12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

【AGRI SMILE×JA】農業技術指導のDXソリューション「AGRIs by JA」の提供を開始!

株式会社AGRI SMILEは、持続可能な農業を実現するDXプラットフォームの一環として、動画で栽培技術を分かりやすく体系化することで農業協同組合の営農指導業務をDXする「AGRIs by JA(アグリス バイ ジェーエー)」の提供を2021年10月4日より開始しました。複数の産地のJAと連携して多品目の栽培ノウハウを網羅的に蓄積し、全国のJAの営農指導において活用できる仕組みを構築しています。

「AGRIs by JA」のサービス概要

AGRIs by JAは、従来対面で行われてきたJAの営農指導をDXすることで、営農指導業務の効率化や質の向上に寄与します。

プロダクトの開発や改善、配信する動画コンテンツの制作において、国内有数の農畜産物取扱高を有するとぴあ浜松農業協同組合、晴れの国岡山農業協同組合、越智今治農業協同組合とAGRI SMILEで協議会を設立し実行しています。AGRIs by JAが提供する主な機能は以下のとおりです。

  • 協議会JAの営農指導員が実演・解説する100トピック以上(※1)の栽培基礎技術動画を視聴できます。作物ごとの栽培法はもちろん、畝立てや農薬散布、出荷調整などの作業、農業機械のメンテナンス、栽培基礎知識の講義などのコンテンツを揃えています(毎月更新予定)。
  • 各JAからの産地内限定の動画の配信、および、従来は文書やFAX等で配信していた生産者へのお知らせを掲載できる掲示板を設けています。
  • FAMICの農薬登録情報に基づき、適用作物名(※2)と用途から農薬を検索し、使用基準等を閲覧できるデータベースを搭載しています。

「AGRIs by JA」提供の背景

AGRI SMILEでは、2019年よりJA・行政機関とのプロジェクトで、栽培技術を動画にまとめて産地内で共有するAGRIs for Teamの取り組みを進めてきました。

プロジェクトを通して全国各地の生産者、指導員と対話する中で、生産者が信頼できる発信元からの栽培情報をオンラインでタイムリーに受け取れることや、就農者や従業員、直売所出荷者が基礎的な栽培技術を学べるインフラへのニーズの高さに気づきました。

また、JAの営農指導員の業務は、良質で安全な作物を生産するための栽培指導だけでなく、農業経営の指導や生産部会活動の支援、農地の利用調整、地域農業振興ビジョンの策定など多岐にわたっています。

営農指導の現場では、一対一、対面でのコミュニケーションのために、遠隔地への移動や生産者からの問い合わせ対応に割かれる時間も少なくありません。新規就農支援や直売所の拡充といった、産地振興のための新しい取り組みを推進していくうえで、業務の効率化による指導員のリソース確保が求められています。

そこでAGRI SMILEでは、基本的な栽培技術や農薬の使用基準、JAからのお知らせを生産者がオンラインで確認できるサービスを構築することで、産地の農業生産の底上げや、指導員の業務負担軽減に寄与できると考えました。この構想に共感した3つのJAとともに協議会を組織し、動画の撮影・編集やシステム構築を行ってきました。

JAにおいて期待される導入効果

  • 動画や掲示板を使ったタイムリーかつ場所を問わない情報提供により、就農して間もない若手生産者の技術習得の早期化や、生産部会全体での技術力の底上げが期待されます。
  • 対面でのこまやかな営農指導が難しかった直売所出荷者の技術力向上、および農薬の適正利用の徹底により、コロナ禍で需要の高まる直売所事業の拡大に貢献します。
  • 家庭菜園でも実践できるような栽培ノウハウを広く提供していくことで、市民農園の振興による都市部の農地保全や、農業関係人口の増加を後押しします。
  • 遠隔での一対複数の営農指導を可能とし、指導の充実や指導員の業務効率化に寄与します。若手指導員が産地の垣根を越えて技術を学べるようになり、スキルアップが期待されます。

【コメント紹介】とぴあ浜松農業協同組合 営農生産部 営農指導課 専門指導員 係長 高倉 克弥氏

当組合では、営農指導事業として農業初心者や直売所出荷を目指す人向けに「とぴあ園芸教室」を開催しています。昨年度からのコロナ禍で実地開催ができず、動画配信で代替したところ受講者から高評価を得ることができ、動画による営農指導の可能性を感じました。また、当組合が運営する直売所出荷会員約2,000名に対して、定期的な講習会や個別指導は行っているものの、くまなく対応することができないことが課題となっていました。
AGRIs by JAを新たな営農指導ツールとして活用し、産地の生産力の維持・向上を図っていきます。

今後の展望

AGRI SMILEは今後も、ユーザーアンケート等に基づくコンテンツ拡充や、営農に役立つ機能の追加などを、協議会JAとともに進めていきます。そして、対面指導とオンラインでの情報提供を組み合わせることで、産地の生産力を維持・向上させるために欠かすことのできない営農指導事業の充実を目指します。また、同社では、プロダクトとR&Dにより栽培現場のDXを多面的に支援していきます。

<サービス詳細ページ>
https://lp.agri-smile.app/

※1.農林水産省の作況調査対象となっている野菜(計41品目)のうち、87%を網羅しています。
※2.農薬取締法に基づく農薬登録において定められる、当該農薬を使用できる作物を指します。

【会社概要

株式会社 AGRI SMILE
代表者:代表取締役 中道 貴也
事業内容:農業のDXプラットフォーム事業
資本金:211,850,000円(資本準備金を含む)
設立:2018年8月31日
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28-5 Axel御茶ノ水102
HP:https://agri-smile.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント