12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【AGRI SMILE×JA】農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」の提供を開始!

株式会社AGRI SMILEは、持続可能な農業を実現するDXプラットフォームの一環として、動画で栽培技術を分かりやすく体系化することで農業協同組合の営農指導業務をDXする「AGRIs by JA(アグリス バイ ジェーエー)」の提供を2021年10月4日より開始しました。複数の産地のJAと連携して多品目の栽培ノウハウを網羅的に蓄積し、全国のJAの営農指導において活用できる仕組みを構築しています。

「AGRIs by JA」のサービス概要

AGRIs by JAは、従来対面で行われてきたJAの営農指導をDXすることで、営農指導業務の効率化や質の向上に寄与します。

プロダクトの開発や改善、配信する動画コンテンツの制作において、国内有数の農畜産物取扱高を有するとぴあ浜松農業協同組合、晴れの国岡山農業協同組合、越智今治農業協同組合とAGRI SMILEで協議会を設立し実行しています。AGRIs by JAが提供する主な機能は以下のとおりです。

  • 協議会JAの営農指導員が実演・解説する100トピック以上(※1)の栽培基礎技術動画を視聴できます。作物ごとの栽培法はもちろん、畝立てや農薬散布、出荷調整などの作業、農業機械のメンテナンス、栽培基礎知識の講義などのコンテンツを揃えています(毎月更新予定)。
  • 各JAからの産地内限定の動画の配信、および、従来は文書やFAX等で配信していた生産者へのお知らせを掲載できる掲示板を設けています。
  • FAMICの農薬登録情報に基づき、適用作物名(※2)と用途から農薬を検索し、使用基準等を閲覧できるデータベースを搭載しています。

「AGRIs by JA」提供の背景

AGRI SMILEでは、2019年よりJA・行政機関とのプロジェクトで、栽培技術を動画にまとめて産地内で共有するAGRIs for Teamの取り組みを進めてきました。

プロジェクトを通して全国各地の生産者、指導員と対話する中で、生産者が信頼できる発信元からの栽培情報をオンラインでタイムリーに受け取れることや、就農者や従業員、直売所出荷者が基礎的な栽培技術を学べるインフラへのニーズの高さに気づきました。

また、JAの営農指導員の業務は、良質で安全な作物を生産するための栽培指導だけでなく、農業経営の指導や生産部会活動の支援、農地の利用調整、地域農業振興ビジョンの策定など多岐にわたっています。

営農指導の現場では、一対一、対面でのコミュニケーションのために、遠隔地への移動や生産者からの問い合わせ対応に割かれる時間も少なくありません。新規就農支援や直売所の拡充といった、産地振興のための新しい取り組みを推進していくうえで、業務の効率化による指導員のリソース確保が求められています。

そこでAGRI SMILEでは、基本的な栽培技術や農薬の使用基準、JAからのお知らせを生産者がオンラインで確認できるサービスを構築することで、産地の農業生産の底上げや、指導員の業務負担軽減に寄与できると考えました。この構想に共感した3つのJAとともに協議会を組織し、動画の撮影・編集やシステム構築を行ってきました。

JAにおいて期待される導入効果

  • 動画や掲示板を使ったタイムリーかつ場所を問わない情報提供により、就農して間もない若手生産者の技術習得の早期化や、生産部会全体での技術力の底上げが期待されます。
  • 対面でのこまやかな営農指導が難しかった直売所出荷者の技術力向上、および農薬の適正利用の徹底により、コロナ禍で需要の高まる直売所事業の拡大に貢献します。
  • 家庭菜園でも実践できるような栽培ノウハウを広く提供していくことで、市民農園の振興による都市部の農地保全や、農業関係人口の増加を後押しします。
  • 遠隔での一対複数の営農指導を可能とし、指導の充実や指導員の業務効率化に寄与します。若手指導員が産地の垣根を越えて技術を学べるようになり、スキルアップが期待されます。

【コメント紹介】とぴあ浜松農業協同組合 営農生産部 営農指導課 専門指導員 係長 高倉 克弥氏

当組合では、営農指導事業として農業初心者や直売所出荷を目指す人向けに「とぴあ園芸教室」を開催しています。昨年度からのコロナ禍で実地開催ができず、動画配信で代替したところ受講者から高評価を得ることができ、動画による営農指導の可能性を感じました。また、当組合が運営する直売所出荷会員約2,000名に対して、定期的な講習会や個別指導は行っているものの、くまなく対応することができないことが課題となっていました。
AGRIs by JAを新たな営農指導ツールとして活用し、産地の生産力の維持・向上を図っていきます。

今後の展望

AGRI SMILEは今後も、ユーザーアンケート等に基づくコンテンツ拡充や、営農に役立つ機能の追加などを、協議会JAとともに進めていきます。そして、対面指導とオンラインでの情報提供を組み合わせることで、産地の生産力を維持・向上させるために欠かすことのできない営農指導事業の充実を目指します。また、同社では、プロダクトとR&Dにより栽培現場のDXを多面的に支援していきます。

<サービス詳細ページ>
https://lp.agri-smile.app/

※1.農林水産省の作況調査対象となっている野菜(計41品目)のうち、87%を網羅しています。
※2.農薬取締法に基づく農薬登録において定められる、当該農薬を使用できる作物を指します。

【会社概要

株式会社 AGRI SMILE
代表者:代表取締役 中道 貴也
事業内容:農業のDXプラットフォーム事業
資本金:211,850,000円(資本準備金を含む)
設立:2018年8月31日
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28-5 Axel御茶ノ水102
HP:https://agri-smile.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント