12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

コロナ禍の課題はデジタル化とオープンイノベーションが解決する

コロナ禍の課題を解決するには、デジタル化だけでなくオープンイノベーションも有効だということをご存知でしょうか。なぜコロナ禍においてオープンイノベーションが求められるのか、わかりやすくまとめました。

コロナ禍だからこそオープンイノベーションが必要

社会情勢の変化に対応するためには、オープンイノベーションによる技術革新が欠かせません。コロナ禍とオープンイノベーションの関係を見ていきましょう。

コロナ禍で急速に進行したデジタル化

コロナウイルスの流行により生活習慣を強制的に変えざるを得なくなったなか、日本のデジタル化の遅れが社会全体の問題として明るみになりました。政府が策定する2020年度版「統合イノベーション戦略」の概要案でもデジタル化の遅れが指摘され、国の取り組みとしてのデジタル化がより力強い動きとなっています。

デジタル化への意識が一気に高まったきっかけは、半強制的なテレワークといっても過言ではないでしょう。無理やりにでもテレワークをすることによって、オンラインで仕事を完了しても意外と問題がないことに多くの人が気づきました。また、ハンコのために出社する「ハンコ出社」が非効率であると取り上げられ、行政主導でハンコレスの動きが始まっています。

コロナ禍でなくしたものは多いですが、コロナ禍を機に進歩したものもあるということですね。デジタル化が社会から前向きに受け入れられるようになったのは大きな収穫でしょう。

コロナ禍の課題は協業による解決と相性が良い

コロナ禍で明らかになった社会問題を解決するには、協業やオープンイノベーションによる取り組みが有効です。コロナ禍がもたらした社会構造やライフスタイルの変化によって、今までなかったニーズが生まれやすくなっていますが、新規事業の開発はオープンイノベーションがもっとも得意とするところ。政府や大企業だけでは解決できない問題に対して、スタートアップの存在感は今後ますます高まっていくことでしょう。

スタートアップが得意とするデジタル化が政府から支援されていることも追い風になっています。

コロナ禍でのオープンイノベーションのあり方

コロナ禍でオープンイノベーションはどのように変化したのでしょうか?3つのポイントで見ていきましょう。

より社会問題に寄り添ったものに変化

いままでのオープンイノベーションに参加するスタートアップは、「これまでにないものを作る」というモチベーションが多い傾向にありました。しかし、コロナ禍において普段の生活を維持するだけでも大変な社会になり、オープンイノベーションに参加するモチベーションが社会問題をイノベーションで解決する」というものに変化してきています。

社会性の高い事業であれば関係者や政府の協力も取り付けやすく、今後はより多くの関係者を巻き込んだ問題解決的なイノベーションが生まれていくことが想定されるのです。

プロセスのオンライン化

オープンイノベーションのプロセスも、物理的に会う必要がないオンラインに変化しました。オープンイノベーションにオンラインで参加できることで、空間的・時間的な障壁がなくなり、他業種とのコラボレーションがしやすくなってきています。そのため、これまでにない組み合わせでのオープンイノベーションに期待が高まっているところです。

また、事情があって東京圏に在住できない人でもプログラムに参加できるようになったのは嬉しいことといえるでしょう。

オンライン化により国境も取り払われた

オンラインのプログラムであれば国境は関係ありません。日本人でもそうでなくてもプログラムに参加できるようになり、チームメンバーも国際化しはじめました。違う生活習慣や価値観の人が協業することによって生まれる新しいイノベーションに期待です。

コロナ禍で市場規模拡大したDX業界

コロナ禍で物理的接触を避けなければいけなくなり、今までデジタル化が遅れていた分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進みつつあります。DXとオープンイノベーションの可能性について見ていきましょう。

一躍DXが流行語に

かねてより政府が進めてきたデジタル化ですが、コロナ禍を機に一気に導入が進みました。それに伴いDXという言葉が流行し、もはやデジタル化・DXはビジネスのトレンドでもあります。DXは一元化したデータを活用し、すでにあるものをより便利にするのが目的です。

例えば、製造業の自動見積り・加工プログラムの自動生成、タクシーの自動配車、農薬の使用量を最低限に抑えるIoT農業、健康状態から判断する健康増進型生命保険など、枚挙にいとまがありません。こうした事業は、中には完全内製で進めたものもあるかもしれませんが、大半がスタートアップによるものか、スタートアップと大企業との協業によるものです。スタートアップはDXを得意にしており、大企業との協業に積極的になっています。

オープンイノベーションがデジタル化を加速させる

現代のオープンイノベーションを語るには、デジタル化を排除することは不可能です。オープンイノベーションを推進することは、デジタル化を加速させることにもなります。なかなかデジタル化が進まずに困っているという企業は、スタートアップと協業してデジタル化がどういうものか体感してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

デジタル化を駆使してオープンイノベーションを成功させよう

これからのオープンイノベーションはよりデジタル化していくことが予想されます。積極的にデジタル化を進め、スタートアップと協業しやすい環境を整備しましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント