12.8 C
Japan
火曜日, 1月 18, 2022

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。

※応募の締め切りは2021年11月23日(火)です。

世界140カ国のさまざまな市場に貢献

―金銭処理で世界シェアNo. 1を誇る日本金銭機械について、まずはその事業内容と特徴、強みを教えてください。

日本金銭機械は、世界140カ国の紙幣に対応した貨幣処理機器や金融関係機器などのソリューションを、世界中のさまざまな市場に提供している会社です。世界に認められた鑑識別技術を応用し、世界中のカジノやATM、駅構内などの券売機、精算機、自動販売機、パチンコ/パチスロ市場向け機器の開発・製造・販売をしています。

ニッチな市場ですが、ラスベガスやマカオをはじめカジノ市場では、「お金を入れる機械はJCM(Japan Cash Machine)」と言われているほど浸透しており、この市場の約60%のシェアを取っていることが特徴。紙幣の識別や鑑別アルゴリズム、センシング技術などが強みです。

事業セグメントは、「カジノ/ゲーミング市場」と国内外の「金融・流通・交通市場」、そしてパチンコ・パチスロをはじめとした「国内遊技場向機器市場」の3つ。特に、「金融・流通・交通市場」では、スーパーや病院、ホテル、飲食店、バス、タクシー、電車、ガソリンスタンドなどに当社製品が搭載されているため、多くの方の生活に密着しています。

―今回、アクセラレータープログラムを導入した背景を教えてください。

アクセラレータープログラムの詳細はこちら

貨幣処理機器や金融関係機器、またその技術はさまざまな市場で使われているため、これまではどこかの市場が不調になっても全体として影響を受けづらく、ずっと業績は順調に推移していました。

しかし、新しい決済システムの普及によって貨幣処理に求められるニーズや市場構造が多様化したこと、カジノ離れが進んでいることなどから、既存の貨幣処理事業以外に新しい事業を創出したいと考えたのです。

そこで課題になったのは、貨幣処理事業に特化し過ぎた自分たちだけでは、他の領域の社会課題を捉えきれずに、新しいことに挑戦したくてもなかなかうまくいかなかったこと。そこで、2020年10月に役員直轄の組織として、開発・生産技術・品質・購買・営業・管理などの各部門からトッププレイヤー9人を招集した「新規ビジネス開拓部」を発足しました。

既存事業にとらわれることなく、さらに「今までやったことがない」を理由にせずに、スタートアップと共にあらゆる領域の社会課題の解決に挑戦したいと考えています。

▶︎募集期限:2021年11月23日 20:00
▶︎エントリー方法:下記リンクURLより、協業案をご提案ください。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:日本金銭機械株式会社

あらゆる領域の可能性を探りたい。門戸は広く開けています

―既存の技術力やネットワークを活用しながら、既存事業にとらわれない領域に挑戦したいということですね。具体的に活用できるリソースを教えてください。

貨幣処理事業で培った技術やノウハウ、たとえば研究開発や独自の技術、参入障壁の高いカジノ市場でのノウハウやグローバルサプライチェーンのノウハウなどを活用いただけます。

ほかにも、国内外の生産拠点やパートナー企業とのネットワーク、グローバルでの販売体制や顧客チャネルなど、世界中で培ってきたノウハウやリソースは活用いただけますし、長期的な提携として資本提携も視野に入れています。

その上で、応募いただくスタートアップに期待したいのは、我々には想像もできない領域での新しいチャレンジです。我々はこれまで、貨幣処理のトップランナーとして、既存事業の延長線上にある新規事業への挑戦は繰り返してきました。今回はそうではない、全く新しいことにチャレンジしたいと考えています。

それは、スタートアップが取り組んでいる社会課題解決に一緒に取り組むのでもいいですし、やりたいことがあっても実現できていないアイデアをぶつけていただくのでも構いません。ディスカッションをしながら5年先、10年先の未来を見据えた新しいビジネスを創造したいので、ぜひいろんなアイデアを聞かせてもらえると嬉しいです。

―日本金銭機械が解決したい社会課題は何でしょうか?

根底にあるのは、我々のソリューションを通じて、世界中の人たちの生活を良くしていくこと。安心して生活ができるような、社会インフラを目指しています。

実現させたいのは、スタートアップとの共創による社会課題解決

―最後に、応募を検討しているスタートアップに向けて、メッセージをお願いします。

私たちが実現させたいのは、スタートアップとの共創による社会課題の解決です。だから、解決を目指して、立ち止まらず一緒に進んでいけるようなスタートアップとパートナーになりたいと考えています。

また、スタートアップとの協業は、経営層を含めて全社的に力を入れていますし、今回みなさんと向き合う新規ビジネス開拓部は、会社を変革すべく各部門から精鋭を集めて構成したチームです。ぜひ、その本気度と熱量には期待してください。

日本金銭機械という社名だけを見れば、硬い会社のようなイメージを持つかもしれませんが、私たちにはニッチな市場でパイオニアとして走り続けてきた体力と、ノウハウや技術力、世界中のリソースがあります。

それらを活用し、スタートアップと共に本気で新しいビジネスを生み出したいので、まずは皆さんのお話を聞かせてください。我々と共に、解決すべき社会課題に取り組みたいスタートアップからのご応募をお待ちしています。

Facebook コメント
田村 朋美
2000年雪印乳業に入社。その後、広告代理店、個人事業主を経て、2012年ビズリーチに入社。コンテンツ制作に従事。2016年にNewsPicksに入社し、BrandDesignチームの編集者を経て、現在はフリーランスのライター・編集として活動中。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント