12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

【教育・医療福祉領域のさらなるサービス開発へ】学研ホールディングス、VR・AIスタートアップ企業2社にCVC出資!

学研ホールディングスは、運営する投資プロジェクト「Gakken Capital」において、EdTech系スタートアップ企業のPlusOneおよびHoloeyesの2社に対し出資を行いました。今回の出資により、VR技術に代表されるXRテックやAIがサービスに組み込まれ、新しい体験価値が提供されることが期待されています!

PlusOneについて

プラスワンが開発・販売するVRおよびAI技術を活用した英会話トレーニングソフト「Smart Tutor(スマートチューター )」は、AIを搭載したヒューマン・ホログラム「Holosapiens」とVR空間で英会話を行えることが特徴である。一定時間の練習後、AIがユーザーのスピーチを、発音・流暢さ・スピーチペースなど7つの評価指標でリアルタイムに分析し、スピーチ内容を客観的にスコア化するなどのサービスを提供している。
また、この「Smart Tutor」では自社コンテンツをVR内の練習コンテンツとして手軽に反映することができ、英会話スクールが保有するコンテンツをVRにアップロードし、各生徒へ割り当てることが可能となっている。さらに、生徒が特殊なテーマで英語のスピーキングをしたいという場合でも、ニーズに合わせて講師がカスタマイズ対応することもできる。

「Smart Tutor」 VRに再現されたミーティング場面で練習が可能

学研とプラスワンとの事業シナジーについて

学研ホールディングスはこれまで、数多くの英会話学習コンテンツ・サービスの開発と提供を行っていある。また、今後は語学を含むリカレント・リスキリング領域への取り組みを強化させていく予定だ。このたびのプラスワンへの出資・協業により、VR技術を活用した英会話学習の新たな体験価値の創出、およびグローバル人材育成のためのサービス開発を加速させる。さらに、メタバースが拓く新たな市場での展開可能性をプラスワンのサービスを通じて検証する意向だ。

Holoeyesについて

Holoeyes は2016年10月に外科医とエンジニアにより設立された医療 EdTechスタートアップ企業である。CT や MRI などの画像診断装置で得られた画像情報をコンピュータ処理し、診療のために提供するプログラムである、医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD(※1)」の提供をしている。同製品は三次元画像処理を行う機能があり、ヘッドマウントディスプレイを併用して空間的に提示することも可能だ。
また、非医療機器の「Holoeyes XR」や、バーチャルリアリティー(VR)のように三次元空間上において複数人で同時に没入体験をしながら遠隔カンファレンスができる 「Holoeyes VS」などの医療支援サービスも提供している。 Holoeyesは医師、医療従事者の教育支援サービス「Holoeyes Edu」も提供しており、臓器解剖や 手術手技の動きを VR として立体空間的に音声解説と共に記録、配信、追体験できるサービスを提供している。

(※1)一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム、販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD、認証クラス分類:管理医療機器(クラスⅡ)、認証番号:302ADBZX00011000、認証日:令和2年2月28日

「Holoeyes Edu」 看護学校でのVRで再現された血管や臓器など実習シミュレーションが可能

学研とHoloeyesとの事業シナジーについて>

Holoeyesのサービスは、実際の手術手順をイメージしたシミュレーションを可能にするものであり、外科解剖のサポートはもちろん、医師のスキルアップ、看護師養成等への貢献も期待されている。学研グループは、医学書・看護書の出版をはじめ、看護・医療領域においても教育事業を展開しており、今回のHoloeyesへの出資・協業により、保有するコンテンツに最先端のVR技術を組み込むなど、教育効果・学習効果を飛躍的に高めるコンテンツ・サービス開発を加速させることが期待されている。

PlusOne, Inc. について

社名本社:PlusOne, Inc.
日本支社:株式会社プラスワン・ジャパン
設立2016年 8月
所在地本社:995 Market St, San Francisco, CA 94103, USA
日本支社:東京都港区赤坂8-4-14 8F Fabbit青山
代表者本社:Jon Su
日本支社:栗原 聡
事業概要VR/AR・人工知能技術を活用した教育のコンテンツの企画・開発・販売
URLhttps://www.plusone.space/

Holoeyes株式会社について

社名Holoeyes株式会社
設立2016年10月
資本金〒107-0062 東京都港区南青山2-17-3 モーリンビル303
代表者谷口直嗣
事業概要医療領域における、臨床・トレーニング・教育向けVRアプリ等開発及びサービス事業等
URLhttps://holoeyes.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント