12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

【CIC Tokyo/Venture Café Tokyo共催】 日本最大級の起業家・スタートアップピッチイベント「ROCKET PITCH NIGHT AUTUMN 2021」登壇者募集

日本最大級のイノベーションセンターであるCIC Tokyoは、世界最大級のピッチイベントである「ROCKET PITCH NIGHT」を2021年11月11日(木)をVenture Café Tokyoと共催。現地参加及びオンライン視聴からなるハイブリッド形式で開催し、100組の登壇者と1,000名の参加者を目指し、登壇者募集を開始した。

ピッチイベント「ROCKET PITCH NIGHT」の特徴

“Connecting Innovators To Make Things Happen(イノベーター同士を結びつけて何かを起こす)”をミッションに、起業教育分野において28年連続全米ナンバーワンであるバブソン大学(米国・ボストン)で教鞭を取る山川 恭弘准教授(兼 東京大学教授)のリーダーシップのもと、Venture Café Tokyoは2018年3月の活動開始以来、これまで50,000人が参加する日本最大のイノベーション促進/交流プログラムを東京・茨城つくば・名古屋において展開している。

ROCKET PITCH NIGHTは、バブソン大学の3分3スライドというユニークなピッチフォーマットをもとにした名物イベントを日本向けにアレンジし、日本のアントレプレナーシップを活性化させるべく開始されたVenture Café Tokyoのフラッグシップイベントである。

2019年の開始以来、これまで3回の開催実績(2019, 2020, 2021春)があり、200組の登壇者と2,000名近いオーディエンスが参加した。回を重ねる毎に登壇者数、参加者数共に増加しており、第4回目となる今回は100組規模の登壇者と1,000名の参加者が予定されている。

※現在(2021年9月24日時点)登壇者を募集中である。応募受付は10月17日まで。
詳細はこちら:https://rocket-pitch-night-autumn-20211111.peatix.com/

また、登壇者のみならず、著名且つ実績のある起業家や投資家、スタートアップ支援者がコメンテーターとして参加するのも本イベントの特徴で、今回も豪華なコメンテーター陣が参画予定だ。

ピッチコメンテーター(2021年9月20日時点)

開催場所は、2020年10月1日に虎ノ門にてオープンした日本最大級のイノベーション・センターであり、スタートアップに限らず行政・大企業・支援機関が集積するCIC Tokyoである。

開催概要

タイトル:ROCKET PITCH NIGHT AUTUMN 2021

日時:2021年11月11日(木)15:30~21:30(日本時間)

定員:1,000名(現地:200名 オンライン:800名)を想定

開催場所:CIC Tokyo(東京都港区虎ノ門1丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階) & オンライン ※ハイブリッド開催を予定

参加方法:Peatixよりサインアップ(無料):https://rocket-pitch-night-autumn-20211111.peatix.com/

登壇申込

申込締切:2021年10月17日(日)11:59 pm JSTまで

対象者:
あらゆるカテゴリー、あらゆるフェーズの、何か新たな挑戦をしようとしている方(アイデア段階の学生や研究者、NPO、資金調達段階のスタートアップ、企業内起業家 など)

※応募多数の場合は、これまでのRocket Pitch登壇実績や応募内容のカテゴリー・フェーズを総合的に鑑みて、登壇者の方を選定がされる。

ピッチ・プライズ:
オーディエンスによる投票が多かったチーム(複数)には賞品として日本最大級  のイノベーションセンターCIC Tokyoのコーワーキングスペース利用権が贈呈される。

登壇申込: https://forms.gle/knBQfioit3VPhMGe6

Rocket Pitchの概要

過去3回(2019、2020、2021春)で総勢200組近くの起業家と2,000人近いオーディエンスが参加したVenture Café Tokyoのフラッグシップイベント、Rocket Pitch Nightが今秋も開催される。 過去の参加者はピッチをきっかけに、起業、資金調達、グローバルアクセラレーションプログラムへの採択、プロダクトの共同開発など様々なチャンスに出会っている。 
3分3スライドのこの機会、挑戦者が待たれる。 

・登壇者に対しては3分 & 3スライドというピッチフォーマットをもとに、みなさんのビジネスアイデアを世に問い、周囲を巻き込む、あるいはシンプルに起業に向けた最初の一歩を踏み出す機会を提供。

・当日は、経験豊富なコメンテーター陣やオーディエンスからのフィードバックコメントを得られる機会が用意される。

・また、同時に当日来場いただいたオーディエンスのみなさんには世の中を変えうる新たなアイデアや才能と出会う機会が提供される。 

世界を変えるには一人では大変である。
当日は世界を変える仲間を、ここVenture Café Tokyoで見つけてみてはいかがだろうか。

CIC Tokyoについて 

https://jp.cic.com/

CIC Tokyoは、2020年10月1日に虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15階と16階(合計約6,000平米)にオープンした、国内最大級のイノベーションセンターであり、スタートアップ(起業間もない、急成長を目指す企業)を中心に250社以上の企業や団体が入居できる広大なワークスペースと、ビジネスの成長とグローバル展開を加速するためのコミュニティやサービスを提供している。

CIC Tokyoに入居するスタートアップ企業は、自由な雰囲気の中、オフィススペースや多彩な共用スペースが利用可能である。
加えて、イノベーションコミュニティへの様々な形での参画が可能となり、エコシステム内のキープレイヤーと新たな関係性を構築することができる。また、CIC Tokyoをゲートウェイとして、グローバル拠点へのアクセスが容易となる。
CIC Tokyoでは2020年10月のオープン以降2021年7月末までにスタートアップやオープンイノベーションに関係のある130件を超える様々なイベントを開催しており、多くの方が集う場所になっている。

Venture Café Tokyo について 

https://venturecafetokyo.org/
Venture Café Tokyo は”Connecting Innovators To Make Things Happen”をミッションに掲げ、起業家や起業を志す人、投資家、研究者等、多様なイノベーター達が集い、繋がり、これまでにないイノベーションを社会に対して生み出すコミュニティである。
Venture Caféは米国東海岸のイノベーション拠点であるCIC(Cambridge Innovation Center)の姉妹組織としてイノベーションの第1歩目を踏み出す支援のために2010年にボストンで設立された。Venture Café Tokyoはその拡大するグローバル・ネットワークのアジアでの初めての拠点である。 

Venture Café Tokyoはイノベーションを加速させる様々なプログラムを提供しており、その中心となるのが、毎週木曜日に開催しているフラッグシップ・プログラムであるThursday Gatheringだ。Thursday Gatheringで開催される様々なセッションを通じて、イノベーター達はイノベーションを加速させる学びや刺激、そして新たな出会いを得ることが出来る。

2020年には、Venture Café Tokyoの拠点に、茨城県つくば市、愛知県名古屋市も加わり、各地域でのイノベーションコミュニティの醸成に向けて、地域内、地域外、グローバルと繋がることを目的に、 自治体と連携してTSUKUBA CONNÉCT、NAGOYA CONNÉCTを定期開催している。

各種イベント情報は以下より閲覧可能
Thursday Gathering:https://venturecafetokyo.peatix.com/view
NAGOYA CONNÉCT:https://nagoyaconnect.peatix.com/
TSUKUBA CONNÉCT:https://www.facebook.com/TSUKUBACONNECT/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント