12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

サグリ、インドの農業関連大手LEAFと事業提携を発表!農地の自動区画化を可能とする「AIポリゴン」技術等で農家支援の管理をDX!

「人類と地球の共存を実現する」をビジョンに掲げるスタートアップであるサグリは、2019年よりインド・ベンガルールに子会社を設置しており、インド提携先のローレンスデール・アグロ・プロセッシング・インディア(LEAF)との事業提携を発表しました。農地の自動区画技術AIポリゴン及び衛星データから解析した植生・土壌・天候等の営農情報を用いて、農家支援を行うLEAFの農業指導者向けのアプリケーションを展開。また、衛星データから得られる情報及び地上から得られる情報を用いて、小規模農家向けの与信となる農地評価レポートを作成することで、農家のマイクロファイナンスの支援を実施します。

途上国農家の所得向上につながる仕組みを実現するサグリの技術

「人類と地球の共存を実現する」をビジョンに掲げるスタートアップ企業サグリ株式会社は、2019年9月にJETRO(日本貿易振興機構)の日印スタートアップハブ第一号案件として、インド子会社である、サグリ・ベンガルール・プライベート・リミテッド(Sagri Bengaluru Private Limited)を立ち上げ、インド事業を推進してきた。
サグリは、衛星データやAIによる機械学習技術を掛け合わせ、農業と環境の課題解決を行う事業展開を行っており、当社のコア技術として、高解像度の衛星データをAIの画像技術を用いて解析することで、グローバルの農地の自動区画化を可能とする「AIポリゴン」技術の普及や、耕うんされた農地の衛星データから得られる波長データとAIによる機械学習を用いて、土壌化学性指標を分析可能とする技術を開発してきた。
これらの技術は、ASEAN、南アジア、アフリカといった農地が小規模な途上国へ展開可能とするもので、施肥設計等の営農指導やマイクロファイナンスを受けるための与信創造を通じて、途上国農家の所得向上につながる仕組みを実現することを目的としている。現在はインドにおいてサグリのメンバーを軸に、複数の州の農村地域で事業を行っている。

LEAFとの業務提携に至るまで

サグリインド法人の立ち上げ時、経済産業省の補助事業である飛びだせ Japan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金を活用し、「インド農家の農地を信託し、途上国農家への低金利融資の実現」と題して、マイクロファイナンス事業を実証事業を行った結果、短期間で2000以上の農家からマイクロファイナンスの申し込みがあり、独自の与信評価によって補助事業終了直後の2020年2月より、融資を200件以上のマイクロファイナンスの貸出を完了した。

しかし、2020年3月頭、COVID19によるインド中央銀行のモラトリアム発動等による市場動向の変化により、マイクロファイナンス事業を一時中断するに至っている。このため、サグリでは、グローバル展開を可能とするため、グローバルの農地を自動区画化を可能とする「AIポリゴン」技術や、衛星データを解析した穀物類等の営農情報展開を可能とする技術開発・実証に専念してきた。

2020年度には経済産業省の補助事業であるアジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金(日印経済産業協力事業)の採択を経て営農ビジネス展開に向けた実証事業などを通じて、サグリ社で営農情報の解析を強化し、グローバル展開を行うことが可能となる技術を構築した。

その結果、インド農業大手であるインドの農業関連サービス大手ローレンスデール・アグロ・プロセッシング・インディア(Lawrencedale Agro Processing India以下、LEAF)に評価を受け、当社サービスの導入、提携を行うに至ったのである。アナログで管理されていたデータが衛星データ及び地上データを融合したデータをデジタル地図へ統合することによりデジタル管理することを実現しました。

LEAF Founder and CEO Mr. Palat Vijayaraghavan氏からのコメント

私たちは、今まで何百万もの小規模農家に営農指導などを通じて、収量増加やオーガニック化等、ポジティブな影響を与えてきました。今回、発表したSagri-LEAF事業提携は、衛星のビッグデータ、人工知能(AI)、機械学習を組み合わせたサグリ社のソリューションの展開を通じて、LEAF社の営農指導者が農家支援を効率化し、農家の、栄養内容の改善、リスク軽減のための作物の多様化へと取り組みを可能とするものであると共に、収穫量の予測などからマイクロファイナンス機関に対する与信情報を作成し、展開していきます。また、このプラットフォームは、AI技術による衛星データの解析をベースに、地上のデータのをAIに学習させることで、農地で起きていることの予測がより再現できる状態を作り上げていくことができるため、今後も独自プラットフォームの創造を実現スべく、更にスピードアップする事業展開にご期待下さい。

サグリ株式会社について

サグリ株式会社は、2018年6月に兵庫県で創業されたスタートアップ企業であり、2021年6月にはリアルテックファンドなどから総額1.55億円の資金調達を発表した。また、ひょうご神戸スタートアップファンドの第一号案件の出資となった。2021年度農林水産省 農林水産技術等大学発ベンチャーに認定され、近畿経済産業局より、J-Startup-KANSAIに選出。環境省スタートアップ大賞事業構想賞受賞や東洋経済2021すごいベンチャーに選出されている。また、国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学により岐阜大学発ベンチャーに認定された。

Sagri Bengaluru Private Limited COO Chevdumoi Ravanth Mohanaram氏について

Sagri Bengaluru Private Limited
Cheif Operation Officer(COO) 
Chevdumoi Ravanth Mohanaram

MVJ工科大学にて、講師を務めた後に、シュリ・ヴィディヤニケタン工科大学で助教授に就任。その後、日本へ渡航し、国内で電子機器メーカーでの勤務を経験後、化学製品を扱う日系企業のベンガルール支社にて、総務・ロジスティクス・顧客へのテックサポート等に従事。2019年4月よりサグリのインド法人サグリ・ベンガルール・プライベート・リミテッドのCOOとして総務、金融機関へのマーケティング、およびアグリテック事業を推進するパートナー企業との技術的なコミュニケーションを担当。

ローレンスデール・アグロ・プロセッシング・インディアについて

ローレンスデール・アグロ・プロセッシング・インディア(LEAF)はタミルナド州に本社を構える小規模・零細農家の生活向上に取り組むインド随一の大手総合農業技術企業である。LEAF社が提供するデジタルプラットフォームは、高品質の農業資材提供、農学的な営農指導、市場との連携など、低所得農家が持続可能な農業を実現するためのコミュニティを構築している。また、テクノロジーを駆使した農作物物流システムも開発しており、サプライチェーンの無駄を省くことで、農家の利益に寄与する仕組みを提供している。
https://unreasonablegroup.com/ventures/leaf?v=PCDn_xBNw8Y

社名サグリ株式会社
設立2018年06月
資本金丹波市氷上町常楽725-1
代表者坪井俊輔
URLhttps://sagri.tokyo/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント