12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

博報堂“生活者イノベーター”と企業の共創型開発を支援する、博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」を提供開始

博報堂は、製品・サービスの創造や改良のアイデア・スキルを持つ先進的な生活者(=生活者イノベーター*1)との共創によって企業の新たな価値創出を行うプログラム「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」 の提供を開始する。

近年、生活者自身が革新的な製品を開発したり、既存製品を改良する「ユーザー・イノベーション」という現象に世界的に注目が高まっている。そういったスキルを持つ生活者(=生活者イノベーター)は日本の人口の3.7%*2と言われており、デジタル技術の進展とSNSの発達によって、今後ますますその活躍の場は広がっていくと予想される。
また企業側の動きとしても、ユーザーとの共創活動を通じて、そのアイデアをイノベーションの源泉として取り入れ始める企業は増えはじめている。

博報堂において、企業のブランディングやイノベーション支援を行う専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」では、設立以来長年にわたって共創によるイノベーション創出のありかたを追求してきた。大学や研究機関などの外部組織とともに、数多くの新事業や新製品開発の共創プロジェクトを行ってきたのである。今回、企業のユーザー共創活動へのニーズの高まりを背景に、同組織知見のもと、企業がユーザー共創を行う際の課題となる適切な対象者の抽出や、アイデアを引き出す手法、参加モチベーション維持などのポイントに配慮し「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」を開発した。

「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」とは

「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」では、企業の課題に合わせて、3つの手法から生活者イノベーターとの共創を支援する。技術的・専門的な知識を持った生活者イノベーターとのワークショップからアイデア抽出を行う”リードユーザー型“、アイデア公募を行う”クラウドソーシング型“、SNS投稿データなど膨大な口コミデータからアイデアを抽出する”文章解析AI型“の3つのアプローチから最適な手法を選定してプロジェクト設計を行い、アイデアの創出から実装、プロモーションまでをワンストップで支援するのである。

今後も、博報堂は「生活者発想」の理念のもと、生活者と企業をつなぐハブとなり、生活者と企業と共に社会にイノベーションを創出する。

(*1博報堂独自の呼称、*2出展:Eric von Hippel, Susumu Ogawa and Jeroen P.J. de Jong(2011) ”The Age of the Consumer-Innovator,”MIT Sloan Management Review 53(1), 27-35.)

関連セミナーの案内

2020年2月27日(木)に、博報堂マーケティングスクールにおいて、「生活者をイノベーターとして活用する共創型開発ユーザー・イノベーション講座」と題したセミナーを実施する。「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」についても案内される。

詳細・申し込み
https://hakuhodo.co.jp/marketingschool/course/77088/

 

プレスリリース発表元企業:株式会社博報堂
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。