12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

スポーツ庁×SPORTS TECH TOKYO、オープンイノベーション推進プログラム「INNOVATION LEAGUE2021」を共同開催

スポーツ庁は、SPORTS TECH TOKYOと共同で、昨年に続き、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム構築の推進を目的としたプログラム「INNOVATION LEAGUE2021」を開催する。プログラムはスポーツビジネスを拡張させる「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」と、スポーツから生まれる可能性を讃える「INNOVATION LEAGUE コンテスト」からなり、それぞれへのエントリーを7月20日より開始している。また「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」では、最終採択企業のテクノロジーやビジネスアイデアの実証を行うコラボレーションパートナーとして、本年度は公益社団法人日本フェンシング協会、及びジャパンサイクルリーグとの連携が行われる。

スポーツビジネスを拡張させる「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」とは

スポーツ周辺領域のテクノロジーとスポーツ協会・団体が持つ課題やアセットを掛け合わせることでアイデアを創出し、スポーツビジネスの拡張を目指すプログラムである。
審査を通過した最終採択企業には、事業開発経験豊富な起業家や各業界のプロフェッショナルが揃う有力メンター陣によるメンタリング機会が提供される。最終採択企業は、アイデアをブラッシュアップした後、デモデイにて成果を発表する。

「INNOVATION LEAGUE 2021」公式ウェブサイト
https://innovation-league.sportstech.tokyo/

コラボレーションパートナー(実証連携団体)

・公益社団法人 日本フェンシング協会:https://fencing-jpn.jp/
・株式会社 ジャパンサイクルリーグ:https://www.jcleague.jp/

コラボレーションテーマ:

公益社団法人 日本フェンシング協会】
試合の「緊張感」と、フェンシング協会が持つ「先進性」を進化させ、試合会場に留まらないエンターテイメント性の向上を実現するテクノロジー、及びその活用

【株式会社 ジャパンサイクルリーグ】
自転車ロードレースの魅力は、自転車競技経験のある「アスリート層」以外には伝わりにくい現状がある。自転車競技を語りやすい、語って楽しい競技にするテクノロジー(公道・競輪場等のレース双方を対象)、及びその活用

※ 詳細は公式ウェブサイトを確認

応募期間:2021年7月20日(火)~9月12日(日)23:59

採択社数:5社程度を予定

募集企業のステージ:スタートアップから上場企業まで、事業ステージは一切問いません

プログラムスケジュール(予定)
▶︎ 9月下旬 一次審査で10~20社程度を採択
▶︎ 10月上旬〜中旬 競技団体との面談セッション
▶︎ 10月下旬       採択企業の通知
▶︎ 11月上旬       キックオフイベント(都内またはオンラインでクローズド形式)の開催
▶︎ 11月上旬〜2月  共創プログラム期間(都内またはオンライン)
▶︎ 2月中旬 デモデイの開催

参加メリット:
・競技団体や事業会社との事業共創機会の提供
・起業家や各業界のプロフェッショナル、「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」に参画する事業開発経験豊富な有力メンター陣によるメンタリング機会の提供
・SPORTS TECH TOKYOの広域なネットワークへのアクセス
・キックオフ、デモデイなどプログラム期間中のイベントを通じた露出機会拡大
・スポーツ庁とのネットワーク構築機会
・プログラムをサポートいただく幅広い企業・団体とのネットワーク構築機会

応募方法:公式ウェブサイトを確認
https://innovation-league.sportstech.tokyo/acceleration

【参考】昨年度アクセラレーション採択企業の声
https://innovation-league.sportstech.tokyo/

スポーツから生まれる可能性を讃える「INNOVATION LEAGUEコンテスト」

スポーツがビジネスや社会課題、テクノロジーとつながることで、新たな可能性が生まれている。「INNOVATION LEAGUE コンテスト」ではスポーツの価値やスポーツビジネスの可能性を拡大する新しい取り組み・優れた取り組みを表彰する。

対象:
国内に拠点を置く企業・スポーツチーム・競技団体・個人で国内にて2021年に実施した(もしくは実施中の)取り組み

表彰内容:
・「イノベーションリーグ大賞」:スポーツが持つ産業拡張力を強く感じさせる取り組み
・「ソーシャル・インパクト賞」:スポーツを社会課題の解決に活用している取り組み
・「アクティベーション賞」:スポンサーシップ活用の先進的取り組み
・「パイオニア賞」:スポーツの世界が強いられている変化・困難を乗り越えるためのチャレンジ

応募期間:2021年7月20日(火)~2021年12月10日(金)23:59

結果発表:2022年2月上旬予定

応募方法:
公式ウェブサイトを確認
https://innovation-league.sportstech.tokyo/contest/

参考】昨年度コンテスト受賞者の声はこちら
https://innovation-league.sportstech.tokyo/

昨年度授賞式の様子

「INNOVARION LEAGUE 2021」プログラム説明会

「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」及び「INNOVATION LEAGUE コンテスト」の詳細を説明するオンラインセミナーが開催される。

日時:2021年8月11日(水) 14:00〜16:30
参加費:無料
開催形式:オンライン
プログラム説明会の詳細と申込みはこちら
https://eventregist.com/e/infosession210811

昨年度説明会の様子

※1 SPORTS TECH TOKYO
スポーツテックをテーマとした世界規模のアクセラレーション・プログラム。第1回開催時には世界33ヶ国から約300のスタートアップが応募。スタートアップ以外にも、企業、スポーツチーム・競技団体、コンサル、メディアなど多様なプレイヤーが参画。事業開発を目指すオープンイノベーション・プラットフォームでもある。

SPORTS TECH TOKYO 公式ウェブサイト:https://sportstech.tokyo/?ja

※2 スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)
スポーツ庁の政策の一つで、スポーツ界のリソースと民間企業等の技術や資金、学術・研究機関の知見を連携させることにより、世の中に新たな財やサービスを創出するプラットフォームを構築するという取組。共創されるサービス等により、スポーツや他産業の価値向上と、社会課題の解決を目指す。これまでに政策の基本的方向性を協議する推進会議やSOIP構想の周知・浸透と参画人口の拡大を目的としたカンファレンスの開催、中央競技団体をイノベーションプラットフォームとしたアクセラレーションプログラムを実施、国内発の先進的な取組を顕彰し市場開拓面や資金調達等の面における事業化の加速を目的としたコンテストを開催している。スポーツ庁はスポーツオープンイノベーション推進事業において、SPORTS TECH TOKYOをINNOVATION LEAGUEの事務局業務の委託先として採択している。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント