12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

コロナ禍の課題はデジタル化とオープンイノベーションが解決する

コロナ禍の課題を解決するには、デジタル化だけでなくオープンイノベーションも有効だということをご存知でしょうか。なぜコロナ禍においてオープンイノベーションが求められるのか、わかりやすくまとめました。

コロナ禍だからこそオープンイノベーションが必要

社会情勢の変化に対応するためには、オープンイノベーションによる技術革新が欠かせません。コロナ禍とオープンイノベーションの関係を見ていきましょう。

コロナ禍で急速に進行したデジタル化

コロナウイルスの流行により生活習慣を強制的に変えざるを得なくなったなか、日本のデジタル化の遅れが社会全体の問題として明るみになりました。政府が策定する2020年度版「統合イノベーション戦略」の概要案でもデジタル化の遅れが指摘され、国の取り組みとしてのデジタル化がより力強い動きとなっています。

デジタル化への意識が一気に高まったきっかけは、半強制的なテレワークといっても過言ではないでしょう。無理やりにでもテレワークをすることによって、オンラインで仕事を完了しても意外と問題がないことに多くの人が気づきました。また、ハンコのために出社する「ハンコ出社」が非効率であると取り上げられ、行政主導でハンコレスの動きが始まっています。

コロナ禍でなくしたものは多いですが、コロナ禍を機に進歩したものもあるということですね。デジタル化が社会から前向きに受け入れられるようになったのは大きな収穫でしょう。

コロナ禍の課題は協業による解決と相性が良い

コロナ禍で明らかになった社会問題を解決するには、協業やオープンイノベーションによる取り組みが有効です。コロナ禍がもたらした社会構造やライフスタイルの変化によって、今までなかったニーズが生まれやすくなっていますが、新規事業の開発はオープンイノベーションがもっとも得意とするところ。政府や大企業だけでは解決できない問題に対して、スタートアップの存在感は今後ますます高まっていくことでしょう。

スタートアップが得意とするデジタル化が政府から支援されていることも追い風になっています。

コロナ禍でのオープンイノベーションのあり方

コロナ禍でオープンイノベーションはどのように変化したのでしょうか?3つのポイントで見ていきましょう。

より社会問題に寄り添ったものに変化

いままでのオープンイノベーションに参加するスタートアップは、「これまでにないものを作る」というモチベーションが多い傾向にありました。しかし、コロナ禍において普段の生活を維持するだけでも大変な社会になり、オープンイノベーションに参加するモチベーションが社会問題をイノベーションで解決する」というものに変化してきています。

社会性の高い事業であれば関係者や政府の協力も取り付けやすく、今後はより多くの関係者を巻き込んだ問題解決的なイノベーションが生まれていくことが想定されるのです。

プロセスのオンライン化

オープンイノベーションのプロセスも、物理的に会う必要がないオンラインに変化しました。オープンイノベーションにオンラインで参加できることで、空間的・時間的な障壁がなくなり、他業種とのコラボレーションがしやすくなってきています。そのため、これまでにない組み合わせでのオープンイノベーションに期待が高まっているところです。

また、事情があって東京圏に在住できない人でもプログラムに参加できるようになったのは嬉しいことといえるでしょう。

オンライン化により国境も取り払われた

オンラインのプログラムであれば国境は関係ありません。日本人でもそうでなくてもプログラムに参加できるようになり、チームメンバーも国際化しはじめました。違う生活習慣や価値観の人が協業することによって生まれる新しいイノベーションに期待です。

コロナ禍で市場規模拡大したDX業界

コロナ禍で物理的接触を避けなければいけなくなり、今までデジタル化が遅れていた分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進みつつあります。DXとオープンイノベーションの可能性について見ていきましょう。

一躍DXが流行語に

かねてより政府が進めてきたデジタル化ですが、コロナ禍を機に一気に導入が進みました。それに伴いDXという言葉が流行し、もはやデジタル化・DXはビジネスのトレンドでもあります。DXは一元化したデータを活用し、すでにあるものをより便利にするのが目的です。

例えば、製造業の自動見積り・加工プログラムの自動生成、タクシーの自動配車、農薬の使用量を最低限に抑えるIoT農業、健康状態から判断する健康増進型生命保険など、枚挙にいとまがありません。こうした事業は、中には完全内製で進めたものもあるかもしれませんが、大半がスタートアップによるものか、スタートアップと大企業との協業によるものです。スタートアップはDXを得意にしており、大企業との協業に積極的になっています。

オープンイノベーションがデジタル化を加速させる

現代のオープンイノベーションを語るには、デジタル化を排除することは不可能です。オープンイノベーションを推進することは、デジタル化を加速させることにもなります。なかなかデジタル化が進まずに困っているという企業は、スタートアップと協業してデジタル化がどういうものか体感してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

デジタル化を駆使してオープンイノベーションを成功させよう

これからのオープンイノベーションはよりデジタル化していくことが予想されます。積極的にデジタル化を進め、スタートアップと協業しやすい環境を整備しましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント