12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

水産テックスタートアップ「ウミトロン」がヤオコー店舗にて、サステナブルな養殖魚の販売実証を開始

水産テックのスタートアップ「ウミトロン株式会社」は、株式会社ヤオコー小田原ダイナシティ店にて、ウミトロンが技術提供している生産者の協力のもと、海洋環境の持続可能性に配慮された養殖魚の販売実証を2021年2月9日より開始しました。

ウミトロン×ヤオコー】養殖魚の販売実証の詳細

商品に添付するQRコードを用いて、魚の美味しい食べ方がわかる和洋中等6ジャンルからなる様々な簡単レシピ、および生産者や養殖魚に関する情報等を消費者に提供します。

レシピは、本企画にご賛同いただいた海の未来を考える料理人集団“Chefs for the Blue”に所属するミシュランシェフをはじめとしたトップシェフに作成いただきました。

■実証販売期間:2021年2月9日(火)〜21日(日)

実証販売店舗:ヤオコー小田原ダイナシティ店
小田原市中里208番地(小田原ダイナシティ ウエスト内)

■販売商品
ウミトロンが技術提供している生産者が、餌のやり過ぎや現場労働の削減に配慮して育てたクエ、及びASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)認証等のGSSI(FAO(国際連合食糧農業機関)のガイドライン)を満たす認証を取得した真鯛

取り組みの背景

ウミトロンは、これまでAIやIoT、衛星リモートセンシング技術を活用したサービスを養殖魚の生産現場に提供し、生産性向上に加え、環境負荷及び生産者の労働負担の軽減に取り組んできました。その中で、生産現場の課題解決だけではなく、消費者に海の持続可能性について知ってもらうことの重要性を感じました。

そのため、新鮮な海の幸を一方的に享受するだけではなく「海とその幸せも考える」シーフードアクション「うみとさち」を開始し、水産に関わるサプライチェーン全体や消費者と協働して、未来の海の豊かさを考え、行動する輪を広げる活動に取り組んでいます。

今回取り組みを実施しているヤオコーは、サステナブル基本方針としてサプライチェーン全体で環境負荷を軽減することで地球環境問題に真摯に取組み、地域環境を守ることを掲げています。

小田原ダイナシティ店と海洋資源の減少やサステナブルな養殖に関するディスカッションを重ねる中で、店舗としても環境に優しいサステナブルなシーフードを消費者に認知してもらい、日常購買の選択の一つにできるかを検証する取り組みにご賛同いただき、今回の販売実証の実現に至りました。実際、小田原ダイナシティ店で販売した「うみとさち」の真鯛が2月11日のヤオコー全店の1日の真鯛売上で最大となるなど、より環境に配慮された商品に対しての消費者の反応も一定の成果を得られており、現在他店舗においても実証販売にご関心をいただいています。

現在、ヤオコー及び2021年2月8日から実証販売を実施している東急ストア以外にも、既に実証販売を実施している量販店や、販売が決定したECサービスもあり、「うみとさち」の活動は、生産者・水産加工会社・認証機関・料理人・配送業社・量販店・テクノロジー企業、そしてすでに購入いただいた消費者を含めて、パートナーシップの輪が広がっています。

今後の販売方針

量販店での販売実証を皮切りに、ウミトロンは今後更に「うみとさち」シーフードアクションに協調いただける小売店や百貨店、通販サービスなどのパートナー企業・団体を開拓し、より持続可能性に配慮した魚が消費者の普段の購入の選択肢になるよう販売拡大を進めていく方針です。また、こだわりを持って魚を育てている生産者や、その魚を届けるために関わる多くの企業にも活動に参加してもらうことで、消費者に”美味しい”だけではなく”美味しくて、環境にも、人にも優しい魚”の選択肢を多く届けるための行動の輪を拡大していきます。

豊かな海を守りながら、美味しい魚を食卓に届け続けるためには、ウミトロンのような技術提供者だけでなく、日々大切に魚を育てる養殖事業者の方々をはじめ、魚食文化に関わる流通、小売、外食業、消費者など様々なステークホルダーとの協働が欠かせないと、私たちは考えています。

「うみとさち」シーフードアクションにご賛同いただける方、環境や労働環境に配慮したこだわりの養殖魚やSDGs・サスティナビリティに関する取り組みにご関心のある企業・団体・個人の皆様の活動へのご参加を今後も広く募集していきます。お気軽にプレスリリース記載のお問い合わせ先、もしくはウミトロンHPのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ヤオコーについて

ヤオコーは、埼玉県を中心に千葉県、群馬県、茨城県、東京都、栃木県、神奈川県の1都6県でグループ全体180店舗を展開する「食生活提案型スーパーマーケット」です。

地域のお客さまの毎日の消費生活を豊かにするために、「味」と「鮮度」の追求、「メニューに合わせた品揃え」の追求、「安さの実現」に努めています。「楽しい食卓」が演出できる店づくり、「楽しい買物」ができる店づくりをめざし、価値ある商品の開発やサービスの向上に取り組んでいます。
Webサイト:https://www.yaoko-net.com/

Chefs for the Blueについて

Chefs for the Blueは、東京を代表する若手トップシェフ30人とフードジャーナリストからなるグループです。減少を続ける日本の水産資源の現状を多くの人に伝え、さまざまな企画や事業を通じて対話、啓発、教育を行っています。

日本の水産資源を保全し、魚食文化を次世代に引き継ぐべく、それぞれの店の営業と並行して、日々水産資源の現在とサステナブル・シーフードの学びを重ね、イベントなどさまざまな活動を通じて世の中に発信しています。
Webサイト:https://chefsfortheblue.jp/

ウミトロンについて

ウミトロンは、成長を続ける水産養殖にテクノロジーを用いることで、将来人類が直面する食料問題と環境問題の解決に取り組むスタートアップ企業です。

シンガポールと日本に拠点を持ち、IoT、衛星リモートセンシング、機械学習をはじめとした技術を用い、持続可能な水産養殖のコンピュータモデルを開発しています。

私たちは世界中の養殖ノウハウを集積したコンピュータモデルを開発・提供することで、生産者にも海洋環境にも優しく、消費者に美味しく安心安全な養殖魚を安定供給し、「持続可能な水産養殖を地球に実装する」ことを目指しています。
Webサイト:https://umitron.com/ja/index.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント