12.8 C
Japan
日曜日, 1月 29, 2023

【多様な業界から注目】STARTUP STUDIOから生まれたEARMIND!アートを纏うワイヤレスイヤホンの一般発売を開始!

Crewwが運営する、『STARTUP STUDIO by Creww』のバッチ2に参加をして創業したEBRUが、本物のアートを身に纏えるワイヤレスイヤホン【EARMIND】の数量限定・一般受注販売を、オフィシャルサイトで開始!
​アート・音楽・ファッション領域の垣根を超える製品作りの施策を重ね、この度の一般発売に合わせ、3組のアーティストとコラボレーション。「Antique stamps」を手がけるアートユニット EbRuと、「Argent」を手がける金工作家 長井未来、「URUSHI Creatures」の漆作家 小島康加による9バリエーションを数量限定で受注販売します。
イヤホンでありながらジュエリーの様に多彩なアートを耳元で楽しめ、通常のイヤホンとは一線を画した革新的なサウンドアートピースが誕生しました。ローンチを記念して撮りおろしイメージPVも初公開!
https://studio.creww.me/

ローカルで新ラグジュアリーな一点ものイヤホン

「アート作品を鑑賞するのは好きだけど、作品を買ったことはない。」そのような人は多いはず。EARMINDのイヤホンは、音楽を楽しみながら自分だけのアートピースをジュエリー感覚で身に着けられることができる、全く新しいワイヤレスイヤホンです。

EARMINDはアーティストや職人が手仕事で制作するアートピースを伴ったイヤホンブランドです。受注後にアートピースが作られる特殊な生産工程から、従来の量産イヤホンとは全く違う「サウンドアートピース(Sound art piece®)」が生まれます。

アーティスト、職人のクラフトワークを含む一点もののため、一度に生産できる数に限りがある、ハイエンドかつプレミアムな逸品です。

サウンドアートピースは、​アート・音楽・ファッションを一度に楽しめる、これまでにないユーザー体験をもたらします。

EARMINDを運営する株式会社EBRUはアートピース部を手掛けるアーティスト、職人たちの作風、得意とする技術を活かし、ひとつひとつの細部にまでこだわったサウンドアートピースを作り上げています。

デザイナーが立ち上げた新規事業「EARMIND」- カスタマイズイヤーモニター

2020年12月7日

なぜアートとイヤホン?文化を楽しむ全く新しいアプローチ

アートとイヤホンという全く違う領域同士を、アートと音楽という「文化」の視点から繋ぎ合わせることで、異なるふたつの領域が交ざり合い、今までとは違う価値を生み出します。
音楽を楽しむデバイスであるイヤホンと、意匠を凝らしたアート、それらをファッションとして楽しむ。多くの人が新しい視点で文化に触れ、より自分らしく心豊かな日常を楽しんでほしい、という思いを胸にEARMINDは生まれました。

立ち上げストーリー / アーティストから起業家へ アート領域のスタートアップを目指す

​ EARMINDを手掛ける株式会社EBRUの運営メンバーは金沢美術工芸大学 工芸科を卒業した同級生3名です。在学中から3名はアートユニットとして作品の制作と発表活動を行っていました。

美大卒業後、活動を休止しましたが、それぞれが進んだファッション・造形・陶磁器というものづくりの業界で直面した社会的、経済的問題の解決を図るべくユニットを再結成し、2021年に起業しました。自身が作り手であることで、アーティストや職人たちと深く関わり合い、彼らの持ち味を活かしたものづくりを徹底しています。

3名はEARMINDの前身となるイヤホンを用いた作品で、世界的ファッションコンペティションである「International talent support(ITS)2020」で受賞。受賞作品から着想を得てアートを多くの人に身近に感じてもらうためにイヤホンブランド「EARMIND」を立上げました。

Makuakeでの先行受注販売、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOで1,400万円の資金調達に成功。また、代表の佐藤怜が、WWD JAPANとLUMINEによる「MOVE ON NEXT LEADERS 2022」に選出される等、一般発売前にかかわらず注目を集め、アート領域のスタートアップ企業として大きな弾みをつけます。
製造工場の変更、世界的な半導体不足、コロナ禍における多くの困難を乗り越え、構想から約3年、満を持してこの度一般受注販売が開始となりました。

日本のアート市場をより豊かに

日本には素晴らしい作品やものづくりをしているにも関わらず、経済的に厳しい状況から作品制作を続ける事を断念するアーティストや、後継者不足に悩む工芸産地が数多く存在します。
アートや工芸作品を楽しむ文化が欧米と比べて乏しい日本のアート市場は、世界における割合のわずか3.7%です(出展:文化庁 2021年)。
EARMINDは日常生活で使えるイヤホンとアートを掛け合わせることで、日常生活にアートを普及させます。今後、日本のみならず世界中のアーティストや職人とも共創を拡げていきたいと考えています。

今回販売する9バリエーションのサウンドアートピース他、今後も様々なアーティストや職人が手掛けるサウンドアートピースを期間・数量限定で受注販売をしていきます。

受注販売開始を記念する、撮りおろしPV

EARMINDの世界観を表現するイメージPV(https://youtu.be/UMlXGs0NlxU)を一般受注開始に伴い初公開。
女性がとある洋館を訪れ、洋館の主人の導きで手に取ったサウンドアートピースを身に纏い、本来の自分を発見する、というストーリー性を持ったPVとなっています。

PV内で女性が身に纏うのは、今回数量限定で受注販売する金工作家 長井未来による「Argent」。長井未来による彫留め技法が光るシルバー950製の逸品です。撮影もコラボレーションアーティストと縁のある石川県金沢市の歴史ある大手町洋館を舞台に、新旧の文化が入り混じる世界観の中で行われています。

販売価格 / 製品仕様

販売価格(税込)
Antique stamps:63,000円
Argent:90,000円
URUSHI Creatures:270,000円

製品仕様
SoC:Qualcomm QCC3040
Version:Bluetooth V5.2
通信周波数範囲:2.402GHz-2.480GHz
通信距離:障害物のない状態で最大10m
プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,HSP
コーデック:SBC,AAC,aptX, aptX adaptive

ドライバー:ダイナミック型6.5mm 30Ω±4.5(15%)
音圧レベル:98±3dB
再生周波数特性:20HZ~20KHZ
定格出力:2mW
連続再生時間:音楽再生時間7H(70%音量), 通話時間4H

イヤホン充電時間:約1.5 時間
充電ケース充電時間:約2時間
TYPE-C 電源入力:5V/1A
充電ケース寸法:75.5mm(L)* 49.5mm(D) * 55mm(H)

全9バリエーション

株式会社EBRUについて

社名株式会社EBRU
設立2021年4月9日
所在地東京都荒川区東日暮里6-17-6 ふらっとにっぽり5階イデタチ東京内オフィス1
代表者佐藤 怜
事業概要文化芸術領域における企画・運営・製造・販売
URLWEBSITE : https://www.ebru.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/earmind.art/
Twitter : https://twitter.com/EARMIND2020

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

2022年7月4日
https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント