12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

ICT化が保育の質向上を強化 !ソラスト運営の保育施設19園へ「ルクミー」導入開始

テクノロジーの力で保育や子育てに関する社会課題を解決するユニファが提供する総合ICTサービス「ルクミー」が、2022年4月1日より、ソラストが運営する保育施設19園へ導入され、運用が開始されます。今後ユニファは、ルクミーの導入のみならず現場での実践を重視し、ソラストが掲げる保育理念を共に実現します。

すべてはそこに暮らす子どもたちのために

導入の概要について

■ 導入背景

ソラストは、「すべてはそこに暮らす子どもたちのために」を保育理念に掲げ、東京都を中心に保育施設等を47ヶ所運営している。子どもたち一人ひとりの成長を見守り、深い愛情を注ぐ「もうひとつの我が家」となることを目指し、保育の質の向上や人材育成を重視した取り組みを数多く実施することで保護者や地域から高い信頼を得ている。
今後より一層の保育の質の向上の実現を目指すためにも、既存のシステムから機能が充実した新たなICTサービスへ切り替える必要があり、今回ICTに加え、研修などにも力を入れている総合ICTサービス「ルクミー」の導入に至った。

■ 導入サービス

(a)記録・確認業務の負担軽減
・ルクミークラスボード:クラス運営に必要なさまざまな情報を一元管理できるサービス。連絡帳と登降園と連携することで、体温・睡眠・食事・排便等の記録、お迎え予定等が記録される。
・ルクミー連絡帳:保育施設と保護者の連絡をスムーズにするツールサービス。体温や食事等の記録はクラスボードから自動で転記される。
・ルクミーおたより:保育施設からのおたより・お知らせを保護者へ確実にスピーディに一斉送信できるサービス。
・ルクミー帳票管理:指導計画や保育日誌などを監査対応した形でデータ化し、管理できるサービス。
・ルクミー園児メモリー:園児の基本情報や成長記録、発達記録などを一元管理できるサービス。

(b)写真を使った保育の振り返り
・ルクミーフォト:専用アプリで撮影すると、写真のアップロードやクラス分け、販売、決済、プリントまで自動化される写真販売サービス。
・ルクミードキュメンテーション:ルクミーフォトと連携し、保育の振り返りを手間なく行えるサービス。

(c)健康管理
・ルクミー午睡チェック:午睡センサーで乳幼児のお昼寝(午睡)中の体の向きを検知し、アプリによって自動で記録するサービス。

(d)園・施設の運営支援
・ルクミーシフト管理:自動入力によって保育者のシフトの素案を作成するサービス。
・ルクミー登降園:園児の登降園時間を記録・管理するサービス。
・ルクミー請求管理:延長保育料を自動計算し、保護者へ請求書の作成も簡単にできるサービス。

ソラストについて

社名株式会社ソラスト
設立1965年
所在地東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東6F
代表者 藤河 芳一
事業概要医療関連受託事業、介護事業、保育事業、教育事業、スマートホスピタル事業
URLhttps://www.solasto.co.jp/

保育ICT/研修サービス「ルクミー」

保育者の業務は、子ども達の登降園管理やお昼寝(午睡)時の見守り、保育日誌や保育計画の作成、保護者や自治体へ提出する書類作成、保育者のシフト管理まで、非常に多岐にわたる。加えて、保育者が作成しなければならない書類の多さや保育の周辺業務、補助業務でのICT化が進んでいないことが、保育者が多忙である要因だとも指摘されている※1。

「ルクミー」シリーズは、データ連携を強化し、登降園状況や検温、睡眠、食事、排便等のデータや、ルクミーフォトで撮影した写真が自動で集約され、帳票や連絡帳へ自動転記される。これにより、保育関連業務をDX(デジタル・トランスフォーメーション)し、業務負荷の大幅な削減を実現し、保育者の心と時間のゆとりの創出を目指している。また、創出できた時間によって保育者にとって重要な子どもと向き合う時間を増やし、写真ドキュメンテーション作成機能の提供により、保育者同士で子どもたちの成長に関する気づきをさらに共有しやすい環境を作り、豊かなコミュニケーションを増やすことで、保育者のやりがいの創出や保育の質の向上にも貢献している。

 ※1:出典「保育の現場・職業の魅力向上に関する報告書」(厚生労働省 令和2年9月) 

▼保育ICT/研修サービス「ルクミー」
https://lookmee.jp/

Childcare-Techスタートアップ「ユニファ」

ユニファは、保育・育児関連の社会課題解決を目指す“Childcare-Tech”領域のスタートアップである。「家族の幸せを生み出すあたらしい社会インフラを世界中で創り出す」をパーパス(存在意義)に、IoTやAIを活用した保育支援サービス「ルクミー」を開発・提供している。「スマート保育園・スマート幼稚園・スマートこども園」構想を通じて、子育てしながら働きやすい豊かな社会作りに貢献している。「スマート保育園」は、2021 年グッドデザイン・ベスト100 および特別賞であるグッドフォーカス賞〈新ビジネスデザイン〉を受賞した他、「ルクミー」は社会にとって有益なクラウドサービスに贈られる「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」の社会業界特化系 ASP・SaaS 部門において先進技術賞を受賞している。また、「ユニファ」は2017年にStartup World Cup初代チャンピオンに選出された他、2021年には J-Startup にも選出された。

社名ユニファ株式会社
設立2013年
所在地東京都千代田区富士見1-8-19 住友不動産千代田富士見ビル2階
代表者土岐泰之
事業概要保育支援サービス「ルクミー」シリーズの企画、開発、販売、運営。「スマート保育園・スマート幼稚園・スマートこども園」の展開、推進。
URLhttps://unifa-e.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント