12.8 C
Japan
水曜日, 12月 2, 2020

視界の確保が安全性を向上:ボッシュ、革新的なサンバイザーを開発

ボッシュの新しいバーチャルバイザーがドライバーの安全性と快適性を大きく改善する。1枚の透明な液晶ディスプレイパネル、ドライバーに向けられた人工知能(AI)顔検出機能付きカメラ、およびトラッキングソフトウェアを内蔵する バーチャルバイザーは、CES 2020 イノベーションアワードにおいてベストオブイノベーションを受賞した。

ファーミントンヒルズ(ミシガン州) – ボッシュは、ドライバーの安全性と快適性を考え続ける中で、忘れられがちなインテリアコンポーネントであるサンバイザーに注目した。太陽の光は一時的に目が見えない状況を生み出すこともあり、他の天候条件と比較すると約2倍の自動車事故を誘発している。高速道路安全局によれば、太陽のまぶしさに起因する自動車事故は、年間数千件発生していると報告されている。また、別の調査報告書では、強い日光の下では、自動車事故の危険性が通常の条件よりも16%高くなることが示されている。これまでのサンバイザーでは、この懸念に十分には対応できていない。日光の一部が目に入らないように遮ることは出来るものの、同時に視界の一部までも遮ってしまっていたのである。

ボッシュが提供する革新的なバーチャルバイザーは、透明な液晶ディスプレイとカメラで構成され、従来の自動車用サンバイザーの常識を変えるものとなった。100年の時を経て再考されたバイザーは、インテリジェントなアルゴリズムを用いて太陽のまぶしさを判断して遮断しながら、ドライバーの前方の視界は遮ることがない。

多くのドライバーは、バイザーコンポーネントが危険な運転につながる太陽からのまぶしい光を避けるには不十分であると認識しています。とりわけ、夜明けと夕暮れ時にドライバーの視力を大幅に減退させることがあります」と、ボッシュのカー マルチメディア事業部長のSteffen Bernsは述べている。「シンプルなイノベーションの組み合わせが、最大の効果をもたらします。バーチャルバイザーは、ドライバーの視界を変えるのです」と述べた 。

ラスベガスで開催されるCES 2020において初公開されるバーチャルバイザーは、28の分野を対象としたコンペティションにおいてCESイノベーションアワードを受賞した。バーチャルバイザーはまた、車載エンターテインメントおよび安全性部門において、デザイナー、エンジニアおよびテクノロジー関連メディアのメンバーで構成される審査員から最高得点を獲得し、ベストオブイノベーションも受賞している。

未来にふさわしいサンバイザー

バーチャルバイザーは、液晶ディスプレイパネルとドライバーまたは乗員をモニターするカメラとを結び付け、太陽がドライバーの顔に落とす影を追跡する。システムは人工知能(AI)を使って、ドライバーに向けられたカメラの画像に基づきドライバーの位置を特定。また、AIを活用して目、鼻、口を含む顔の特徴的な要素を判定することで、顔の上の影を識別することができる。アルゴリズムがドライバーの視界を分析し、ディスプレイ上でドライバーの目に光が届く部分のみを暗くするのである。ディスプレイの残りの部分は透明なままで、ドライバーの視界を大きく遮ることはない。

「開発の初期段階に、ユーザーが従来のサンバイザーを使用するにあたり、常に目に影が落ちるように調整していることに気づきました」と、ボッシュ北米法人のテクニカルエキスパートを務め、バーチャルバイザーの共同開発者の1人であるJason Zinkは述べている。「この気付きはとても大きく、製品コンセプトの簡素化と、テクノロジーデザインの加速に繋がりました」。

液晶技術の独創的な利用により特定の光源を遮断することで、危険をもたらす太陽のまぶしさ、ドライバーの不快感および事故のリスクを減らし、同時にドライバーの視認性、快適性および安全性を向上させる。

リサイクルボックスからのイノベーション

バーチャルバイザーは、アイデアとコンセプトの段階からテストとプロトタイプに至るまで、ボッシュに根付くイノベーション文化であるボトムアップソリューションが原動力となっている。ボッシュでは、新しいアイデアの顧客へのメリット、市場潜在力および実現可能性を確認するためにリーンスタートアップの手法を取ることが奨励されており、それをベースにして、従業員同士による検証、開発の承認という段階に移行する。

「私たちは、従業員に自ら舵を握らせ権限を持たせることを重視する文化を築いています」と、ボッシュ北米法人社長のMike Mansuettiは述べている。バーチャルバイザーは、ボッシュの社内イノベーション活動の一環として北米のチームによって開発された。「私たちは、グローバル規模でテクノロジーを提供するリーディングカンパニーとして、イノベーションがどこからでも生まれる可能性があることを理解しており、その成長を見たいと願っています」。

Zinkをリーダーとする3人のパワートレインエンジニアのグループは、プロジェクトコンセプトに対する社内からの資金調達に向けて、自由時間にバーチャルバイザーのアイデアを発展させたプロトタイプを制作した。

「多くの初期段階のアイデアがそうであるように、私たちは、限られた資金とリソースで取り組みを開始しました」と、Zinkは語っている。「コンセプトのピッチに用いた最初のプロトタイプには、リサイクルボックスから回収した古い液晶ディスプレイモニターを活用しました」。

バーチャルバイザーチームは、資金調達と製品の追加バージョン開発にあたり、ボッシュの経営幹部から助言を受けた。最終的に、この製品はボッシュのカー マルチメディア事業部に移管されている。

プレスリリース発表元企業:ボッシュ
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。


PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。