12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

外国人スタッフと雇用主をつなぐミスコミュニケーション解消アプリ「Connectee」の翻訳チャット機能をリリース!12ヶ国語対応

在留外国人の採用に特化したスタートアップエムティックは、外国人スタッフと日本人スタッフのコミュニケーシをより快適にするため、”Connectee”(コネクティー)自動翻訳チャット機能をリリース! した。

英語や外国語が苦手な雇用主・日本語が苦手な外国人スタッフ 翻訳ツールの使用でメールをする手間を解決

外国人スタッフとコミュニケーションを取るとき、毎回Google翻訳等の翻訳アプリを開いて文章を翻訳したり、翻訳した文章をメールやLINEにコピー&ペーストしたりする作業は意外と手間がかかるものである。

『明日は〇〇の現場に行ってください。』
『明日、人が足りないんだけれど、働けますか。』

そんなメッセージを伝えたい時、今までであればひらがな、カタカナで伝えたり、翻訳ツールを使って英語に変換したものをコピー&ペーストして送っているという企業の声をよく耳にするところだ。このやり方では、簡単なやり取りも1分程時間がかかり面倒であった。

また、「ちょっとした声掛けをしたいけれど、翻訳するのに時間がかかるから言わなくてもいいか」と、話すべき内容であっても心理的・時間的ハードルがあることで、コミュニケーションが減ってしまっているケースは少なくない。

そんな日々のコミュニケーションを手助けするために開発したのが「Connectee(コネクティー)」の翻訳チャット機能である。​

Connecteeの翻訳チャット機能ではLINEのように手軽にチャットを行うことができ、日本語で入力した文字はメッセージの隣の「翻訳」ボタンを押すだけで瞬時に外国語に翻訳される。

対応言語は以下の12言語となっている。

  1. Japanese(日本語)
  2. English(英語)
  3. Chinese(中国語)
  4. Korean(韓国語)
  5. Spanish(スペイン語)
  6. Portuguese(ポルトガル語)
  7. Vietnamese (ベトナム語)
  8. Burmese(ミャンマー語)
  9. Indonesian(インドネシア語)
  10. Thai(タイ語)
  11. Nepali(ネパール語)
  12. Urdu(ウルドゥー語)

外国人スタッフが英語や母国語でメッセージを送っても、日本人スタッフのもとには日本語に翻訳されたメッセージが届くので安心である。

外国人を雇う企業の3割が意思疎通がスムーズにできないことを課題に感じている(※1)

外国人と一緒に働いて困ったことを調査すると、企業の約3割強が『外国人と意思疎通がスムーズにできなかったことが課題』と話している。

ミスコミュニケーションにより、仕事を覚えることに時間がかかったり、重大なミスを引き起こすこともある。

Connecteeを使えば、自動翻訳機能があるので手間もかからず、コミュニケーションが快適になる。
言語の問題が解消されれば、外国人雇用により積極的になれ、日々のわずらわしさも減り職場環境が大幅に改善することであろう。
(※1はたらこネットみんなの声レポートデータ参照)

Connecteeのチャット機能は既に数百名以上のユーザが利用

物流、外食、清掃業界など外国人を積極的に雇用している企業が、積極的にConnecteeを取り入れている。チャット上でグループを作ることができるので、大人数の外国人を常用的に雇用している場合に役立つとの声が上がっている。

雇用主にとってのメリット

  1. ワンクリック翻訳
  2. 多言語で記載されても該当言語へ一括翻訳
  3. 簡単設定のグルーピング機能
  4. 役職別の許可設定も可能

働き手の外国人にとってのメリット

(1)日報等の作成業務負担が減る
たとえば、多くの外国人アルバイトが従事するホテル客室などの清掃・ベッドメイキングのお仕事。
Connecteeがあれば、日報作成を簡単に行うことが出来るため、彼らの業務負担を削減することが可能である。

2)聞きにくいことや小さなことも話しやすくなる
私たちにとって外国語の習得が困難なように、外国人にとって日本語を習得することは容易なことではない。
本当は聞きたいことがあるのに、日本語で何と言えばいいのかわからなかったり、仕事中に話せなかったことを後からLINEやメールで聞こうと思っていても、翻訳することが大変でメッセージを打つことを諦めてしまっているケースは多々あり得る。
Connecteeを使えば、母国語で気兼ねなくメッセージを送ることができる。

(3)Connecteeを使って日本語の勉強ができる
外国人スタッフにとって、日本語の読み書きは非常に難しく、かつ高い学費を払って日本語学校などに通うことは簡単ではない。Connecteeを使えば、1クリックで日本語と母国語を切り替えて見ることができ、あとで見返すことができるので、日本語習得にも非常に便利なツールだ。

結果として、利用企業の外国人スタッフの離職率は半減している。

Android版、ios版でダウンロードが可能

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mtic.connectee&hl=ja

App Store
https://apps.apple.com/jp/app/connectee/id1473242233

問い合わせ先

Connecteeは、外国人スタッフを雇用している企業様向けのアプリケーションである。 プランについての問い合わせは、エムティックまで。
https://connectee.app/

株式会社エムティックについて

在留外国人に特化した人材派遣・職業紹介サービスである『外人バンク』(https://gaijinbank.com/)を運営している人材ベンチャー企業である。

エムティックは現在従業員数7名。多くの人材ベンチャー企業がある中で、エムティックのメンバーの過半数は外国人である。
フランス、ベトナム、米国など非常にダイバーシティに富んだメンバーが求人サービスを作り支えている。

社名株式会社エムティック
設立2016年6月
所在地東京都港区芝大門1丁目5−2 須田ビル 5階
代表者代表取締役 杉原尚輔
事業概要在留外国人の採用に特化した総合人材サービス
URLhttps://www.mtic.co.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社エムティック
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント