12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

Hakkyが、AIを用いたプロダクトの開発を一気通貫で支援する「機械学習プロダクト開発支援サービス」を開始!

「データでプロダクトを価値あるものにする」をミッションとするスタートアップ、株式会社Hakkyは、AIを用いたプロダクトの開発を一気通貫で支援する「機械学習プロダクト開発支援サービス」を本格的に開始しました。
このサービスは、機械学習プロダクトの開発を、要件定義からAIの組み込みまで一気通貫で支援するもので、ユーザーへのサービス・プロダクトの価値向上に貢献します。

サービス開始の背景

よりよいユーザー体験を提供するために機械学習を活用することは、プロダクトの価値向上において重要性を増してきています。

しかし、機械学習プロダクトの開発を成功させるためには、機械学習モデル自体の開発以外にも、AIの特性を考慮したプロダクトの要件定義や、モデルの改善を見越したAIのシステムへの組み込みなど、開発の各フェーズにおいて、データサイエンスの専門的な知見が必要になります。そのため、機械学習のモデル開発はしたものの、その機能がプロダクトの価値向上に十分に結びつかないケースも多いです。

今回提供を開始するHakkyの「機械学習プロダクト開発支援サービス」では、AIを用いた新規事業・自社サービス・プロダクト開発において、

①AIの要件定義
②機械学習モデル開発
③プロダクトへの組み込み
という、3つのステップを経験豊富な機械学習エンジニアとデータサイエンティストが支援します。

サービスの詳細

① AIの要件定義

機械学習プロダクトは、通常の要件定義に加え、AIでユーザー体験をどのように拡張・向上させるかという価値定義や、AIが出力した結果をどのように表示するかというUI設計など、AIの特性を考慮した設計が必要になります。

このような「AIの要件定義」を的確に行うためには、データサイエンスの専門知識が必要であり、通常のシステム要件定義やUI設計ではカバーしきれません。

複数プロダクトにAIを活用した機能をサービスインしてきた実績を有するHakkyでは、ユーザー体験を軸としたAI要件定義を得意としており、ユーザーのプロダクトの価値向上に伴⾛します。

② 機械学習モデル開発

モデル開発・検証フェーズにおいて「本当に精度が出るのか?精度を高めるには何が必要か?」を見極めるには、データサイエンティストの専門知識が不可欠です。

しかし、データの前処理や探索的分析、特徴量エンジニアリングなど、モデル開発の各ステップは「やってみないとわからない」という性格を持つ上に、各ステップに十分な時間をかけることが出来なければ精度を上げることは出来ません。そのため、モデル構築に時間がかかりすぎてプロダクトのリリースが出来なかったり、逆にプロダクションを急ぐあまり期待する精度を達成できず結果に繋がらなかったりと、機会損失になってしまっているケースが多く見られます。

Hakkyでは、自社開発のモデル構築ツールを用いて、時間のかかる作業は半自動化して行っているため、モデルの精度を向上させるための作業にデータサイエンティストの知見を集中させることができます。出来る限り短期間でコストを抑えながら、精度の高いモデルを構築することが可能です。

③ プロダクトへの組み込み

機械学習プロダクトは、データを蓄積することにより精度やユーザー体験を向上させていくことができるのが特長です。しかし、継続的な改善を前提としたモデルの組み込みを行わなければ、運用を上手く回すことが出来なくなってしまいます。

Hakkyは、AIをプロダクト化するフェーズにおいて、アーキテクチャ設計やインフラ/API開発、改善を見据えたデプロイ・運用フローの構築など、データサイエンティストとエンジニアが連携して継続的に開発・運用・改善を回していくためのMLOps(※)の実現を支援致します。

※MLOpsとは…モデル作成(MaschineLearning)・システム開発(Development)・運用(Operation)の3つのステップが円滑に回るようにするための管理体制のこと。

Hakkyでは今までに、AIを用いた新規事業の立ち上げを複数経験し、機械学習プロダクトの受託開発、インフラ構築、運用支援など、データサイエンスの専門家集団として、様々なユーザーを支援してきました。これらの実績から得られた知見を活かし、企画段階からユーザーに伴走することで、「データでプロダクトを価値あるものに」のミッションを実現していきます。

【株式会社Hakkyについて】

社名株式会社Hakky
代表齋藤 和正
住所東京都新宿区西新宿7丁目1番7号 ​新宿ダイカンプラザA1018
事業内容1. データ活用支援
2. 機械学習プロダクト​開発支援
3. データ基盤構築支援
URLHandbook:https://book.st-hakky.com/
会社HP:https://www.about.st-hakky.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント