12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022
Tags AutoTech

Tag: AutoTech

JR西日本の観光型MaaS『setowa』とタクシーDXを推進する電脳交通が協業開始

AutoTechスタートアップである電脳交通が、JR西日本が2020年9月から提供開始する観光型MaaS『setowa』と連携し、せとうちエリアにて、位置情報や経路検索結果に合ったタクシー会社からの配車が可能となるサービスを提供することを発表しました。

「ひとの命を守るものをつくりたい」想いが形になる瞬間

ダッシュボードに置いて使用するクルマの運転支援ディバイス 「Pyrenee Drive Screen」は、運転手の目の前に設置した透過ディスプレイに、地図アプリのナビや情報がリアルタイムで表示される。ハードウェアスタートアップのPyrenee (ピレネー)の三野龍太氏が発表し、2016年にリリース予定だ。 ※この記事は、2016年2月15日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

視界の確保が安全性を向上:ボッシュ、革新的なサンバイザーを開発

ボッシュの新しいバーチャルバイザー(Virtual Visor)がドライバーの安全性と快適性を大きく改善する。1枚の透明な液晶ディスプレイパネル、ドライバーに向けられた人工知能(AI)顔検出機能付きカメラ、およびトラッキングソフトウェアを内蔵する バーチャルバイザーは、CES 2020 イノベーションアワードにおいて…

タクシー業界初!(*1)電子チケットで乗客の代わりに料金を支払える、全く新しいサービスを運用開始

フィンテック事業を手がける株式会社コモニーは、「タクシーチケットを電子化し、チケット発行者が乗客の代わりに料金を支払うサービス」を開発した。このサービスを勝山タクシー 勝山自動車株式会社(本社:北九州市、)が導入し、「e-taxet」(イータケット)として2019年9月2日(月)から運用を開始することが発表された。

PICKUP

ソーシャル・エックス、官民共創のアウトカム好事例を公表|介護施設が抱える課題を北九州市との官民共創で解決!

【オープンイノベーションニュース】ソーシャル・エックスは、ドクターメイトが北九州市と進めている、「介護施設での夜間オンコール対応等の実証実験」において、施設職員へのアンケートで日常の業務負担を解消する期待の声が多く認められたことから、その詳細と官民共創のアウトカム好事例として公表! #ソーシャルエックス #ドクターメイト #北九州市 #実証実験 #官民共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント