12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

Plug and Play Japan、新アクセラレータープログラム「Energy」を2021年夏より開始

Plug and Play Japanは、新たな業界テーマとして「Energy」プログラムを2021年夏より開始する。Plug and Play JapanとしてIoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail、Health、Smart Cities、New Materialsに次ぐ9つ目のプログラムとなる。
なお、本プログラムのファウンディングパートナーには、株式会社東芝、東急不動産株式会社、ENEOS株式会社、三菱UFJフィナンシャル・グループを迎え、今後も提携先を順次広げていく予定である。

新アクセラレータープログラム「Energy」立ち上げの背景

Plug and Playのシリコンバレー本社では、Energy & Sustainabilityプログラムを2016年よりスタートし、現在では各業界のリーディングカンパニー20社が企業パートナーとして参画している。2019年にはヒューストンにEnergy領域に特化した活動拠点を開設し、スタートアップを支援してきた。

2016年のパリ協定により、温室効果ガス削減に対する各国の意識が強まるに伴い、Energy領域への注目は以前にも増して高まりをみせている。

日本においても2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すことが発表されている。さらに、国のエネルギー政策の基本方針として「3E+S」を掲げており、安全性を大前提とし、エネルギーの安定的供給や電力コストを下げるなどの経済性の向上、そして2030年までに2013年度と比較し温室効果ガスを約26%下げることをが目指される(*1)。

日本企業におけるサステイナビリティへの活動は、より一層活発さを増していると共に、国が掲げる目標を実現するためには幅広い領域でのイノベーションが必至だ。
一方でEnergy領域における投資や事業の実装には一定の期間が必要なため、早い段階でのエコシステム形成が必要となっている。

そこでPlug and Play Japanでは、Energy領域におけるスタートアップエコシステムを早期に構築すべく、今回新たにEnergyプログラムを開始することにしたのである。

「Energy」プログラムの詳細分野について

EnergyプログラムはSummer/Fall 2021 Batch (*2)より始動し、以下分野を中心に展開していく予定である。

De-carbonization(脱炭素化)
De-centralization(分散化)
Digitalization(デジタル化)
Deregulation(制度改革)
Depopulation(人口減少・過疎化)
Cleantech(環境保全技術)
Circular Economy(循環型経済)
CCUS: Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)
DER:Destributed Energy Resources(分散型エネルギー資源)
Smart Cities(スマートシティ)
Sustainability(持続可能性)

Plug and Playについて

スタートアップ、大手企業、投資家をつなぎ、世界中のイノベーションを加速させることをミッションとして掲げ、2006年にシリコンバレーで創業。現在、世界18カ国30拠点以上に展開しており、ベンチャーキャピタルとしてPaypalやDropbox、Guardant Healthなど1,000社以上の投資実績を有し、多数のユニコーン企業を輩出してきた。またアクセラレーターとして、2020年は500社を超えるパートナー企業が参画し、1,000以上のプログラムやイベントを実施しながら2,000社以上のスタートアップの事業化・事業成長を支援した。

Plug and Play HP:https://www.plugandplaytechcenter.com/about/

Plug and Play Japanについて

Plug and Play Japanは、世界トップレベルのアクセラレーター/ベンチャーキャピタルであるPlug and Playの日本拠点として2017年に設立。現在では40社以上におよぶ各業界のリーディングカンパニーがパートナーとして参画している。「コンソーシアム型プログラムの提供」「グローバルレベルのアクセラレータープログラムの提供」、そして「ベンチャーキャピタル投資によるスタートアップ支援」を強みとしており、革新的な技術やアイデアを持ち合わせるスタートアップと大手企業との共創を支援することで、イノベーションプラットフォームの構築を目指している。

社名Plug and Play Japan
設立2017年7月14日
所在地〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス3F
代表者代表取締役社長 ヴィンセント・フィリップ
URLhttp://japan.plugandplaytechcenter.com/

*1:経済産業省 資源エネルギー庁 「2020—日本が抱えているエネルギー問題」参照。
*2:BatchとはPlug and Play Japanにおいて、一定期間実施するアクセラレータープログラムを表す1つの単位を表している。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント