12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

法人オンライン飲み会専用「オン飲みBOX」のサービスを開始|ノンピ、総額2.1億円の資金調達を実施

FoodTech(フードテック)スタートアップ企業のノンピがこの度、約2.1億円の第三者割当増資を実施した。今回の資金調達により更なる経営基盤の強化を図るとともに、法人のオンラインコミュニケーションを促進するための新サービス「オン飲みBOX」のサービスを開始した。半額トライアルは8/31日が締め切り。

資金調達の目的

今回の資金調達により、更なる経営基盤の強化を図るとともに、新型コロナウイルス感染拡大によって新たな文化として拡がりつつある「オンライン飲み会」専用の食事配送サービスを新規事業として立ち上げる。国内約25兆円ともいわれる外食市場の中で「オンライン飲み会」は1つの形として拡がっていくとノンピは考えている。オンライン飲み会に最適化された食事の開発や、幹事様向け受付サービス、配送オペレーションの仕組化を進めていく。

法人向けケータリングノウハウを活かして開発した「オン飲みBOX」

ノンピは、社員食堂の遊休資産を活用して調理した食事を法人向けにお届けする、ケータリングサービスを提供してきた。官公庁、スタートアップ、外資系企業のキックオフや歓送迎会、新人歓迎会等、年間約8,000件のサービス提供実績がある。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によりテレワークが急速に普及したが、テレワークによるコミュニケーション不足が起こることは企業として本末転倒な事態である。そこでコミュニケーションを活性化させる為にも「社内飲み会もオンラインで」という新しい形が生まれている。

ノンピも顧客から「オンラインキックオフ向けの食事を提供して欲しい」「オンライン送別会を実施するから参加者の自宅にケータリングを届けて欲しい」との要望が届くようになり、そのようなニーズに応えるような形で開発したのが「オン飲みBOX」である。

社員とのコミュニケーションを図る「飲み会」は、いつの時代も必要とされているものであり、場所や形が変わってもその有効性は持続させていくべきものである。キックオフ、歓送迎会、新入社員懇親会といったオフィシャルな飲み会やプライベートな社員同士の交流も「オン飲みBOX」ならオンラインで楽しく安心して開催することができる。

※「オン飲みBOX」は株式会社ノンピが特許出願中です。

お1人様分1箱を全国配送可、最大400名分まで対応可能

調理、梱包した食事がクール便で参加者の自宅に送られる。オンライン飲み会開催当日または前日に到着するように送り、参加者全員で同じ食事を召食べることが出来る。
最大400名まで対応出来るので、全社員のオンラインキックオフやオンライン送別会等での利用が可能である。

充実した幹事サポートサービス

開催日1週間前までの申し込みでスピーディーに利用することができる。幹事から参加者のメールアドレスをノンピに共有し、ノンピにて配送先住所や配送時間を収集する。幹事のオペレーションを最小限に抑えると同時に参加者のプライバシーを守ることが出来る。また、費用清算は一括での対応となる。

お一人様分の新しいケータリング「オン飲みBOX」

ピンチョス
1口でパクっと、3つの食材のマリアージュを。ケータリングで人気のメニューである。
4種類のピンチョスを楽しむことができる。

9種アラカルト
9種類のおつまみが集められている。どれもお酒のおつまみにピッタリである。
冷製のままでも美味しく頂ける。

お茶漬け
締めは「お茶漬け」。
オン飲みが終盤に差し掛かったタイミングで、レンジアップしてアツアツで頂く。

お好みのドリンク3本
好きなドリンクを3本、参加者それぞれが選択できる。
ビール、酎ハイ、ソフトドリンクが取り揃えられている。

オン飲み手引き書
オン飲みのマナーや、盛り上がる方法を記載したオリジナル手引書を作成!
メニュー紹介も記載されている。
※お酒は景品です

シェフ自慢の会話が弾む食事

『オン飲みBOX』は、ノンピ 総料理長の飯野直樹が見た目の華やかさや会話を邪魔しないサイズ感にもこだわり料理を監修している。元Google社食 総料理長の経験もある飯野氏自慢の食事を楽しみ、自然と盛り上がる会話で素敵な時間を過ごすことができるのである。

ノンピ総料理長 
飯野直樹 -Naoki Iino-

父親が料理人だったことがきっかけで高校卒業後、料理の道へ進む。複数のレストランで料理の基礎を学び、1992年に(株)ロイヤルマリオット入社。住友商事や、NTTコミュニケーションズの社員食堂の料理長を歴任した。同社退社後は経験を生かし大手コントラクトフードサービス会社に所属。Googleの社員食堂で7年間総料理長をつとめた。現在は株式会社ノンピにて総料理長として企業/官公庁向けケータリングや社員食堂の食事を監修し、商品開発などの統括を行う。

今すぐの申し込みがお得!半額トライアル実施中

「お一人さま分、1箱」が自宅に届く。気軽に試せる様100社限定で半額トライアルを実施中だ。

オン飲みBOX詳細 

〈内容〉
・オン飲み専用のお食事3品(ピンチョス、9種類のアラカルト、お茶漬け)
・オン飲みの手引書1枚(オン飲みのマナーや、盛り上がる方法、メニュー紹介
・お好きなドリンク3本(ビール、酎ハイ、ソフトドリンクの内選択)
※お酒は景品である。

〈利用人数〉
最大400名様まで対応可能

〈配送〉
クール便で全国配送可能
※一部配達出来ないエリアがあるため、詳細は販売サイトからの確認が必要。

〈料金〉
「半額トライアル申し込み」で税抜2,500円
※通常価格税抜5,000円
※半額トライアルは、100社限定で1社10名様分まで(1人前/送料込み)

〈申し込み方法〉
半額トライアルを希望の方は、下記フォームより申し込むこととする。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe1ISr_YMj34XLO295sDFVfvftjgbbhXRbn9JJzlx_aPDdViQ/viewform

「オン飲みBOX」専用サイトは、下記URL
https://www.nonpi-onnomi.com/

株式会社ノンピとは

株式会社ノンピは、Google japan food teamの元総料理長や、外資系ホテルの元シェフなどを中心に構成された、食のプロフェッショナルチームである。
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内 “ミュージアムカフェ”や、埼玉スタジアム2OO2 “VIEW BOX”、三菱地所本社内カフェテリア ”SPARKLE” 等、食事と空間にこだわる8か所のフードプロデュースを任され、味わい、クオリティーや安全面に於いて顧客から信頼を得ている。
ケータリングサービスにおいては、官公庁や外資系企業を中心に、年間約10,000件の提供実績がある。

「コロナ」の時代を乗り切る、一般家庭向けフード提供をスタート。
食と空間の新しいデファクトスタンダードを、日本から作っていく。

社名株式会社ノンピ
設立2003年3月
所在地東京都港区海岸3-3-18 芝浦日新ビル 新館6階
代表者代表取締役社長 柿沼寛之
事業概要社食の遊休資産を活用したケータリング、社食・社内カフェ運営、キャラクター関連フード商品
URLhttps://www.nonpi.com/ 
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。