12.8 C
Japan
木曜日, 8月 5, 2021

Plug and Play Japan、新アクセラレータープログラム「Energy」を2021年夏より開始

Plug and Play Japanは、新たな業界テーマとして「Energy」プログラムを2021年夏より開始する。Plug and Play JapanとしてIoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail、Health、Smart Cities、New Materialsに次ぐ9つ目のプログラムとなる。
なお、本プログラムのファウンディングパートナーには、株式会社東芝、東急不動産株式会社、ENEOS株式会社、三菱UFJフィナンシャル・グループを迎え、今後も提携先を順次広げていく予定である。

新アクセラレータープログラム「Energy」立ち上げの背景

Plug and Playのシリコンバレー本社では、Energy & Sustainabilityプログラムを2016年よりスタートし、現在では各業界のリーディングカンパニー20社が企業パートナーとして参画している。2019年にはヒューストンにEnergy領域に特化した活動拠点を開設し、スタートアップを支援してきた。

2016年のパリ協定により、温室効果ガス削減に対する各国の意識が強まるに伴い、Energy領域への注目は以前にも増して高まりをみせている。

日本においても2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すことが発表されている。さらに、国のエネルギー政策の基本方針として「3E+S」を掲げており、安全性を大前提とし、エネルギーの安定的供給や電力コストを下げるなどの経済性の向上、そして2030年までに2013年度と比較し温室効果ガスを約26%下げることをが目指される(*1)。

日本企業におけるサステイナビリティへの活動は、より一層活発さを増していると共に、国が掲げる目標を実現するためには幅広い領域でのイノベーションが必至だ。
一方でEnergy領域における投資や事業の実装には一定の期間が必要なため、早い段階でのエコシステム形成が必要となっている。

そこでPlug and Play Japanでは、Energy領域におけるスタートアップエコシステムを早期に構築すべく、今回新たにEnergyプログラムを開始することにしたのである。

「Energy」プログラムの詳細分野について

EnergyプログラムはSummer/Fall 2021 Batch (*2)より始動し、以下分野を中心に展開していく予定である。

De-carbonization(脱炭素化)
De-centralization(分散化)
Digitalization(デジタル化)
Deregulation(制度改革)
Depopulation(人口減少・過疎化)
Cleantech(環境保全技術)
Circular Economy(循環型経済)
CCUS: Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)
DER:Destributed Energy Resources(分散型エネルギー資源)
Smart Cities(スマートシティ)
Sustainability(持続可能性)

Plug and Playについて

スタートアップ、大手企業、投資家をつなぎ、世界中のイノベーションを加速させることをミッションとして掲げ、2006年にシリコンバレーで創業。現在、世界18カ国30拠点以上に展開しており、ベンチャーキャピタルとしてPaypalやDropbox、Guardant Healthなど1,000社以上の投資実績を有し、多数のユニコーン企業を輩出してきた。またアクセラレーターとして、2020年は500社を超えるパートナー企業が参画し、1,000以上のプログラムやイベントを実施しながら2,000社以上のスタートアップの事業化・事業成長を支援した。

Plug and Play HP:https://www.plugandplaytechcenter.com/about/

Plug and Play Japanについて

Plug and Play Japanは、世界トップレベルのアクセラレーター/ベンチャーキャピタルであるPlug and Playの日本拠点として2017年に設立。現在では40社以上におよぶ各業界のリーディングカンパニーがパートナーとして参画している。「コンソーシアム型プログラムの提供」「グローバルレベルのアクセラレータープログラムの提供」、そして「ベンチャーキャピタル投資によるスタートアップ支援」を強みとしており、革新的な技術やアイデアを持ち合わせるスタートアップと大手企業との共創を支援することで、イノベーションプラットフォームの構築を目指している。

社名Plug and Play Japan
設立2017年7月14日
所在地〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス3F
代表者代表取締役社長 ヴィンセント・フィリップ
URLhttp://japan.plugandplaytechcenter.com/

*1:経済産業省 資源エネルギー庁 「2020—日本が抱えているエネルギー問題」参照。
*2:BatchとはPlug and Play Japanにおいて、一定期間実施するアクセラレータープログラムを表す1つの単位を表している。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント