12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

最新記事

第2弾「ILSチャレンジ with 東急アクセラレートプログラム-RAILWAYS VERSION-」公開!

世界中のスタートアップが大手企業の掲げる課題に挑む ILSチャレンジ2019。第2弾「ILSチャレンジ with 東急アクセラレートプログラム-RAILWAYS VERSION-」の締切は明日10月2日AM11:59まで!優秀者にはブースやピッチ機会が提供される。

ACCESS、オープンイノベーションによるIoT・AIプラットフォーム事業を拡大

株式会社ACCESSは、注力領域であるIoTおよびAI事業の拡大の一環として、オープンイノベーションによるIoTプラットフォームの構築・運用に注力しておりますが、この度、株式会社長谷工コーポレーションが新たに展開する「ICTマンション」プロジェクトに参画し、情報プラットフォームの構築を担当することを発表した。

世界に羽ばたく日本の技術系ベンチャーを選定する 第4回「J-TECH STARTUP SUMMIT」の認定企業の募集開始

国内最大級の技術系ベンチャー企業の支援組織『TEP』は、新事業創作や技術開発の課題解決を支援する『日経BP総研』の協力を得て、日本を代表する技術系ベンチャー企業を表彰する、第4回「J-TECH STARTUP SUMMIT」の企業募集を開始したことを発表!

仕事の「時間」と「質」が生産性向上のカギ。クリエイターの働き方を変える株式会社MUGENUP

「クリエイターの働き方」と言われると、華やかさや楽しそうな印象と同時に、厳しいスケジュールや残業などのイメージも思い浮かびます。しかし、イラストをはじめとするクリエイティブの受託制作というビジネスモデルながら...

10年構想を形に。“オタク談義”から始まった「AnchorZ × ムラテック」の協業とは?

技術力に強みを持ち、日時情報をカレンダーに自動登録する「CalPush」を展開するAnchorZ。そんな同社が新たなビジネスパートナーとしてタッグを組んだのがムラテックだ...

GPU EATERを開発するPegara、シードラウンドで104万米国ドルを調達!

米国発人工知能スタートアップのPegara(創業者兼CEO:市原 俊亮)は 、GPU EATERの機能拡張ならびに同クラウド基盤を活用した人工知能APIサービスの開発を目的に、総計104万米ドル超に及ぶシードラウンドの資金調達を実施...

【U30向け】VUCA時代を生き抜くキャリアとは?思考とスタンスを学ぶワークショップ

リンダ・グラットン著『ライフ・シフト』が反響を呼んで早3年。 人生100年時代、働き方改革、リカレント教育、副業解禁などバズワードが世の中に溢れる中、あなた自身のキャリアや働き方に変化はありましたか?...

保険の粋を超えた中小企業本位のサービス開発に挑戦!

エヌエヌ生命は日本の中小企業を対象に、法人向けの事業保険を提供している。「エヌエヌ生命保険アクセラレーター2019」では保険の枠に捉われず、日本の中小企業にとって、より良いサービスを提供できるようスタートアップとの共創を目指す。エントリー期間は10月4日まで...

Editor's Pick

コロナ時代のイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」今冬リリース!

「オンラインでも、参加者のエンゲージメントを高めたい。」 「参加者とのシームレスなコミュニケーションを継続したい。」 「自社ウェビナーで、これまで以上に高い価値を提供したい。」 これら全ての声に応える新しいイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」は、今冬リリース予定です! ※ コネルバは、Creww株式会社のインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO BY Creww」の採択プロジェクトです。 #ウェビナー #オンラインセミナー #マッチング #ビジネスマッチング #ネットワーキング

キャリア構築のヒントが集まるQ&AプラットフォームCareer to Startup Studio by Crewwよりβ版リリース

Startup Studio by Crewwの採択プロジェクトであるCareer toは2020年8月24日より、キャリアシェアプラットフォーム「Career to」のβ版をリリースした。

コンテナ式植物工場(水耕栽培)をグローバル展開するアレスカライフ・テクノロジーズ

「Anyone, Anywhere」という言葉を社内で共有し、誰でもどこでも野菜を作れるシステム・データ・ノウハウの展開を図る株式会社アレスカジャパン。北京・ドバイにもサービスを展開している他、2019年からはコンテナ式植物工場と『Alesca Fresh』が南アフリカでも展開される。「未来の農業」を担い、世界の食料問題を解決するべく奮闘する代表取締役の片桐 規次氏にお話を伺う。 ※この記事は、2019年1月30日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

ロシア人学生起業家「黄金の国ジパング」が挑戦の舞台。

近年日本で企業する外国人は増加傾向にある。株式会社Like Pay創業者、ヴォロシオフ・イーゴリ氏もまた、日本独自の文化にヒントを得たサービルを展開している。 ※この記事は、2019年7月25日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

人気の記事

新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始

ビズジーンは、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、2月28日12時より新型コロナウイルス感染症早期発見のための簡易検査キット開発支援プロジェクトを開始した。

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーのJX通信社は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始した。本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料で利用ができる。テクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献する。

『SMBCスタートアップ支援プログラム』を5月7日より開始

株式会社三井住友銀行と、Creww株式会社は、『SMBCスタートアップ支援プログラム』を2020年5月7日より開始。スタートアップ企業のプロモーション支援、資金調達等をサポートしていく。

Withコロナ時代のオープンイノベーションはどう変わる?

新型コロナウィルスの影響で生活面やビジネス面において急激な変化が起こっている。この環境を事業創造から見た場合、あえてポジティブチャンスとも捉えることができるかもしれない。リモートワークが前提となる時代において、オープンイノベーションはどう変化していくのだろうか。また、事業会社との連携を模索するスタートアップにとって、今までとどう変わるのだろうか。