12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

「ひとの命を守るものをつくりたい」想いが形になる瞬間

ダッシュボードに置いて使用するクルマの運転支援ディバイス 「Pyrenee Drive Screen」は、運転手の目の前に設置した透過ディスプレイに、地図アプリのナビや情報がリアルタイムで表示される。ハードウェアスタートアップのPyrenee (ピレネー)の三野龍太氏が発表し、2016年にリリース予定だ。
※この記事は、2016年2月15日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

ひとの命を守るものをつくりたいという積年の想いが形に

パッと見で、便利そうなナビゲーションシステムだなと思いますが、車の運転支援ディバイス 「Pyrenee Drive Screen」とはどのような商品かもう少し詳しく教えて下さい。

運転席前のダッシュボードに置いて使うデバイスです。ステレオカメラで前方の走行状況を立体的に認識することで、歩行者や車との衝突の危険が迫るとドライバーに知らせます。透過ディスプレイへの表示とアラーム音でドライバーに危険や各種の情報を知らせ、操作はハンドルに巻き付けたリモコンと音声入力で行います。

それだけではなく、スマートフォンの地図アプリによるナビゲーションや音楽アプリなども透過ディスプレイに表示して使用することができます。

大学では、今の開発に繋がるような専攻だったのですか?

実は大学には行っていないんです。高校を出てから、建築系のメーカーに入り、そこから独立しました。電気が通るものをつくったのは初めてですし。

Pyrenee の前に、雑貨のメーカーを立ち上げていて、Manatee(マナティ)というベッド専用iPadスタンドをつくっていました。これはこれでいいのですが、もっとクリティカルにひとの命を守るものをつくりたいという気持ちがあり、ずっとモヤモヤしていたんです。そこにうまく運転支援ディバイスというアイディアが降ってきたので、一念発起して「Pyrenee Drive Screen」を形にしていきました。

アイディア、市場、ひと…ピースが集まり、ひとつの製品になるまで

ひとの命を守る、ということが、運転支援ディバイスという形になった背景を教えてください。

運転支援ディバイスの形になったのは、免許の更新時に講習を受けたことがきっかけでした。講習で知ったのは、一般的な交通事故の7割はドライバーの不注意によるものだということ。安全装置としては自動ブレーキなどもありますが、それだけでは足りないんですよね。ブレーキもですが、ハンドル操作も事故回避には大きく関わってきます。

カーメーカーでも、クルマのカメラやセンサーが、他の車や歩行者を認識して、事故発生の危険がある場合にドライバーへ知らせたり、車自体が自動で停止するような装置は出しています。例えば、スバルが採用した「Eye Sight」、トヨタの「ITS」やホンダの「SENSING」などがありますよね。でも、車の耐用年数は10年以上あるので、既に購入された車は諦めざるを得ない。なので、私は、その隙間を埋めていこうと考えたんです。取り付けに、特別な工事も必要なくて、ダッシュボードにセットするだけで、 万一ドライバーが不注意状態で事故の危険が迫っても、早く、適切に危険を知らせて、事故回避を促すことができます。

プロトタイプが引き寄せるひとや展開

専門ではないけれど、つくろうと決めて、すんなりつくれたんですね。

そうですね。以前から知り合いだったOrpheというスマートシューズをつくっているno new folk studioが、秋葉原のシェアオフィス「DMM.make AKIBA」に入居していて、快適な環境で試作品をつくっているのを見ていました。元々、ものをデザインすることはできたので、そこに入って勉強しながら試作品をつくり始めたんです。

ドライバーの余所見を防ぐために、まずはできるだけ前方から視線を逸らさずに済む形状や機能が必須です。ナビだけではなく、ヘッドアップディスプレイに車速などを表示して、視線移動が少なくて済むようにしました。

幾ら運転中のスマートフォン利用を咎めても、やっぱり気になりますよね。なので、スマートフォンの画面も出るようになっています。走行時と停止時でできる操作はもちろん違います。

あとは必要な技術を持っているひとや、工場を開拓していきました。例えば、量産は中国の深圳市で行う予定なのですが、今、日本国内より、そちらの方が部品も技術も揃う上に、安上がりだということがあります。そういった知見も、これまでの経歴で持っていたので、動きたいと思った時に、すんなり動けたのだと思います。

「自分はこういうことをしたい」「こういったものをリリースしたい」と言っても、なかなか理解してもらえませんが、プロトタイプをつくる過程で必要なことが見えてきますし、できたものを見せれば、何がしたいのか、すぐに伝わります。

今では、危険予測をもっとスムーズにしたり、「Pyrenee Drive Screen」のデータを活用したりするために、某大手企業と技術提携をしようという話をはじめ、何社か興味を持ってもらった会社とも話をしはじめています。

現状はどんな体制で動いていらっしゃいますか?

現状メンバーは8名で、画像認識や回路設計などのエンジニアが主です。このDMM.Labで出会ったひとや、紹介を通じて、一緒にやりたいと言ってくれるひとたちです。まずは2016年にリリースして、販路を開拓し、普及させることが目標ですが、「Pyrenee Drive Screen」を皮切りに、例えば、防犯防災、ヘルスケアなど、人の命を守るディバイスをつくっていきたいと考えています。

取材先:Perenee http://www.pyrenee.net/

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。