12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【EdTech】ワンダーラボが旺文社ベンチャーズ、EduLab Capital Partnersから資金調達!

子ども向けアプリ・タブレット教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社は、株式会社旺文社ベンチャーズ、および、株式会社EduLabのグループファンドであるEduLab Capital Partnersがそれぞれ運営するファンドを引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。

ワンダーラボ 資金調達の背景

ワンダーラボは、STEAM教育領域の子ども向けデジタル教材の開発・運営を手がけるEdTech(教育テック)分野のスタートアップです。思考力育成アプリ「シンクシンクは、150か国延べ150万人に利用されており、学力・非認知能力の両面に効果があることが実証実験で明らかになっています。STEAM教育領域の通信教育「ワンダーボックスも、これまでにないデジタルとリアルを組み合わせた教材として、昨年のリリースから好評を得ています。

プログラミング教育の必修化など、ここ数年で大きな盛り上がりを見せている教育のオンライン化に加えて、新型コロナウイルスの影響が続く状況下、家庭学習を含めて、デジタル化へのニーズはさらに高まっています。
また、学習指導要領に規定された教科学習のみならず、AIが台頭する新しい時代に向けて、非認知能力にも注目が高まり、課題解決型の教育、STEM / STEAM教育の推進が進められています。

EdTech分野では、マシンラーニングなどを用いた学習の効率化・最適化にスポットライトがあてられてきましたが、私たちは、「子どもの『知的なわくわく』を引き出す」ことにこそ、その時代の最高の技術や知見を活用して参ります。

今回の株式会社旺文社ベンチャーズ、EduLab Capital Partnersからの資金調達、および、2020年7月に実施した株式会社小学館からの資金調達を経て、3社からの合計調達額は3.1億円となります。

ワンダーラボ 資金調達の目的

今回調達する資金は、主にプロダクトの開発体制の整備や人材採用、プロモーションに投資し、成長を加速させていきます。また、海外展開に向けた調査・体制整備も積極的に行ってまいります。

投資家からのコメント

株式会社旺文社ベンチャーズ マネージングパートナー 粂川 秀樹 様

STEAM領域や非認知能力の向上が、解決すべき課題として国内外でクローズアップされています。非認知能力の土台であるモチベーションや意欲を刺激する手法は様々なものがありますが、ワンダーラボ様のアプローチは、子どもが自ら学びたくなる「知的なワクワク」をプロダクトを通じて「内発的」に刺激するという点で非常にユニークであると考えています。ワンダーラボ様の事業成長に伴って、知的に躍動する子供たちが世界中に増えていく未来を期待しています。

株式会社EduLab 取締役副社長兼COO 和田 周久 様

「人の学びを科学する」をミッションとする我々 EduLabグループにとって、子どもの発達に影響を及ぼす人生早期に培われる「非認知的」要素に関する評価、測定、育成は大きな関心領域です。ワンダーラボの「世界中の子どもたちから”知的なわくわく”を引き出す」という野心的なミッションに大きな期待を寄せるとともにわくわくを感じます。この度の資本提携を機に、世界共通の一大関心分野であるこの領域に踏み出すお手伝い、共に学べることを楽しみにしております。

ワンダーラボ 会社概要

ワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップです。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しており、国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修している、STEAM/STEM教材・思考力教材製作のパイオニアです。

2017年にリリースした思考力育成アプリ「シンクシンク」は、日本e-Learning大賞 Edtech特別賞受賞、海外でGoogle Play Awards 2017/2019 TOP5選出など、国内外で高い評価を得ています。同アプリは抽象思考の基礎となる思考センスを育てる問題を多数収録し、世界中に配信しており、JICA・慶應義塾大学との実証実験では、学力・非認知能力の両面に高い効果が確認されています。

また、三重県と「教育振興のための包括協定」を締結し、2018年度より、同県全土への教材提供やアドバイスを行っている他、カンボジアではJICA・政府との協働案件として同国への思考力教育の導入を推進するなど、国内外で官学と連携した取り組みを行っています。

2018年11月には、世界最大の教育ベンチャーのコンペ「Global EdTech Startup Awards (GESA)」の日本予選にて最優秀賞を受賞。また、SXSW EDUなど、世界的な教育フォーラムに日本代表として出展、登壇などを行なってきた実績があります。

2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表しました。同年7月、小学館株式会社を引受先とした第三者割当増資を実施しています。

ワンダーラボ株式会社
https://wonderlabedu.com/
WonderBox|ワンダーボックス 公式サイト
https://box.wonderlabedu.com/
Think!Think!|シンクシンク 公式サイト
https://think.wonderlabedu.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント