12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

視覚障がい者向け歩行システム開発のAshiraseが「ディープテックグランプリ2021」でダブル受賞!

株式会社Ashiraseは、株式会社リバネスが主催する「ディープテックグランプリ 2021」にて「カワるサキへ賞」「KOBASHI賞」をダブル受賞しました。また、新たな経営体制についても発表しました。

「ディープテックグランプリ2021」ダブル受賞

Ashiraseは、2021年4月に創業し、現在視覚障がい者向けの歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」の開発を進めています。

この度参加した「ディープテックグランプリ 2021」にて、316チームの中からファイナリスト12社に選ばれ、「カワるサキへ賞」、「KOBASHI賞」をダブル受賞しました。

今回のグランプリ参加では、審査員から貴重なフィードバックを数多く受け、それを元にさらなる技術シーズの深堀や、開発計画をブラッシュアップし、視覚障がい者の外出行動がより活発・豊かになる社会を目指していく予定です。

■視覚障がい者向けの歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」とは

あしらせは、視覚障がい者向けの歩行ナビゲーションシステムです。デバイスを靴に装着し、靴の中での振動により、聴覚を邪魔せずに視覚障がい者を誘導していきます。

視覚障がい者向けに特化した誘導情報の生成と、独自振動インターフェースにより、ユーザーは直感的にルート情報を把握することが出来るため、安全に余裕を持って歩行することが可能になります。

また、スマートフォンとデバイスのソフトウェアは適宜アップデートし、新たな歩行体験を提供し続けていきます。

新たな経営体制のおしらせ

Ashiraseは、2021年9月に取締役会を設置しました。また、監査役候補者の選任が決議され、木下 太郎氏が監査役に就任、あわせて成澤 俊輔氏が経営顧問に就任します。これにより、より迅速に会社経営を推進しさらなる成長を目指していきます。

経営体制変更の目的

同社は2021年4月にエンジニア3名で創業しました。「あしらせ」のサービス化には、UI、UX、エッジデバイスソフトウェア、エッジデバイスハードウェア、スマートフォンアプリケーション、バックエンドシステムなど、多岐にわたる領域で開発が必要です。

より良いサービスを届けるために、今まで以上に、より迅速でありながらも正しい経営判断を行う必要性を強く感じ、取締役会を設置。

経営や研究開発・マーケティング支援に知見を持つリアルテックマネファンドグロースマネージャー木下太郎氏が監査役に、また当事者(全盲)であり、経営に対する広い知見をもつNPO法人FDA事務局長の成澤俊介氏が経営顧問に就任しました。

新体制による今後の取り組みについて​

この度の新体制により、視覚障がい者に密接に寄り添い社会課題に向き合う体制を構築し、迅速な事業展開・経営判断を実施していきます。

同社には、2021年5月のプレスリリースを皮切りに、多くの視覚障がい者の方に「いますぐ製品がほしい」「いつ買えるのか」とご期待の声が届きました。こうした声に応えるためにも、開発を加速するため、共に”人の豊かさを歩くで創る”に共感し、共に働く仲間を求めています。

新体制となったAshiraseは、「あしらせ」のサービス化に向けて加速、発展していきます。

新任監査役 木下 太郎氏(リアルテックファンド) の紹介

略歴
大学院を修了後、化学メーカーに入社。研究員として食品包装や電子基板向けポリマー材料の研究開発を担当。その後、特任の新規事業企画担当として新規医療用材料事業を企画し、欧州・東南アジア拠点と連携して推進。その後リチウムイオン電池用材料事業に携わる等、食品やヘルスケア、エネルギー等幅広い分野の経験を持つ。2017年にリアルテックファンドに参画。

シナジー
ファイナンス、事業開発、マーケティング等総合的な経営支援

新任経営顧問 成澤 俊輔氏の紹介

略歴
“世界一明るい視覚障がい者”のキャッチコピーを持つ。経営コンサルタントとして起業後、NPO法人FDAの事務局長、理事長を経て、2018年から2021年9月まで株式会社YOUTURN取締役として活躍。

シナジー
Ashiraseと連携が期待できる会社や個人の紹介、視覚障がい者に関する情報(ターゲットとアクセスポイントの相談など)、その他経営方針の相談など

「ディープテックグランプリ」について

大学や研究機関、企業の研究所では科学技術の「種」が生まれていますが、実用化に向けて芽を出すまでに大変な努力を要します。

リバネスならびにパートナー企業によって開催する「テックプランター」は、これを発掘し、ビジネスまで芽吹かせるプランターとしての役割を担うことを目的としたエコシステムです。「ディープテックグランプリ2021」は、リアルテック領域(ものづくり、ロボティクス、モビリティ、IoT、人工知能、素材、エネルギー等)の技術シーズと起業家の発掘育成を目的としたプログラムです。

グランプリ名:ディープテックグランプリ2021
場所:センターオブガレージ(東京都墨田区横川1-16-3)
開催日時: 2021年9月11日(土)13:00-19:00
募集期間: 2021年3月1日(月)~2021年7月9日(金)
参加対象:クローズド・事前登録制にて開催(ファイナリスト、パートナー企業、プロフェッショナルサポーター)
主催:株式会社リバネス
URL:https://techplanter.com/deeptech/2021/

「株式会社Ashirase」について

同社は、「人の豊かさを”歩く”で創る」、をミッションに掲げ歩行を通じて、人生を豊かにする機会に出会い、人の可能性を広げられる社会を実現する企業です。

歩行は、自分の足で行きたいところに行くことができるモビリティです。さらに、身体的にも様々な病気の予防・改善につながるだけでなく、五感を多く刺激するため心理的にも創造性が豊かになるなど多くの効果があります。

同社は、誰もが歩きたいと思え、歩き続けることができ、リアルな世界に触れられる。そのような「歩く」を科学し、創っていきます。

・社名 :株式会社Ashirase(アシラセ)
・代表者  :代表取締役 千野歩
・設立   :2021年4月
・HP    : https://www.ashirase.com/
・Facebook: https://www.facebook.com/Ashirase/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント