12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

YJキャピタルとLINE Venturesが合併!Z Venture Capitalとして事業開始

Zホールディングス株式会社の連結子会社である、YJキャピタル株式会社とLINE Ventures株式会社は、YJキャピタル株式会社を承継会社とする合併を行い、Z Venture Capital株式会社に商号変更し、新たに事業を開始します。

Z Venture Capital誕生の背景

 2021年3月1日に、Zホールディングス株式会社 (以下、ZHD)とLINE株式会社の経営統合が完了し新体制に移行したことに伴い、双方のコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)である、YJキャピタル株式会社(以下、YJC)とLINE Ventures株式会社(以下、LV)を合併し、両社の投資機能・活動を承継会社であるZ Venture Capital株式会社(以下、ZVC)に統合しました。

 CVC機能の統合に伴い、ZVCの日本国内投資および、韓国・米国・中国・東南アジアなどのグローバル投資ファンドとして、新たに300億円の新ファンド「ZVC1号投資事業組合」が組成され、日本最大級のCVCとなりました。

 ZVCは日本国内のみならずグローバルで投資活動を行い、スタートアップの企業価値最大化とともに、ZHDグループ企業とスタートアップの双方にメリットをもたらすwin-winな事業連携機会の創出を目指していきます。

 <Z Venture Capital コーポレートサイトURL>

日本語サイト:https://zvc.vc/
英語サイト:https://zvc.vc/en/

<Z Venture Capital株式会社 代表取締役社長 堀 新一郎のコメント>

Yahoo! JAPANのCVCとLINEのCVCが一つになります。スタートアップの皆さんに成長資金とZHDグループのエコシステム(※)へのアクセスを提供することで、一緒にサービスを進化させ、明日の社会をより良くしていきたいです。ZHDと未来をともに創るパートナーとして、新生ZVCにご期待ください。

※ 互いの技術や資本を生かしながら共存共栄を目指していく仕組み

投資領域について

【国内投資

新生ZHDはデータやAI技術を掛け合わせ、新たな価値やシナジーを強固に創出し「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」の実現を目指します。

ZVCはZHDの中核事業であるコマース、メディア、フィンテックの3領域に加えて、ヘルスケア、サイバーセキュリティ、B2B ソフトウエア領域などにも積極投資を行います。特に、創業間もないシード期のスタートアップから、事業の拡大フェーズに入ったミドルからレイター期のスタートアップまでオールステージで投資活動を行うことで、投資先の継続的な成長支援に注力していきます。

さらに、投資先企業とZHDグループ企業との事業連携機会の創出や投資先企業の海外展開の支援を行っていきます。

グローバル投資

韓国、東南アジア、米国、中国での投資活動を推進し、各国の市場動向に応じて、フレキシブルな投資を行っていきます。まずはコンシューマー向けサービス、eコマース、フィンテック、O2O/モビリティ領域に注力して投資活動を行います。

さらに、投資先のスタートアップに対しアジア進出への支援を行うために、AI、ロボティクス、ブロックチェーンを含むディープテック(研究結果などにより裏打ちされた深い技術)などの分野でフロンティア市場の米国などを開拓します。加えて、韓国や日本をはじめとした事業のグローバル展開を支援していきます。

スタートアップ支援について

1.事業提携機会の創出
ZHDグループが提供するサービスとスタートアップとの連携機会を創出するために、ピッチイベントの開催や1on 1で担当者との面談機会を提供していきます。

2.ノウハウ共有
ZHDグループの持つ、メディア、コマース、フィンテックといった広範囲にわたる事業や技術のノウハウを提供していきます。

3.プロダクト導入支援、マーケティング活動の支援
ZHDグループ企業に対する、プロダクト提案の機会を設けます。

4.海外展開支援
ZHDグループがサービスを提供する約230の国と地域に広がるネットワークにより、スタートアップの海外進出をサポートします。

Z Venture Capitalの経営体制

代表取締役社長:堀 新一郎(ホリ シンイチロウ、旧YJキャピタル株式会社代表取締役)
取締役会長:黄 仁埈(ファン インジュン、Zホールディングス株式会社専務執行役員 CGIO、旧LINE Ventures株式会社代表取締役)
取締役 COO:都 虎吉(ドー ホーギル、旧YJキャピタル株式会社取締役)
取締役:崔 ボラ(チェ ボラ、Zホールディングス株式会社執行役員 Global事業投資統括部)

【Z Venture Capital株式会社について】

Z Venture Capital株式会社の前身である、YJキャピタル株式会社は2012年8月に設立、2021年4月にLINE Ventures株式会社と合併し、Z Venture Capital株式会社に商号変更しました。Zホールディングス株式会社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)として、将来性のあるスタートアップの支援をグローバルで行っています。

【Zホールディングス株式会社について】

Zホールディングス株式会社は、1996年4月1日にサービスを開始したヤフー株式会社をはじめ、2021年3月1日に経営統合したLINE株式会社などを傘下に抱える持株会社です。「UPDATE THE WORLD 情報技術のチカラで、すべての人に無限の可能性を。」をミッションに、Zホールディングスグループでは、eコマース、検索・ポータル、メッセンジャー、フィンテックなど、約230の国と地域で事業を展開しています。国内では、200を超えるサービスを提供し、総利用者数は約3億にのぼる、日本最大級のインターネットサービス企業群です。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント