12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

水・住まい・農業――。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。そんな同社は、これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。

強みは、「ネットワーク」「ダイレクト」「ワンストップ」

―渡辺パイプの事業と強みについて教えてください。

弊社の事業は大きく2つあり、1つは「水と住まいの事業」です。管工機材や住宅設備機器、建材、電設資材など、取引メーカーから仕入れた資材を、全国の建設・土木工事会社や水道・電気工事店、工務店、リフォーム店、ハウスメーカーなど8万社を超えるお客さまに販売しています。

もう1つの事業は「グリーン事業」です。農業用のグリーンハウスや研究施設、観賞施設、商業施設など、お客さまのニーズに合わせたグリーンハウスを設計・施工・販売。加えて、グリーンハウス内の環境制御装置や空調設備、生産資材、ノウハウ等も全国の農家や農協に提供しています。

これら事業の強みは3つあり、1つは「ネットワーク」があることです。全国47都道府県に570を超える拠点(営業所、倉庫、駐車場)があり、3000台を超える配送車両を配置。たとえば、東京のお客さまの現場が北海道なら、北海道の拠点から資材をお届けできます。

2つ目は「ダイレクト」であること。建設資材の流通は、1次店や2次店、場合によっては3次店まで挟むなど多段階構造になることが多いのですが、渡辺パイプは3000社を超える各種メーカー(※)と直接取引をしているため、ダイレクトに商材をお客さまに提供できるのです。
(※)水道機器メーカー、住宅設備機器メーカー、建材メーカー、空調機器メーカーなど

つまり、直接メーカーから購入して直接お客さまに販売しているため、商流が短いぶん価格が抑えられ、情報の流通や対応スピードも早いのが特徴です。

3つ目は「ワンストップ」であること。2つの事業で100万点を超える商材を扱っており、特に「水と住まいの事業」では、家一軒を建てるのに必要な資材を全て提供しています。だから、渡辺パイプに問い合わせていただければ、あらゆる建設資材が手に入るのです。

スピード感には自信アリ。スタートアップの領域は不問

―他社にない強みをいくつも持つ渡辺パイプが、今回アクセラレータープログラムを導入した理由は何でしょうか?

一番の理由は、これまでに培ったリソースを活用して、お客さまをはじめとした日本全国の企業の経営課題を解決するための支援をしたいからです。渡辺パイプだけではアイデアに限界があるため、さまざまな領域のスタートアップと組んで、新しい価値を創出したいと考えました。

―スタートアップと組むのは初めてでしょうか?

いえ、これまでも銀行や業界紙などから、建築関係のスタートアップをご紹介いただくことは多く、スタートアップのサービスを我々のお客さまに紹介したり、出資したりといった取り組みはありました。

ただ、それは「渡辺パイプと協業できそうだ」というフィルターを通した紹介なので、どうしてもスタートアップの領域が限られていました。今回我々が実現させたいのは、建築・農業領域に限らない、ITや教育、人材、医療、観光、環境、DXなど、さまざまな領域のスタートアップとの多様な協業です。

そのために提供できるのは、建築や土木、物流、不動産、農業における全国8万社を超えるお客さまや、3000社を超える取引メーカーとのネットワーク、取引データや在庫データなどのビッグデータ。また、全国570の拠点網と3000台を超える車両、そしてその走行履歴、海外の現地法人など多岐にわたります。

加えて、長野県でスキー場やゴルフ場、リゾートホテルを運営している会社や、自然からの学びを未来につなげる公益財団法人なども展開しているため、これらの事業との協業はもちろん、広大な自然を実証実験の場として活用することも可能。

ほかにも、きっと我々が気づいていないリソースや強みはあると思うので、幅広い領域のスタートアップとお話をしながら、協業可能性を模索したいと考えています。

―あらゆる領域のスタートアップが応募対象になるということですね。

そうです。しかも今回のアクセラは私が責任者として進めるプロジェクトなので、意思決定のスピードが早いですし、途中で話が二転三転する、といったこともありません。

提案から実証実験まで、スタートアップのスピード感で実行できるので、ぜひ安心してご応募いただきたいですね。

持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気に

―スタートアップとの協業によって実現したいことを教えてください。

いくつかあって、一つは持続可能な地域社会への貢献です。全国の拠点やネットワークを活用して、災害支援や高齢化・子供の体験学習の支援、地方創生、環境問題の解決など、地域に密着したあらゆる支援をしたいと思っています。

加えて、我々の事業領域であり、人々の生活インフラである「水・住まい・農業」の業界全体の活性化も我々にとっては大きなミッションです。

建設業界や農業は、大切な生活インフラであるにも関わらず人材不足が深刻で、特に農業従事者の平均年齢は67歳を超え、若い人の参入もほとんどありません。

職業訓練学校とのタイアップで、工業高校を卒業した学生と業界をつなげる取り組みは進めていますが、人材育成や後継者問題、デジタル化の遅れなど課題は山積しています。

こうした課題を解決することで我々が実現させたいのは、小さな工務店も小さな農家も稼げる社会にすること。多様な技術を持つ小規模事業者が生き残れなくなると、それは生活者であるエンドユーザーの選択肢の多様性を失うことに直結します。

「家を建てたい」と思ったとき、大手メーカーしか選べなかったら、自分が理想とするデザインや資材を使った家を建てられないかもしれないですよね。

だから、我々が“パイプ役”となって、さまざまなステークホルダーとスタートアップをつなげて業界全体を活性化させ、それを各地域に派生させながら日本全体をボトムアップで元気にしたいと思っています。アイデアベースでも構いません。たくさんのご応募をお待ちしています。

渡辺パイプのオープンイノベーション最新事情ムービーはこちら

開催に向けた思いや、どのような領域で協業を目指しているかなどお話いただいていますので、こちらもぜひご参考にご覧になってください。

社名渡辺パイプ株式会社
設立1957年4月15日
本社〒104-0045 東京都中央区築地5-6-10浜離宮パークサイドプレイス6F
資本金10,099,184,000円
代表者代表取締役社長 渡辺 元
事業概要【水と住まいの事業部】管工機材の販売・住宅設備機器の販売・電設資材の販売
【グリーン事業部】温室の設計・施工、販売
URLhttps://www.sedia-system.co.jp
インタビュイー
渡辺 圭祐 氏 渡辺パイプ株式会社 代表取締役副社長
大学卒業後、総合商社勤務を経て、2010年に渡辺パイプへ入社。2015年、首都圏営業本部長、2017年、水と住まいの事業部長を歴任し、2019年代表取締役副社長へ就任。創業以来の企業精神「すべてはお客さまのために」をモットーに、“モノ”を売るのではなく、“コト”を売る事業戦略を促進。また、水・住まい・農業に於ける「生活インフラをつなぐパイプ役」を目指して、顧客接点のデジタルシフト、営業スタイルの変革に挑戦し、住宅・農業市場の減少トレンドが続く中、業績を堅調に伸ばし続ける経営を推進している。
Facebook コメント
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント