供することで、一緒にサービスを進化させ、明日の社会をより良くしていきたいです。ZHDと未来をともに創るパートナーとして、新生ZVCにご期待ください。

※ 互いの技術や資本を生かしながら共存共栄を目指していく仕組み

投資領域について

【国内投資

新生ZHDはデータやAI技術を掛け合わせ、新たな価値やシナジーを強固に創出し「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」の実現を目指します。

ZVCはZHDの中核事業であるコマース、メディア、フィンテックの3領域に加えて、ヘルスケア、サイバーセキュリティ、B2B ソフトウエア領域などにも積極投資を行います。特に、創業間もないシード期のスタートアップから、事業の拡大フェーズに入ったミドルからレイター期のスタートアップまでオールステージで投資活動を行うことで、投資先の継続的な成長支援に注力していきます。

さらに、投資先企業とZHDグループ企業との事業連携機会の創出や投資先企業の海外展開の支援を行っていきます。

グローバル投資

韓国、東南アジア、米国、中国での投資活動を推進し、各国の市場動向に応じて、フレキシブルな投資を行っていきます。まずはコンシューマー向けサービス、eコマース、フィンテック、O2O/モビリティ領域に注力して投資活動を行います。

さらに、投資先のスタートアップに対しアジア進出への支援を行うために、AI、ロボティクス、ブロックチェーンを含むディープテック(研究結果などにより裏打ちされた深い技術)などの分野でフロンティア市場の米国などを開拓します。加えて、韓国や日本をはじめとした事業のグローバル展開を支援していきます。

スタートアップ支援について

1.事業提携機会の創出
ZHDグループが提供するサービスとスタートアップとの連携機会を創出するために、ピッチイベントの開催や1on 1で担当者との面談機会を提供していきます。

2.ノウハウ共有
ZHDグループの持つ、メディア、コマース、フィンテックといった広範囲にわたる事業や技術のノウハウを提供していきます。

3.プロダクト導入支援、マーケティング活動の支援
ZHDグループ企業に対する、プロダクト提案の機会を設けます。

4.海外展開支援
ZHDグループがサービスを提供する約230の国と地域に広がるネットワークにより、スタートアップの海外進出をサポートします。

Z Venture Capitalの経営体制

代表取締役社長:堀 新一郎(ホリ シンイチロウ、旧YJキャピタル株式会社代表取締役)
取締役会長:黄 仁埈(ファン インジュン、Zホールディングス株式会社専務執行役員 CGIO、旧LINE Ventures株式会社代表取締役)
取締役 COO:都 虎吉(ドー ホーギル、旧YJキャピタル株式会社取締役)
取締役:崔 ボラ(チェ ボラ、Zホールディングス株式会社執行役員 Global事業投資統括部)

【Z Venture Capital株式会社について】

Z Venture Capital株式会社の前身である、YJキャピタル株式会社は2012年8月に設立、2021年4月にLINE Ventures株式会社と合併し、Z Venture Capital株式会社に商号変更しました。Zホールディングス株式会社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)として、将来性のあるスタートアップの支援をグローバルで行っています。

【Zホールディングス株式会社について】

Zホールディングス株式会社は、1996年4月1日にサービスを開始したヤフー株式会社をはじめ、2021年3月1日に経営統合したLINE株式会社などを傘下に抱える持株会社です。「UPDATE THE WORLD 情報技術のチカラで、すべての人に無限の可能性を。」をミッションに、Zホールディングスグループでは、eコマース、検索・ポータル、メッセンジャー、フィンテックなど、約230の国と地域で事業を展開しています。国内では、200を超えるサービスを提供し、総利用者数は約3億にのぼる、日本最大級のインターネットサービス企業群です。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント