12.8 C
Japan
水曜日, 2月 1, 2023

JR西日本の観光型MaaS『setowa』とタクシーDXを推進する電脳交通が協業開始

電脳交通は、西日本旅客鉄道が2020年9月より提供開始する観光型MaaS『setowa』と連携し、サービス対象となるせとうちエリアにおいて、県を跨いだ移動時にも逐一タクシー会社を探すこと無く、位置情報や経路検索結果に合ったタクシー会社からの配車が可能となるサービスを提供することを発表した。

AutoTechスタートアップと事業会社のオープンイノベーション

『setowa』は、JR西日本がせとうちエリアへの観光誘客拡大に向けて提供する、出発地から目的地までの新幹線に加え、旅先での鉄道、船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェア、シェアサイクルなどの交通機関やホテル、地域の観光素材などを、スマートフォンを使ってシームレスに検索・予約・利用することができる観光型MaaS(Mobility as a Service)である。 

電脳交通では昨年度の実証実験から引き続き、新機能や操作性を拡充した『setowa』とタクシー配車サービスを連携していく。 

『setowa』は、周遊パスや観光チケットの発売に加え、話題のスポット紹介やナビゲーション機能など、旅マエから旅ナカまで使える、便利な観光ナビである。また旅の予約やチケットの利用を自身のスマートフォンによりキャッシュレス、チケットレスで行うことができ、駅や旅行代理店、現地のスタッフとの接触も少なく、安心して旅行することができる。 

電脳交通のタクシー配車サービスとJR西日本の連携概要

『setowa』は、利用者がタクシーを呼びたい時にスマートフォンから位置情報を参照することで、自動的に対応するエリアの配車受付ダイヤル番号が表示される。 

この機能を活用することで、旅先でのタクシー配車や、事前に行きたい場所をルート探索した際にも、電脳交通の配車センターが介在し、各エリアのタクシーをスムーズに配車することが可能となる。 
 
これにより、観光での利用者は土地勘の無いエリアでもスムーズにタクシー会社からの配車を受けることが出来ると同時に、電脳交通のシステムを導入するタクシー事業者にとっては、自社の無線配車や配車アプリ経由以外の新たな顧客獲得手段を得ることができる。 

『setowa』サービスの詳細 

1.サービス概要 

(1)対象エリア

広島県全域、岡山県(倉敷市・岡山市等)、山口県(岩国市等)及び愛媛県(松山市・今治市)を中心とするせとうちエリア 

(2) 主な特徴

① 安心・便利な予約機能 
目的地までの経路検索結果から、鉄道やタクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェア、シェアサイクルの各社予約サイトまたはアプリへリンク連携し、自身のスマートフォンで予約・決済をすることができる。また経路検索結果から旅のスケジュールも作成できる。 

② 安心・おトクな「setowa周遊パス」「setowaチケット」 
旅先のJR、バス、船舶、ロープウェイなど指定の交通機関の乗り放題と観光施設の入館券をセットにしたおトクな「setowa周遊パス」や、地元おすすめの観光・体験スポット等が利用できる「setowaチケット」を多数設定し、窓口に行かなくても、キャッシュレスでチケットを購入することができる。またチケットは各施設のスタッフに画面を見せるだけで利用可能となっている。なお「setowaチケット」のうち、「setowaグルメクーポン」では安心して利用できるグルメスポットを紹介し、地元の食事を楽しむことができる。 

③ 話題のスポット紹介、お気に入り登録 
せとうちエリアの話題のスポットや定番スポットを写真や口コミで紹介し、行きたいスポットをお気に入り登録することができる。また旅の計画に便利なモデルコースも多数紹介してもらえる。 

④その他 
観光、グルメなど旅先で知りたいスポットの地図表示や行きたいスポットまでのナビゲーション、天気予報も提供される。

2.ご利用方法

スマートフォン用アプリに加え、スマートフォンのWEBサイトでも利用可能 
※詳細は「setowa」で検索 

3.サービス開始日
2020年9月28日(予定)
※アプリは審査状況等により、リリース日が遅れることがある。

4.実施主体
JR西日本 

参画団体】株式会社Mobility Technologies(予定)、株式会社電脳交通、タイムズモビリティ株式会社、一般社団法人しまなみジャパン、一般財団法人今治勤労福祉事業団、JR西日本レンタカー&リース株式会社、江田島市観光協会、株式会社ドコモバイクシェア、サイカパーキング株式会社、株式会社日本旅行、株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット、ホリデー株式会社、株式会社ナビタイムジャパン、株式会社アイリッジ、日本ユニシス株式会社、JAMテクノロジーズ株式会社 等 

協力】広島県、一般社団法人広島県観光連盟、一般社団法人せとうち観光推進機構、倉敷市、岡山市、瀬戸内・松山ツーリズム推進会議、四国旅客鉄道株式会社 

株式会社電脳交通の概要 

社名株式会社電脳交通
設立2015年12月
所在地徳島県徳島市幸町3丁目101リーガルアクシスビル4F 
代表者近藤 洋祐
事業概要タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス
URLhttps://cybertransporters.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント