12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

【教育・医療福祉領域のさらなるサービス開発へ】学研ホールディングス、VR・AIスタートアップ企業2社にCVC出資!

学研ホールディングスは、運営する投資プロジェクト「Gakken Capital」において、EdTech系スタートアップ企業のPlusOneおよびHoloeyesの2社に対し出資を行いました。今回の出資により、VR技術に代表されるXRテックやAIがサービスに組み込まれ、新しい体験価値が提供されることが期待されています!

PlusOneについて

プラスワンが開発・販売するVRおよびAI技術を活用した英会話トレーニングソフト「Smart Tutor(スマートチューター )」は、AIを搭載したヒューマン・ホログラム「Holosapiens」とVR空間で英会話を行えることが特徴である。一定時間の練習後、AIがユーザーのスピーチを、発音・流暢さ・スピーチペースなど7つの評価指標でリアルタイムに分析し、スピーチ内容を客観的にスコア化するなどのサービスを提供している。
また、この「Smart Tutor」では自社コンテンツをVR内の練習コンテンツとして手軽に反映することができ、英会話スクールが保有するコンテンツをVRにアップロードし、各生徒へ割り当てることが可能となっている。さらに、生徒が特殊なテーマで英語のスピーキングをしたいという場合でも、ニーズに合わせて講師がカスタマイズ対応することもできる。

「Smart Tutor」 VRに再現されたミーティング場面で練習が可能

学研とプラスワンとの事業シナジーについて

学研ホールディングスはこれまで、数多くの英会話学習コンテンツ・サービスの開発と提供を行っていある。また、今後は語学を含むリカレント・リスキリング領域への取り組みを強化させていく予定だ。このたびのプラスワンへの出資・協業により、VR技術を活用した英会話学習の新たな体験価値の創出、およびグローバル人材育成のためのサービス開発を加速させる。さらに、メタバースが拓く新たな市場での展開可能性をプラスワンのサービスを通じて検証する意向だ。

Holoeyesについて

Holoeyes は2016年10月に外科医とエンジニアにより設立された医療 EdTechスタートアップ企業である。CT や MRI などの画像診断装置で得られた画像情報をコンピュータ処理し、診療のために提供するプログラムである、医療用画像処理ソフトウェア「Holoeyes MD(※1)」の提供をしている。同製品は三次元画像処理を行う機能があり、ヘッドマウントディスプレイを併用して空間的に提示することも可能だ。
また、非医療機器の「Holoeyes XR」や、バーチャルリアリティー(VR)のように三次元空間上において複数人で同時に没入体験をしながら遠隔カンファレンスができる 「Holoeyes VS」などの医療支援サービスも提供している。 Holoeyesは医師、医療従事者の教育支援サービス「Holoeyes Edu」も提供しており、臓器解剖や 手術手技の動きを VR として立体空間的に音声解説と共に記録、配信、追体験できるサービスを提供している。

(※1)一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム、販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD、認証クラス分類:管理医療機器(クラスⅡ)、認証番号:302ADBZX00011000、認証日:令和2年2月28日

「Holoeyes Edu」 看護学校でのVRで再現された血管や臓器など実習シミュレーションが可能

学研とHoloeyesとの事業シナジーについて>

Holoeyesのサービスは、実際の手術手順をイメージしたシミュレーションを可能にするものであり、外科解剖のサポートはもちろん、医師のスキルアップ、看護師養成等への貢献も期待されている。学研グループは、医学書・看護書の出版をはじめ、看護・医療領域においても教育事業を展開しており、今回のHoloeyesへの出資・協業により、保有するコンテンツに最先端のVR技術を組み込むなど、教育効果・学習効果を飛躍的に高めるコンテンツ・サービス開発を加速させることが期待されている。

PlusOne, Inc. について

社名本社:PlusOne, Inc.
日本支社:株式会社プラスワン・ジャパン
設立2016年 8月
所在地本社:995 Market St, San Francisco, CA 94103, USA
日本支社:東京都港区赤坂8-4-14 8F Fabbit青山
代表者本社:Jon Su
日本支社:栗原 聡
事業概要VR/AR・人工知能技術を活用した教育のコンテンツの企画・開発・販売
URLhttps://www.plusone.space/

Holoeyes株式会社について

社名Holoeyes株式会社
設立2016年10月
資本金〒107-0062 東京都港区南青山2-17-3 モーリンビル303
代表者谷口直嗣
事業概要医療領域における、臨床・トレーニング・教育向けVRアプリ等開発及びサービス事業等
URLhttps://holoeyes.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント