12.8 C
Japan
日曜日, 7月 12, 2020

タクシー業界初!(*1)電子チケットで乗客の代わりに料金を支払える、全く新しいサービスを運用開始

フィンテック事業を手がける株式会社コモニーは、「タクシーチケットを電子化し、チケット発行者が乗客の代わりに料金を支払うサービス」を開発した。このサービスを勝山タクシー 勝山自動車株式会社(本社:北九州市、)が導入し、「e-taxet」(イータケット)として2019年9月2日(月)から運用を開始することが発表された。
このような電子タクシーチケットの導入は、全国のタクシー事業会社では勝山タクシーが初になる。

サービスの概要

「e-taxet」は、株式会社コモニーの電子チケットサービス「commoney」(コモニー)をベースとしたタクシーチケットだ。チケットの発行者が、相手に現金や電子マネー・ギフト券などを送ることなく代金を代わりに支払うことができ、おつりや領収書を受け渡す精算の手間も不要にした、他のスマ決済にはないまったく新しいサービスである。

勝山タクシーでは、従来の企業のタクシーチケット利用のみにとどまらず、下記のようにサポートが必要な個人にも「e-taxet」を利用してもらうことで、タクシーがこれからの高齢化社会・子育て社会の一助となることを願い、本サービスを導入した。

高齢のため運転免許を返納し、通院や買い物にお困りのご両親
最寄り駅から自宅までのタクシー代がないお子様

※サービス開始は2019年9月2日(月)15時より

「e-taxet」3つのメリット

1.手軽

スマホアプリで簡単にチケットを発行し、メールやSNSなどで相手に送信できるので、現金や紙のタクシーチケットを渡す必要がない。

2.便利

相手が使った分だけ代理で支払い、代金はチケット発行者のクレジットカード口座から引き落とされる。おつりが発生しないため、支払い後に相手と現金の受け渡しをする必要がない。
チケット発行者は代金の電子レシートをダウンロードでき、紙の領収書をやり取りする経費精算の手間もなくすことができる。

3.安全

相手が代金を支払うために現金や電子マネーを持っておく必要がなく、紛失や盗難の心配がない。
チケット発行者は上限額や有効期間、支払先を自由に設定でき、目的外利用を防ぐことがでる。

*1:2019年7月末現在、株式会社コモニーがタクシーのスマホ決済関連サービスについて国内企業他社公開情報に基づき調査した結果

株式会社コモニーとは

クレジットカードやデビットカード、電子マネー、ポイント系サービスなどの既存の支払い手段と連携して利用できる電子チケットサービス「commoney」において、ビジネスモデル特許を取得(特許第5925375号 電子チケット管理装置及び管理方法)。
2017年に福岡市博多区にて設立。フィンテック事業会社として、先進性豊かで安全性・利便性にすぐれたシステムの開発に取り組んでいる。
https://commoney.co.jp/

プレスリリース発表元企業:株式会社コモニー
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。